他のモジュールからの型のインポート

すべてのモジュールは、モジュールの API の一部である型のセットを宣言できます。この型のセットは、元のモジュールの名前空間の定義を維持したままで、他のモジュールにインポートできます。

他のモジュールからの型のインポートは、多くの場合で役に立ちます。一例を挙げます。

  • 特定の認証方法など、型内にバンドルされたロジックを再利用する。

  • 同じプロパティの設定用に同じ API をユーザに公開する。たとえば、同じパラメータを同じ順序で、同じ記述で設定する場合は、異なるモジュールで同じ型を使用することで実現できます。

モジュールの型は 3 ステップで再利用できます。

  1. pom.xml 内の連動関係を、API を使用する mule-plugin に追加します。

        <dependency>
            <groupId>org.mule.connectors</groupId>
            <artifactId>mule-sockets-connector</artifactId> (1)
            <version>${muleSocketsConnectorVersion}</version>
            <classifier>mule-plugin</classifier> (2)
        </dependency>
    1 型が宣言されているモジュール
    2 mule-plugin 分類子を忘れずに連動関係に追加すること
  2. インポートする型を参照している Extension クラスで @Import を宣言します。

    @Extension(name = "HTTP")
    @Import(type = TcpClientSocketProperties.class)
    @Import(type = TcpServerSocketProperties.class)
    public class HttpConnector {
    
    }
  3. パラメータ宣言で型を使用します。

    @Alias("request")
    public class HttpRequesterProvider implements CachedConnectionProvider<HttpExtensionClient> {
    
      @Parameter
      private TcpClientSocketProperties clientSocketProperties;
    
    }

これによって DSL 宣言がどのように変わるかに注意してください。拡張 (この例では http) が別の名前空間 (この例では sockets) で宣言されたパラメータを受け取ることができるようになりました。

<http:request-connection>
  <http:client-socket-properties>
      <sockets:tcp-client-socket-properties connectionTimeout="1000" keepAlive="true" receiveBufferSize="1024"/>
  </http:client-socket-properties>
</http:request-connection>

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub