メッセージソースのパラメータの定義

パラメータは、Source クラスの項目として定義されます。操作を定義するときにすべての機能とアノテーション (@NullSafe@ParameterGroup@TypeResolver など) を使用できます。次に例を示します。

@EmitsResponse
public class HttpListener extends Source<InputStream, HttpRequestAttributes> {

    @Config
    private HttpListenerConfig config;

    @Parameter
    @Optional(defaultValue = "/")
    private String path;

    @Parameter
    private Integer port;

    /**
    * Comma separated list of allowed HTTP methods by this listener.
    */
    @Parameter
    @Optional
    @Placement(tab = Placement.ADVANCED_TAB)
    @Summary("Comma separated list of methods. Leave empty to allow all.")
    @Example("GET, POST")
    private String allowedMethods;
}

これは設定の定義方法と似ていますが、これらのどのパラメータでも式を受け入れないという点が異なります。式のサポートが必要な @Expression アノテーションを使用するとエラーになります。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub