高度なソース設定

@ClusterSupport

バージョン 1.1 以降で使用可能

Mule Runtime がクラスタモードで実行されている場合、このアノテーションを使用してソースの動作を指定できます。次に例を示します。

@ClusterSupport(DEFAULT_PRIMARY_NODE_ONLY)
public class JmsListener extends Source<Object, JmsAttributes> {
// ...
}

@ClusterSupport アノテーションは、次の値を取ることができる SourceClusterSupport 型のパラメータを取ります。

  • NOT_SUPPORTED: ソースノードでクラスタモードがサポートされないため、プライマリノードでのみ実行されます。プライマリノードがクラッシュすると、新しいプライマリノードが指定され、ソースはそのノードで開始されます。

  • DEFAULT_ALL_NODES: デフォルトではすべてのクラスタノードで実行されますが、ユーザはプライマリノードのみで実行するように選択できます。

  • DEFAULT_PRIMARY_NODE_ONLY: デフォルトではプライマリノードでのみ実行されますが、ユーザはすべてのノードで実行するように選択できます。

NOT_SUPPORTED 以外の値を選択すると、primaryNodeOnly という名前のパラメータが自動的に追加されるため、ソースをすべてのノードで実行する必要があるのか、プライマリノードでのみ実行する必要があるのかを設定できます。

このパラメータが追加された場合、省略可能になり、そのデフォルト値は選択したクラスタサポートモードによって異なります。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub