コネクタビルドへのネイティブライブラリおよび JAR の追加

同じ JAR 内にバンドルできない連動関係を持つコネクタを作成する場合、コネクタへのファイルの追加をユーザに促すように Anypoint Studio に指示できます。

ビルドにネイティブライブラリと JAR ファイルを追加する手順は、次のとおりです。

  1. ファイルを追加してこの機能をトリガします。コネクタには、次のパスで設定ごとに 1 つのファイルが必要です。

    <root_connector_folder>src/main/resources/META-INF/<connector_name>-<configElementName>-required-libs.xml

    例: <root_connector_folder>src/main/resources/META-INF/peoplesoft-connector-Configuration-required-libs.xml

  2. -required-libs.xml ファイルに namespace、require、および jar タグが含まれていることを確認します。

    次に例を示します。

    <namespace xmlns="http://www.mulesoft.org/schema/mule/tooling.attributes" xmlns:mule="http://www.mulesoft.org/schema/mule/core">
        <require>
           <jar name="PeopleSoft Java Object Adapter (psjoa-1.0.jar)"
    fileName="psjoa(.*)\.jar" targetFolder="/lib/peoplesoft"
    targetRuntimeFolder="/plugins" className="psft.pt8.joa.IPSMessage"/>
        </require>
    </namespace>

    この例では、PeopleSoft コネクタの jar 要素に次の属性が含まれています。

    name: Anypoint Studio の指示画面に表示する JAR 名。

    fileName: それが必要なものであることを確認するために選択済み JAR に適用する検索条件。これは JAR の実際のファイル名と同じです。

    targetFolder: JAR をコピーするプロジェクト内のフォルダ。

    targetRuntimeFolder: ランタイムが置かれるフォルダ。

    className: それが必要なものであることを確認するために JAR に適用する検索条件。これは、選択した JAR 内で宣言されたクラスを検索します。クラス名はクラスの完全修飾名である必要があります。

  3. 必要なライブラリ XML ファイルを指定すると、Anypoint Studio によって、ライブラリのインストールオプションが表示されるように設定の記述が変更されます。

    36ReqdDeps
特定の設定でライブラリが不要な場合は、その設定用の required-libs.xml ファイルを作成しないでください。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub