リリースするコネクタのパッケージ化

コネクタを幅広い利用者にリリースされる準備が整ったら、次の追加手順を実行してユーザが確実に成功するようにします。

  • コネクタのライセンス契約を作成する。

  • Anypoint Connector DevKit 3.9.x Release Notes を使用してコネクタを構築し、2 つのセットのコネクタのロゴアイコンをパッケージ化して従来と新規の両方の Studio UI をサポートするメリットを確認する。

  • コネクタを使用した一般的なユースケースの実行について説明するためのエンドツーエンドのガイドを作成する。

  • Maven を使用して配布するための圧縮ファイルを作成する。

前提条件

このドキュメントの前提条件を次に示します。

  • コネクタを開発していること。

  • リリースに備えてコネクタをドキュメント化していること。コネクタのドキュメント化についての追加情報は、次のセクションで説明します。

  • 「DevKit コネクタテストの開発」で説明しているようにテストを完了していること。

パッケージ化前のユースケースのドキュメント化

コネクタをパッケージ化してリリースする前に、コネクタを効果的にドキュメント化することをお勧めします。役に立つドキュメントを作成しておけば、サポートやトレーニングにかかるコストを削減できるだけでなく、顧客満足度を高めることもできます。

ドキュメントに関するヒント:

  • Readme - 顧客がアクセスしやすくなるように Readme ファイルを提供します。最も優れた Readme ファイルは、インストールウィザード中など、インストール中に自動的に表示されるものです。Readme ではインストールに関する情報を提供するとともに、顧客がコネクタをインストールする前にインストールや設定を行う必要がある必須ソフトウェアについて説明する必要があります。

  • ユースケース: 顧客がコネクタを使用する理由、タイミング、方法について説明します。各ユースケースについて、説明と一緒に例を示します。

  • リリースノート: コネクタには必ずバージョンを付けて、前のリリースからの変更内容について顧客がわかるようにする必要があります。新機能、既知の問題、修正済みの問題をリストすることをお勧めします。

  • APIDoc: Javadoc を活用したコネクタリファレンスドキュメントを作成し、コネクタのルートフォルダからシンプルな Maven コマンドを実行します。

ライセンス契約およびヘッダーの適用

コネクタをパッケージ化する前に、コネクタライセンスについて使用する用語や言い回しが反映されるようにライセンス契約の内容をカスタマイズできます。パッケージ化されたコネクタのユーザがそれを Studio にインストールすると、ライセンス契約が表示されます。

Maven は構築プロセス中に、pom.xml ファイルと同じディレクトリで LICENSE.md ファイルを検索します。

このファイルが見つからない場合、Maven は次のステップを実行してライセンス契約を探します。

  1. Maven が pom.xml ファイルと同じディレクトリで LICENSE.txt ファイルの有無を確認します。

  2. pom.xml ファイルに [Licenses (ライセンス)] セクション (Maven のドキュメントを参照) が含まれている場合、DevKit はライセンスの URL からテキストのダウンロードを試みて、ダウンロードしたコンテンツを新しい LICENSE.md ファイルとして保存します。

  3. 上記のステップでライセンステキストが見つからない場合、構築に失敗します。

グローバルライセンスファイルに加えて、DevKit ではソースファイルにライセンスヘッダーが含まれていることも必要です。ライセンスヘッダーをプロジェクトのすべてのソースファイルに適用するには、コネクタプロジェクトの pom.xml ファイルが含まれるプロジェクトのルートのコマンドコンソールで次のコマンドを実行します。

mvn license:format

このコマンドにより、プロジェクト全体が実行され、LICENSE_HEADER.txt ファイルで定義されたライセンスヘッダーが各ソースファイルに適用されます。これには、Java ファイル、SQL スクリプト、XML ファイルなどが含まれます。

ローカル Maven リポジトリへのコネクタのインストール

次のコマンドを実行して、更新されたライセンス情報を使用してコネクタをローカル Maven リポジトリにインストールします。

mvn license:format はこの Maven インストールコマンドを実行する前に実行します。これは、Maven がインストール前にまずライセンスヘッダーを検証するためです。
mvn clean install

冗長ログを有効にするには、次のコマンドを使用します。

mvn clean install -Ddevkit.verbose.logging=true

Maven を使用したコネクタのパッケージ化

次の Maven コマンドを使用してコネクタをパッケージ化し、任意の場所にインストールする準備を整えることができます。これによって .zip ファイルに「更新サイト」が作成され、これを使用してコネクタを手動で Anypoint Studio にインストールできます。この更新サイトには、Mule アプリケーション内でコネクタを使用するために必要なすべて (パレットのアイコン、XSD、ソースファイルなど) が含まれています。そのため、パッケージ化する前にソースファイルにライセンスヘッダーがあることが重要です。

注意: コネクタをパッケージ化しても、ソースファイルにライセンスヘッダーがあるかどうかは確認されません。コネクタをパッケージ化するには、ルートフォルダで次のコマンドを実行します。

mvn clean package

コネクタの /target フォルダでパッケージ化されたコネクタを見つけ、コネクタを Studio にインストールして使用できるようにします。

省略可能 - コネクタの認定およびパブリッシュ

MuleSoft のプログラムは、Anypoint Exchange を通じて配布するためにサードパーティのコネクタを認定し、パブリッシュします。このプログラムについての詳細は、コネクタ認定プログラムのガイドラインに関するセクションに移動してください。

省略可能 - Exchange へのコネクタのアップロード

コネクタが MuleSoft によって認定された場合、コネクタを公開された Anypoint Exchange でパブリッシュし、Anypoint Studio にダウンロードするために Exchange からアクセスできるようにできます。コネクタをパブリッシュするには、「Maven を使用した Exchange アセットのパブリッシュとデプロイ」で説明している Maven Facade を使用します。 コネクタをパブリッシュするには、コネクタが Exchange で使用できる組織またはビジネスグループの組織 ID を取得する必要があります。

省略可能 - モジュールの Studio カテゴリの変更

拡張機能がコネクタの要件を十分に満たしていない場合、つまり、Anypoint Studio の異なるカテゴリに属する拡張機能と見なされる場合、@Category アノテーションをコネクタクラスに付加して、Studio で使用できるカテゴリのいずれかを指定します。独自のカテゴリを定義することはできません。

次に、xyz-Connector.java ファイルにアノテーションを付加する方法を示します。

@Connector(name = "myext", schemaVersion = "3.4", friendlyName="mine", minMuleVersion="3.5", description="An extension that allows you to extend xyz and perform every xyz operation")
@Category(name = "org.mule.tooling.category.core", description = "Components")
public class MyExtension
{
  ...

その他の使用可能なカテゴリは、次のいずれかを使用して定義する必要があります。

import org.mule.api.annotations.Category;

// Endpoint
@Category(name = "org.mule.tooling.category.endpoints", description = "Endpoints")

// Scope
@Category(name = "org.mule.tooling.category.scopes", description = "Scopes")

// Component
@Category(name = "org.mule.tooling.category.core", description = "Components")

// Transformer
@Category(name = "org.mule.tooling.category.transformers", description = "Transformers")

// Filters
@Category(name = "org.mule.tooling.category.filters", description = "Filters")

// Flow Control
@Category(name = "org.mule.tooling.category.flowControl", description = "Flow Control")

// Error Handling
@Category(name = "org.mule.tooling.ui.modules.core.exceptions", description = "Error Handling")

// Cloud Connectors
@Category(name = "org.mule.tooling.category.cloudconnector", description = "Cloud Connectors")

// Miscellaneous
@Category(name = "org.mule.tooling.ui.modules.core.miscellaneous", description = "Miscellaneous")

// Security
@Category(name = "org.mule.tooling.category.security", description = "Security")

関連情報

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub