ワークフロー: SOAP インターフェースの実装

このワークフローでは、Studio と APIkit for SOAP を使用して API を作成します。APIkit for SOAP は、リモート WSDL のコンシュームをサポートしています。ただし、このワークフローではダウンロードしたローカル WSDL を使用します。作成した SOAP インターフェースはデータリソースにアクセスし、そのインターフェースを API として機能するバックエンドプロセスと統合します。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub