Marketo コネクタ

Select

Marketo 用 Anypoint コネクタは、Mule と Marketo REST API 間の接続を可能にするクローズドソースのコネクタです。このコネクタはサポートされているすべての v1.0 Marketo API エンドポイントを実装し、Mule 4 DataWeave の機能を提供します。

前提条件

このドキュメントは、読者が Marketo、Mule、Anypoint コネクタ、Anypoint Studio、Mule の概念、Mule フローの要素、グローバル要素に精通していることを前提としています。

対象リソースへの接続をテストするには、ログイン情報が必要です。

ハードウェアとソフトウェアの要件および互換性に関する情報は、「コネクタリリースノート」を参照してください。

Maven でこのコネクタを使用するには、Anypoint Exchange の [Dependency Snippets (連動関係スニペット)] で pom.xml の連動関係情報を確認してください。

このコネクタの新機能

最初の Mule 4 バージョン。

Studio にコネクタをインストールする方法

  1. Anypoint Studio で、Studio タスクバーの Exchange アイコンをクリックします。

  2. Anypoint Exchange で [Login (ログイン)] をクリックします。

  3. このコネクタを検索して [Install (インストール)] をクリックします。

  4. 画面の指示に従ってこのコネクタをインストールします。

Studio の更新がある場合、右下隅にメッセージが表示されます。メッセージをクリックすると、更新をインストールできます。

Studio に設定する方法

  1. コネクタをドラッグして Studio キャンバスにドロップします。

  2. 緑のプラスボタンをクリックしてコネクタを設定します。

  3. ウィンドウが表示され、次の項目を設定できます。

Studio の設定オプション
項目 説明

Base Path (ベースパス)

Marketo を開始するベースパス (/ (スラッシュ) など)。

Client Id (クライアント ID)

各自の Marketo クライアント ID。

Client Secret (クライアントシークレット)

各自の Marketo クライアントシークレット。

Host (ホスト)

Marketo インスタンスがホストされるドメイン。

Port (ポート)

Marketo インスタンスのポート。

Protocol (プロトコル)

データ転送に使用するプロトコル (HTTPS など)。

Access Token Url (アクセストークン URL)

認証トークンの取得に使用する URL。

ユースケース: Studio 7 でのプログラムの作成

Studio のフロー (リスナ、Marketo、変換)

ユースケース: XML

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<mule xmlns:os="http://www.mulesoft.org/schema/mule/os"
xmlns:ee="http://www.mulesoft.org/schema/mule/ee/core"
xmlns:marketo-rest-api="http://www.mulesoft.org/schema/mule/marketo-rest-api"
xmlns:http="http://www.mulesoft.org/schema/mule/http"
xmlns="http://www.mulesoft.org/schema/mule/core"
xmlns:doc="http://www.mulesoft.org/schema/mule/documentation"
xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
xsi:schemaLocation="http://www.mulesoft.org/schema/mule/core
http://www.mulesoft.org/schema/mule/core/current/mule.xsd
http://www.mulesoft.org/schema/mule/http
http://www.mulesoft.org/schema/mule/http/current/mule-http.xsd
http://www.mulesoft.org/schema/mule/marketo-rest-api
http://www.mulesoft.org/schema/mule/marketo-rest-api/current/mule-marketo-rest-api.xsd
http://www.mulesoft.org/schema/mule/ee/core
http://www.mulesoft.org/schema/mule/ee/core/current/mule-ee.xsd
http://www.mulesoft.org/schema/mule/os
http://www.mulesoft.org/schema/mule/os/current/mule-os.xsd">
	<configuration-properties file="mule-app.properties"
	doc:name="Configuration properties"/>
	<http:listener-config name="HTTP_Listener_config"
	doc:name="HTTP Listener config">
		<http:listener-connection host="localhost" port="8081" />
	</http:listener-config>
	<marketo-rest-api:config name="Marketo_Rest_API_Config" doc:name="Marketo Rest API Config" property_basePath="/"
	property_clientId="${clientId}"
	property_clientSecret="${clientSecret}"
	property_host="${host}"
	property_accessTokenUrl="${accessTokenUrl}"
	property_port="${port}"
	property_protocol="${protocol}"/>
	<os:object-store name="Object_store" doc:name="Object store"  config-ref="ObjectStore_Config"/>
	<os:config name="ObjectStore_Config" doc:name="ObjectStore Config"  />
	<flow name="Create_Form" >
		<http:listener doc:name="HTTP"  config-ref="HTTP_Listener_config" path="/createForm" />
		<ee:transform doc:name="Transform Message">
			<ee:message >
				<ee:set-payload ><![CDATA[%dw 2.0
output application/json
---
{
	"description": "FormDemo",
	"folder":"22498",
	"name": "MarketoDemoForm_01"
}]]></ee:set-payload>
			</ee:message>
		</ee:transform>
		<marketo-rest-api:create-form doc:name="Create form" config-ref="Marketo_Rest_API_Config"/>
		<ee:transform doc:name="Object to JSON">
			<ee:message >
				<ee:set-payload ><![CDATA[%dw 2.0
output application/json
---
payload]]></ee:set-payload>
			</ee:message>
		</ee:transform>
		<os:store doc:name="Store form id" key="formId" objectStore="Object_store">
			<os:value ><![CDATA[#[payload.result[0].id]]]></os:value>
		</os:store>
		<set-variable
		value="#[payload.result[0].id]"
		doc:name="Set Variable"
		variableName="id"/>
		<set-variable
		value="#[payload.result[0].name]"
		doc:name="Set Variable"
		variableName="name" />
		<logger level="INFO" doc:name="Logger"
		message="Created form named: #[vars.name] with id: #[vars.id]" />
	</flow>
</mule>

Design Center での接続方法

  1. Design Center で、HTTP リスナやスケジューラなどのトリガを選択します。

  2. プラス記号を選択して、コンポーネントを追加します。

  3. コンポーネントとしてコネクタを選択します。

  4. 次の項目を設定します。

Design Center の REST API 設定
項目 説明

Base Path (ベースパス)

Marketo を開始するベースパス (/ (スラッシュ) など)。

Client Id (クライアント ID)

各自の Marketo クライアント ID。

Client Secret (クライアントシークレット)

各自の Marketo クライアントシークレット。

Host (ホスト)

Marketo インスタンスがホストされるドメイン。

Port (ポート)

Marketo インスタンスのポート。

Protocol (プロトコル)

データ転送に使用するプロトコル (HTTPS など)。

Access Token Url (アクセストークン URL)

認証トークンの取得に使用する URL。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub