Object Store v2 の概要

Object Store v2 を使用すると、1 つの CloudHub アプリケーション内から、または Object Store REST API を使用して、あらゆるバッチプロセスや Mule コンポーネントおよびアプリケーションにわたってデータと状態を保存できます。

デプロイメント時に Runtime Manager の ​[Object Store V2]​ チェックボックスをオンにすることで、CloudHub で Mule 3 と Mule 4 の実装として Object Store v2 を選択できます。

Object Store に関する情報は、​FAQ​ を参照してください。

osv2 architecture

オンプレミス Mule アプリケーションで Object Store v2 にアクセスする唯一の方法は、Object Store REST API を使用する方法です。

Object Store REST API を使用して別の Mule アプリケーションのオブジェクトストアからの値を保存および取得するように Mule アプリケーションを設定できます。

Object Store v2 には、次のような特長があります。

  • データの永続性のために、静的とローリングの両方の TTL (存続期間) をサポートしています。

    詳細は、​「Object Store v2 でのデータ存続期間は?」​を参照してください。

  • 無制限のエントリ数。v2 object-store の合計サイズに制限はありません。

  • 最大サイズ 10 MB (Base64 エンコードの場合) の値を保存。ペイロードの base64 サイズは CEILING(base10size ​* 1024/3)*​ 4 で見積もることができます。ここで、base10size はオブジェクトサイズのバイト数です。 + たとえば、base10 ペイロードサイズが 7.5 MB の場合、base64 では 10.24 MB に変換されます。

  • サポート対象リージョンと各リージョン内の可用性ゾーンのすべてで使用可能。

  • ワーカーと同じリージョンに存在。たとえば、シンガポールでホストされているワーカーは、シンガポールでホストされている Object Store v2 を使用します。

  • 外部アプリケーションがアクセスするための Mule コネクタと REST インターフェースを提供。

  • エンドツーエンドでセキュアな TLS トランスポートを提供。

  • 永続的ストレージを FIPS 140-2 準拠の標準を使用して暗号化。

v1 または v2 のいずれを使用していても、既存の Object Store Connector を使用してオブジェクトストアに書き込むことができます。

Object Store v2 のユーザインターフェースは、[Anypoint Platform] > [Runtime Manager] で使用できます。

Object Store v2 へのアップグレード

  • 現在のオブジェクトストアのデータすべてをバックアップします。

    データは Object Store v1 から v2 に引き継がれません。 Object Store v1 内にあるデータは、ウォーターマークやその他の Mule コンポーネントの状態を含め、v2 に移行されません。Object Store v1 に戻すと、Object Store v1 データは以前のまま残っています。
  • Object Store v2 にアクセスするには、Anypoint Platform で ​[Runtime Manager]​ をクリックします。アプリケーションの名前をクリックしてそのダッシュボードを表示し、​[Manage Application (アプリケーションを管理)]​ をクリックします。​[Settings (設定)]​ 画面で、​[Use Object Store v2 (Object Store v2 を使用)]​ をクリックします。画面の指示を受け入れます。Runtime Manager のダッシュボードで、​[Application Data (アプリケーションデータ)]​ セクションが ​[Object Store]​ に変わります。

    Runtime Manager で [Use Object Store v2 (Object Store v2 を使用)] をオンにします。

Object Store に関するメモ

  • Object Store v2 リージョンをどこで使用できるかは、​「Object Store v2 を使用できるリージョンは?」​を参照してください。

  • Object Store Connector は Object Store バージョン 1 と 2 の両方で動作します。

  • Object Store v2 では、作成時から最長 30 日間のデータ存続期間が適用されます。

  • 無料の Object Store v2 では、アプリケーションごとに 1 秒あたり 10 件のトランザクション (TPS) に使用が制限されます。

    プレミアムアドオンのお客様は、アプリケーションごとに最大 100 TPS まで使用できます。

    TPS の制限を増やすには、MuleSoft アカウントチームにお問い合わせください。

  • Mule 4 を使用する CloudHub アプリケーションでは、Object Store v2 を選択すると、Object Store v2 で ​_defaultPersistentObjectStore​ オブジェクトストアが上書きされます。

    Mule 3 を使用する CloudHub アプリケーションでは、Object Store v2 で ​_defaultUserObjectStore​ オブジェクトストアが上書きされます。Mule 3 CloudHub アプリケーションで Object Store v2 を使用するには、[Object Store Reference (オブジェクトストア参照)] 項目の値を「​_defaultUserObjectStore​」に設定します。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!