アグリゲータモジュール

アグリゲータモジュールには、指定された設定に基づいて値を保存し、それらをまとめて解放できるさまざまなアグリゲータが含まれています。アグリゲータは、条件が満たされるまでこれらの値を収集し、集約された要素のリストをペイロードとして使用してプロセッサのチェーンを実行するために使用されるコンポーネントです。

基本的なアグリゲータ設定は、集約される (式の評価を使用してメッセージから抽出される) 値の定義、集約がいつ完了したと見なされるかを定義する条件、およびその条件が満たされると実行されるプロセッサのチェーンで構成されます。

アグリゲータはパススルールータです。つまり、アグリゲータによって処理されるメッセージと同じメッセージが後続のコンポーネントによって処理されます。唯一の変更として、集約に関する情報を提供するいくつかのメッセージ属性が追加されます。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub