Virtual Private Cloud

logo cloud active logo hybrid disabled logo server disabled logo rtf disabled

Anypoint Virtual Private Cloud (VPC) を使用して、分離された仮想プライベートネットワークセグメントをクラウドに作成し、CloudHub ワーカーをホストすることができます。

Anypoint VPC に接続することにより企業ネットワークが拡張され、CloudHub ワーカーから企業ファイアウォールの内側にあるリソースにアクセスできます。セキュアな VPN トンネル経由、VPC ピアリング経由のプライベート AWS VPC、または AWS 直接接続を使用して、オンプレミスのデータセンターに接続することができます。

基本の Anypoint VPC サブスクリプションには 2 つの Anypoint VPC が含まれており、各 Anypoint VPC を複数の環境に関連付けることができます。たとえば、分離されたネットワークの 1 つを本番環境に、もう 1 つを QA やステージングなどの非本番環境に使用できます。ライセンス要件は、特定のデプロイメントシナリオによって異なります。

Anypoint VPC では、さまざまな Amazon リージョンがサポートされています。セットアップ時に必要な Amazon リージョンを指定する必要があります。1 つの Amazon リージョンで複数の Anypoint VPC をセットアップすることもできます。

virtual private cloud 78b5f

各 Anypoint VPC で、ワーカーに適用するファイアウォールルールを設定できます。カスタムポートを公開またはブロックしたり、CloudHub の共有ロードバランサからのアプリケーションに対する要求をブロックすることもできます。

専用のロードバランサを使用する場合は、1 つまたは複数の専用ロードバランサを設定して、独自の SSL 証明書を使用して要求を検証したり、コールする入力 URL をさまざまな CloudHub アプリケーションにマップしたりできます。

ファイアウォールルールと専用ロードバランサの設定を組み合わせることで、外部サービスがどのようにアプリケーションに到達するかを微調整できます。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!