FTPS コネクタについて

FTPS コネクタが FTP サーバに接続する方法は FTP コネクタと同じですが、トランスポート層セキュリティ (TLS) のサポートが追加されます。

接続の作成

基本的な FTPS 接続を作成するには、host および workingDir (ここに FTPS サーバ が配置される) が必要です。さらに、port (デフォルトは 21) を設定することもでき、サーバが何らかの方法でセキュリティで保護されている場合、username および password を指定できます。

<ftps:config name="FTPS_Config">
  <ftps:connection username="anonymous" password="password"
   host="0.0.0.0" port="21" workingDir="${workingDir}">
    <tls:context>
        <tls:trust-store path="path/to/keystore" password="mulepassword" />
    </tls:context>
  </ftps:connection>
</ftps:config>

FTPS モード

バージョン 1.4.0 以降で使用できます。

Explicit (明示的)

FTP サーバに接続するデフォルトの方法であり、サーバへの接続が 保護されません。クライアントはコマンドまたはデータチャネルとして TLS を ネゴシエートできます。

データチャネル保護レベル (PROT)

FTPS コネクタでは、2 つの保護レベルを設定できます。

  • Clear (クリア) (デフォルト): 他のレベルを指定しなかった場合、デフォルトの保護レベルは Clear (クリア) です。Clear (クリア) 保護レベルは、データチャネルで伝送 されるのがファイル転送の未処理データであり、セキュリティが適用されないことを示します。

  • Private (プライベート): Private (プライベート) 保護レベルは、データの整合性 および機密性が保護されることを示します。

 <ftps:config name="FTPS_Config">
   <ftps:connection username="anonymous" password="password"
    host="0.0.0.0" port="21" workingDir="${workingDir}">
     <tls:context>
         <tls:trust-store path="path/to/keystore" password="mulepassword" />
     </tls:context>
     <ftps:ftps-mode >
         <ftps:ftps-explicit-mode protSetting="PRIVATE" />
     </ftps:ftps-mode>
   </ftps:connection>
 </ftps:config>
FTPS データチャネル保護レベル

暗黙的

FTPS の Implicit (暗黙的) モードでは、SSL/TLS ハンドシェークを介した安全な接続は FTP コマンドが送信される前に確立する必要があることを前提にしています。これにより、全 FTP セッションが暗号化されます。

<ftps:config name="FTPS_Config">
  <ftps:connection username="anonymous" password="password"
   host="0.0.0.0" port="21" workingDir="${workingDir}">
    <tls:context>
        <tls:trust-store path="path/to/keystore" password="mulepassword" />
    </tls:context>
    <ftps:ftps-mode >
        <ftps:ftps-implicit-mode />
    </ftps:ftps-mode>
  </ftps:connection>
</ftps:config>

コネクタのインストール

FTPS モジュールを使用するには、Studio または Design Center で Mule アプリケーションに追加するか、pom.xml ファイルで次の連動関係を追加できます。

<dependency>
    <groupId>com.mulesoft.connectors</groupId>
    <artifactId>mule-ftps-connector</artifactId>
    <version>1.4.0</version> <!-- or later -->
    <classifier>mule-plugin</classifier>
</dependency>

キーストアおよびトラストストアを使用した TLS の設定

証明書でキーストアを指定すれば、トランスポート層セキュリティ (TLS) を使用して FTPS を設定できます。また、信頼ストアを提供して、双方向認証を有効にすることもできます。詳細は、「キーストアと信頼ストアを使用した TLS の設定」を参照してください。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub