Microsoft Dynamics NAV コネクタ

Select

Microsoft Dynamics NAV 向けの Anypoint コネクタを使用して、Mule アプリケーションは Microsoft Dynamics NAV Web サービスとやりとりすることができます。 Microsoft Dynamics NAV は、中小企業や大規模な国際的グループ企業の現地子会社の財務、製造、カスタマーリレーション管理、サプライチェーン、分析、電子商取引を支援するグローバルなエンタープライズリソースプランニング (ERP) ソリューションです。

このコネクタでサポートされる Microsoft Dynamics NAV のバージョンは次のとおりです。

  • 2013 R2

  • 2015

  • 2016

  • 2017

前提条件

このドキュメントは、読者が Mule、Anypoint コネクタ、Anypoint Studio、Mule の概念、Mule フローの要素、グローバル要素に精通していることを前提としています。

対象リソースへの接続をテストするには、ログイン情報が必要です。

ハードウェアとソフトウェアの要件および互換性に関する情報は、「コネクタリリースノート」を参照してください。

Maven でこのコネクタを使用するには、Anypoint Exchange の [Dependency Snippets (連動関係スニペット)] で pom.xml の連動関係情報を確認してください。

このコネクタの新機能

Mule 4 の初回リリース。

主なユースケース

Microsoft Dynamics NAV コネクタでは、次の操作がサポートされます。

操作 説明

Page Operation

パブリッシュされた Page SOAP サービスで定義された操作のいずれかを実行します。

Codeunit Operation

パブリッシュされた Codeunit SOAP サービスで定義された操作のいずれかを実行します。

OData Query

Odata エンドポイントを使用して、NAV エンティティの 1 つに対してクエリを実行します。

はじめに

サンプルフローを作成する前に、パブリッシュされたページサービスが必要です。詳細は以下を参照してください。

Design Center での接続方法

  1. HTTP リスナやスケジューラなどのトリガをクリックします。

  2. プラス記号を選択して、コンポーネントを追加します。

  3. コンポーネントとしてコネクタを選択します。

  4. [Set Up (セットアップ)] をクリックします。

  5. 次の項目を設定します。

    ms dynamics nav config design
パラメータ 説明

Domain (ドメイン)

Dynamics NAV インスタンスのドメイン。

Username (ユーザ名)

Dynamics NAV に接続する Windows ユーザ名。

Password (パスワード)

Dynamics NAV に接続するユーザのパスワード。

SOAP URL

SOAP サービスが公開される https://<Server>:<WebServicePort>/<ServerInstance>/WS 形式のベース URL。 https://hostname:7047/DynamicsNAV90/WS のような形式です。

OData URL

OData サービスが公開される https://<Server>:<WebServicePort>/<ServerInstance>/OData 形式のベース URL。 https://hostname:7048/DynamicsNAV90/OData のような形式です。

Company Name (会社名) (省略可能)

接続する Dynamics NAV の会社。この項目を空白にすると、デフォルトで設定されたものが使用されます。

Disable Cn Check (Cn チェックを無効化)

HTTPS 証明書を処理するとき、証明書に信頼するパートナーの署名がない場合、サーバから例外が返されることがあります。 これを防止するために、CN (一般名) チェックを無効にすることができます。注意: これは本番環境ではお勧めできません。

目的の操作を選択し、フローを実行します。

Anypoint Studio 7 での接続

このコネクタを Anypoint Studio で使用するには、まず Exchange からダウンロードして必要に応じて設定します。

Studio でコネクタをインストールする

  1. Anypoint Studio で、Studio タスクバーの Exchange アイコンをクリックします。

  2. Anypoint Exchange で [Login (ログイン)] をクリックします。

  3. このコネクタを検索して [Install (インストール)] をクリックします。

  4. 画面の指示に従ってこのコネクタをインストールします。

Studio の更新がある場合、右下隅にメッセージが表示されます。メッセージをクリックすると、更新をインストールできます。

Studio で設定する

  1. HTTP リスナをドラッグして Studio キャンバスにドロップします。

    ms dynamics nav listener anypoint
    1. [Path (パス)] を設定します。

    2. 緑のプラス記号をクリックしてリスナを設定します。

  2. Dynamics NAV コネクタをドラッグして Studio キャンバスにドロップします。

  3. 緑のプラス記号をクリックしてコネクタに設定を追加します。

  4. 次の項目に入力します。

    <missing>anyConfig
    パラメータ 説明

    Domain (ドメイン)

    Dynamics NAV インスタンスのドメイン。

    Username (ユーザ名)

    Dynamics NAV に接続する Windows ユーザ名。

    Password (パスワード)

    Dynamics NAV に接続するユーザのパスワード。

    SOAP URL

    SOAP サービスが公開される https://<Server>:<WebServicePort>/<ServerInstance>/WS 形式のベース URL。 https://hostname:7047/DynamicsNAV90/WS のような形式です。

    OData URL

    OData サービスが公開される https://<Server>:<WebServicePort>/<ServerInstance>/OData 形式のベース URL。 https://hostname:7048/DynamicsNAV90/OData のような形式です。

    Company Name (会社名) (省略可能)

    接続する Dynamics NAV の会社。この項目を空白にすると、デフォルトで設定されたものが使用されます。

    Disable Cn Check (Cn チェックを無効化)

    HTTPS 証明書の場合、証明書に信頼するパートナーの署名がなければ、サーバから例外が返されることがあります。 これを防止するために、CN (一般名) チェックを無効にすることができます。注意: これは本番環境ではお勧めできません。

  5. [OK] をクリックします。

  6. 次の項目を設定します。

    ms dynamics nav op config
    • Query (クエリ): Dynamics NAV で実行するクエリ。

    • Fetch Size (フェッチサイズ): 1 ページで取得される項目数。

ユースケース: Studio

ms dynamics nav flow

ユースケース: XML

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<mule xmlns:ee="http://www.mulesoft.org/schema/mule/ee/core"
xmlns:nav="http://www.mulesoft.org/schema/mule/nav"
	xmlns:http="http://www.mulesoft.org/schema/mule/http"
	xmlns="http://www.mulesoft.org/schema/mule/core"
    xmlns:doc="http://www.mulesoft.org/schema/mule/documentation"
    xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
    xsi:schemaLocation="http://www.mulesoft.org/schema/mule/core
    http://www.mulesoft.org/schema/mule/core/current/mule.xsd
http://www.mulesoft.org/schema/mule/http
http://www.mulesoft.org/schema/mule/http/current/mule-http.xsd
http://www.mulesoft.org/schema/mule/nav
http://www.mulesoft.org/schema/mule/nav/current/mule-nav.xsd
http://www.mulesoft.org/schema/mule/ee/core
http://www.mulesoft.org/schema/mule/ee/core/current/mule-ee.xsd">

	<http:listener-config name="HTTP_Listener_config" doc:name="HTTP Listener config">
		<http:listener-connection host="localhost" port="8081" />
	</http:listener-config>

	<nav:dynamics-nav-config name="Nav_Connector_Dynamics_nav_config"
      doc:name="Nav Connector Dynamics nav config">
    		<nav:ntlm-connection
            domain="${config.domain}"
            username="${config.username}"
            password="${config.password}"
            soapUrl="${config.soapUrl}"
            odataUrl="${config.odataUrl}"
            companyName="${config.companyName}"
            disableCnCheck="true" />
    </nav:dynamics-nav-config>

    <flow name="query-flow">
    		<http:listener doc:name="Listener"
            config-ref="HTTP_Listener_config"
            path="/query"/>
    		<nav:odata-query fetchSize="10" doc:name="Odata query"
            config-ref="Nav_Connector_Dynamics_nav_config">
    			<nav:query>dsql: SELECT No FROM SalesOrders LIMIT 5</nav:query>
    		</nav:odata-query>
    		<ee:transform doc:name="Transform Message" >
    			<ee:message >
    				<ee:set-payload ><![CDATA[%dw 2.0
    output application/json
    ---
    payload]]></ee:set-payload>
    			</ee:message>
    		</ee:transform>
    </flow>

</mule>

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!