スケジューラ提供元を使用したフローのテスト

Scheduler コンポーネントによってトリガされる次のフローをテストし、フローが正しくトリガされていることを検証するには、次の手順を実行します。

<flow name="schedulerFlow">
    <scheduler>
        <scheduling-strategy >
            <fixed-frequency frequency="10" timeUnit="SECONDS"/>
        </scheduling-strategy>
    </scheduler>
    <set-payload value="#['test poll']"/>
</flow>
  1. フロー提供元を有効にします。
    MUnit ではフロー提供元 (トリガやリスナなど) が起動されないので、テスト用にどのフロー提供元を起動するかを設定する必要があります。

    次の例では、Scheduler を含むフローを有効にします。

    <munit:test name="test-schedulerFlowTest">
        <munit:enable-flow-sources>
            <munit:enable-flow-source value="schedulerFlow"/>
        </munit:enable-flow-sources>
    </munit:test>
  2. Scheduler によってフロー実行がトリガされることを検証します。
    フロー内のプロセッサがトリガされていることを検証するには、​munit-tools:verify-call​ プロセッサを使用します。

    テストしたいタイミングで Scheduler が動作しない場合は、​until-successful​ 内部に ​munit-tools:verify-call​ をラップして、処理時間を短縮します。

    次の例では、テスト中にペイロードが 1 回以上実行されることを 3 回検証します。

    <munit:execution>
        <until-successful maxRetries="3" millisBetweenRetries="100">
            <munit-tools:verify-call processor="set-payload" atLeast="1">
                <munit-tools:with-attributes >
                    <munit-tools:with-attribute whereValue="#['test poll']" attributeName="value" />
                </munit-tools:with-attributes>
            </munit-tools:verify-call>
        </until-successful>
    </munit:execution>

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!