Amazon RDS コネクタリファレンス

設定


設定

名前 説明 デフォルト値 必須

Name (名前)

String (文字列)

この設定の名前。コネクタはこの名前の設定を参照します。

x

Connection (接続)

この設定に指定できる接続型。

x

Expiration Policy (有効期限ポリシー)

ランタイムで有効期限の対象とみなされるまで、動的設定インスタンスがアイドル状態を維持できる最小時間を設定します。これは、インスタンスが有効期限の対象となった瞬間にプラットフォームでそのインスタンスが期限切れになるということではありません。ランタイムによって適切と判断されたときに、インスタンスがパージされます。

接続種別

Basic (基本)
名前 説明 デフォルト値 必須

Connection Timeout (接続タイムアウト)

Number (数値)

50000

Socket Timeout (ソケットタイムアウト)

Number (数値)

50000

Access Key (アクセスキー)

String (文字列)

x

Secret Key (シークレットキー)

String (文字列)

x

Try Default AWSCredentials Provider Chain (デフォルトの AWSCredentials プロバイダチェーンを試す)

Boolean (ブール)

false

Max Connections (最大接続数)

Number (数値)

Region Endpoint (リージョンエンドポイント)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • US_EAST_1

  • US_EAST_2

  • US_WEST_1

  • US_WEST_2

  • EU_WEST_1

  • EU_WEST_2

  • EU_CENTRAL_1

  • AP_NORTHEAST_1

  • AP_NORTHEAST_2

  • AP_SOUTH_1

  • AP_SOUTHEAST_1

  • AP_SOUTHEAST_2

  • SA_EAST_1

  • CA_CENTRAL_1

  • CN_NORTH_1

  • US_GOV_WEST_1

US_EAST_1

Topic Arn (トピック ARN) (接続のテストのみ)

String (文字列)

Reconnection (再接続)

アプリケーションがデプロイされたときに、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true に設定されている場合、関連する再接続戦略をすべて実行した後にテストに合格しないと、デプロイが失敗します。

Host (ホスト)

String (文字列)

Port (ポート)

Number (数値)

Username (ユーザ名)

String (文字列)

Password (パスワード)

String (文字列)

Domain (ドメイン)

String (文字列)

Workstation (ワークステーション)

String (文字列)

Role (ロール)
名前 説明 デフォルト値 必須

Role ARN (ロール ARN)

String (文字列)

x

Connection Timeout (接続タイムアウト)

Number (数値)

50000

Socket Timeout (ソケットタイムアウト)

Number (数値)

50000

Access Key (アクセスキー)

String (文字列)

x

Secret Key (シークレットキー)

String (文字列)

x

Try Default AWSCredentials Provider Chain (デフォルトの AWSCredentials プロバイダチェーンを試す)

Boolean (ブール)

false

Max Connections (最大接続数)

Number (数値)

Region Endpoint (リージョンエンドポイント)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • US_EAST_1

  • US_EAST_2

  • US_WEST_1

  • US_WEST_2

  • EU_WEST_1

  • EU_WEST_2

  • EU_CENTRAL_1

  • AP_NORTHEAST_1

  • AP_NORTHEAST_2

  • AP_SOUTH_1

  • AP_SOUTHEAST_1

  • AP_SOUTHEAST_2

  • SA_EAST_1

  • CA_CENTRAL_1

  • CN_NORTH_1

  • US_GOV_WEST_1

US_EAST_1

Topic Arn (トピック ARN) (接続のテストのみ)

String (文字列)

Reconnection (再接続)

アプリケーションがデプロイされたときに、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true に設定されている場合、関連する再接続戦略をすべて実行した後にテストに合格しないと、デプロイが失敗します。

Host (ホスト)

String (文字列)

Port (ポート)

Number (数値)

Username (ユーザ名)

String (文字列)

Password (パスワード)

String (文字列)

Domain (ドメイン)

String (文字列)

Workstation (ワークステーション)

String (文字列)

操作

Create Db Instance

<rds:create-db-instance>

新しい DB インスタンスを作成します。 この操作については、Amazon API リファレンスを参照してください

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Auto Minor Version Upgrade (マイナーバージョンの自動アップグレード)

Boolean (ブール)

false

Copy Tags to Snapshot (タグをスナップショットにコピー)

Boolean (ブール)

false

Storage Type (ストレージの種別)

String (文字列)

Allocated Storage (割り当てられたストレージ)

Number (数値)

Backup Retention Period (バックアップ保持期間)

Number (数値)

Preferred Backup Window (優先されるバックアップウィンドウ)

String (文字列)

Preferred Maintenance Window (優先されるメンテナンスウィンドウ)

String (文字列)

Promotion Tier (昇格階層)

Number (数値)

Storage Encrypted (ストレージ暗号化)

Boolean (ブール)

false

DB Cluster Identifier (DB クラスタ識別子)

String (文字列)

DB Subnet Group Name (DB サブネットグループ名)

String (文字列)

Domain IAM Role Name (ドメイン IAM ロール名)

String (文字列)

Enable IAM Database Authentication (IAM データベース認証を有効化)

Boolean (ブール)

false

License Model (ライセンスモデル)

String (文字列)

Publicly Accessible (一般公開)

Boolean (ブール)

false

TDE Credential ARN (TDE ログイン情報 ARN)

String (文字列)

TDE Credential Password (TDE ログイン情報パスワード)

String (文字列)

DB Security Groups (DB セキュリティグループ)

Array of String (文字列の配列)

Master User Password (マスタユーザパスワード)

String (文字列)

VPC Security Group IDs (VPC セキュリティグループ)

Array of String (文字列の配列)

Master User Name (マスタユーザ名)

String (文字列)

KMS Key ID (KMS キー ID)

String (文字列)

Monitoring Interval (監視期間)

Number (数値)

Monitoring Role ARN (監視ロール ARN)

String (文字列)

DB Instance Class (DB インスタンスクラス)

String (文字列)

DB Instance Identifier (DB インスタンス識別子)

String (文字列)

x

DB Parameter Group Name (DB パラメータグループ名)

String (文字列)

Domain (ドメイン)

String (文字列)

Engine Version (エンジンバージョン)

String (文字列)

IOPS

Number (数値)

Multi AZ (マルチ AZ)

Boolean (ブール)

false

Option Group Name (オプショングループ名)

String (文字列)

Availability Zone (可用性ゾーン)

String (文字列)

DB Name (DB 名)

String (文字列)

DB Port Number (DB ポート番号)

Number (数値)

Engine (エンジン)

String (文字列)

x

Character Set Name (文字セット名)

String (文字列)

Tags (タグ)

Array of Tag (タグ) (の配列)

Time Zone (タイムゾーン)

String (文字列)

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • RDS:KMSKeyNotAccessibleFault

  • RDS:MissingAction

  • RDS:DBInstanceAlreadyExists

  • RDS:DBSubnetGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidSubnet

  • RDS:InsufficientDBInstanceCapacity

  • RDS:InvalidDBInstanceState

  • RDS:DBSubnetGroupDoesNotCoverEnoughAZs

  • RDS:CertificateNotFound

  • RDS:DBClusterNotFoundFault

  • RDS:InvalidParameterCombination

  • RDS:InvalidDBClusterStateFault

  • RDS:InvalidDBSecurityGroupState

  • RDS:ServiceUnavailable

  • RDS:MissingAuthenticationToken

  • RDS:RETRY_EXHAUSTED

  • RDS:ProvisionedIopsNotAvailableInAZFault

  • RDS:DBInstanceNotFound

  • RDS:CONNECTIVITY

  • RDS:InvalidQueryParameter

  • RDS:DomainNotFoundFault

  • RDS:OptionGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidDBSnapshotState

  • RDS:InvalidParameterValue

  • RDS:InternalFailure

  • RDS:DBUpgradeDependencyFailure

  • RDS:AuthorizationNotFound

  • RDS:DBSnapshotAlreadyExists

  • RDS:ReservedDBInstancesOfferingNotFound

  • RDS:ValidationError

  • RDS:StorageTypeNotSupported

  • RDS:IncompleteSignature

  • RDS:SnapshotQuotaExceeded

  • RDS:MalformedQueryString

  • RDS:InvalidAction

  • RDS:ThrottlingException

  • RDS:PointInTimeRestoreNotEnabled

  • RDS:InvalidClientTokenId

  • RDS:DBSnapshotNotFound

  • RDS:Unknown

  • RDS:InvalidRestoreFault

  • RDS:AccessDeniedException

  • RDS:DBParameterGroupNotFound

  • RDS:OptInRequired

  • RDS:RequestExpired

  • RDS:InstanceQuotaExceeded

  • RDS:MissingParameter

  • RDS:ReservedDBInstanceNotFound

  • RDS:DBSecurityGroupNotFound

  • RDS:StorageQuotaExceeded

  • RDS:InvalidVPCNetworkStateFault

Create Db Instance Read Replica

<rds:create-db-instance-read-replica>

既存のソース DB インスタンスのリードレプリカとして機能する新しい DB インスタンスを作成します。MySQL、MariaDB、または PostgreSQL を実行している DB インスタンスのリードレプリカを作成できます。Amazon Aurora ではこのアクションはサポートされていません。Aurora DB クラスタ の DB インスタンスを作成するには、CreateDBInstance アクションをコールする必要があります。 この操作については、Amazon API リファレンスを参照してください

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Publicly Accessible (一般公開)

Boolean (ブール)

DB インスタンスのアクセシビリティオプションを指定します。

false

DB Subnet Group Name (DB サブネットグループ名)

String (文字列)

DB インスタンスの DB サブネットグループを指定します。

KMS Key ID (KMS キー ID)

String (文字列)

暗号化されたリードレプリカの AWS KMS キー ID。

Pre-Signed URL (署名付き URL)

String (文字列)

ソース DB インスタンスを含むソース AWS リージョン内の create-db-instance-read-replica API アクションに対する、署名バージョン 4 署名付き要求を含む URL。

Enable IAM Database Authentication (IAM データベース認証を有効化)

Boolean (ブール)

AWS Identity and Access Management (IAM) アカウントのデータベースアカウントへのマッピングを有効にする場合は true、それ以外の場合は false。

false

DB Instance Identifier (DB インスタンス識別子)

String (文字列)

リードレプリカの DB インスタンス識別子。

x

Source DB Instance Identifier (ソース DB インスタンス識別子)

String (文字列)

リードレプリカのソースとして機能する DB インスタンスの識別子。

x

DB Instance Class (DB インスタンスクラス)

String (文字列)

リードレプリカの計算容量およびメモリ容量。

Availability Zone (可用性ゾーン)

String (文字列)

リードレプリカが作成される Amazon EC2 可用性ゾーン。

Port (ポート)

Number (数値)

DB インスタンスが接続に使用するポート番号。

IOPS

Number (数値)

DB インスタンスに最初に割り当てられるプロビジョニングされた IOPS (1 秒あたりの入出力操作) の量。

Option Group Name (オプショングループ名)

String (文字列)

DB インスタンスが関連付けられるオプショングループ。

Tags (タグ)

Array of Tag (タグ) (の配列)

タグのリスト。

Source Region (ソースリージョン)

String (文字列)

リードレプリカのソースを含むリージョンの ID。

Auto Minor Version Upgrade (マイナーバージョンの自動アップグレード)

Boolean (ブール)

false

Copy Tags to Snapshot (タグをスナップショットにコピー)

Boolean (ブール)

false

Storage Type (ストレージの種別)

String (文字列)

Monitoring Interval (監視期間)

Number (数値)

Monitoring Role ARN (監視ロール ARN)

String (文字列)

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • RDS:KMSKeyNotAccessibleFault

  • RDS:MissingAction

  • RDS:DBInstanceAlreadyExists

  • RDS:DBSubnetGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidSubnet

  • RDS:InsufficientDBInstanceCapacity

  • RDS:InvalidDBInstanceState

  • RDS:DBSubnetGroupDoesNotCoverEnoughAZs

  • RDS:CertificateNotFound

  • RDS:DBClusterNotFoundFault

  • RDS:InvalidParameterCombination

  • RDS:InvalidDBClusterStateFault

  • RDS:InvalidDBSecurityGroupState

  • RDS:ServiceUnavailable

  • RDS:MissingAuthenticationToken

  • RDS:RETRY_EXHAUSTED

  • RDS:ProvisionedIopsNotAvailableInAZFault

  • RDS:DBInstanceNotFound

  • RDS:CONNECTIVITY

  • RDS:InvalidQueryParameter

  • RDS:DomainNotFoundFault

  • RDS:OptionGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidDBSnapshotState

  • RDS:InvalidParameterValue

  • RDS:InternalFailure

  • RDS:DBUpgradeDependencyFailure

  • RDS:AuthorizationNotFound

  • RDS:DBSnapshotAlreadyExists

  • RDS:ReservedDBInstancesOfferingNotFound

  • RDS:ValidationError

  • RDS:StorageTypeNotSupported

  • RDS:IncompleteSignature

  • RDS:SnapshotQuotaExceeded

  • RDS:MalformedQueryString

  • RDS:InvalidAction

  • RDS:ThrottlingException

  • RDS:PointInTimeRestoreNotEnabled

  • RDS:InvalidClientTokenId

  • RDS:DBSnapshotNotFound

  • RDS:Unknown

  • RDS:InvalidRestoreFault

  • RDS:AccessDeniedException

  • RDS:DBParameterGroupNotFound

  • RDS:OptInRequired

  • RDS:RequestExpired

  • RDS:InstanceQuotaExceeded

  • RDS:MissingParameter

  • RDS:ReservedDBInstanceNotFound

  • RDS:DBSecurityGroupNotFound

  • RDS:StorageQuotaExceeded

  • RDS:InvalidVPCNetworkStateFault

Create Db Snapshot

<rds:create-db-snapshot>

DBSnapshot を作成します。ソース DBInstance が使用可能な状態である必要があります。 この操作については、Amazon API リファレンスを参照してください

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

DB Instance Identifier (DB インスタンス識別子)

String (文字列)

DB インスタンス識別子。これは、DB インスタンスを識別する一意のキーです。

x

DB Snapshot Identifier (DB スナップショット識別子)

String (文字列)

DB スナップショットの識別子。

x

Tags (タグ)

Array of Tag (タグ) (の配列)

タグのリスト。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • RDS:KMSKeyNotAccessibleFault

  • RDS:MissingAction

  • RDS:DBInstanceAlreadyExists

  • RDS:DBSubnetGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidSubnet

  • RDS:InsufficientDBInstanceCapacity

  • RDS:InvalidDBInstanceState

  • RDS:DBSubnetGroupDoesNotCoverEnoughAZs

  • RDS:CertificateNotFound

  • RDS:DBClusterNotFoundFault

  • RDS:InvalidParameterCombination

  • RDS:InvalidDBClusterStateFault

  • RDS:InvalidDBSecurityGroupState

  • RDS:ServiceUnavailable

  • RDS:MissingAuthenticationToken

  • RDS:RETRY_EXHAUSTED

  • RDS:ProvisionedIopsNotAvailableInAZFault

  • RDS:DBInstanceNotFound

  • RDS:CONNECTIVITY

  • RDS:InvalidQueryParameter

  • RDS:DomainNotFoundFault

  • RDS:OptionGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidDBSnapshotState

  • RDS:InvalidParameterValue

  • RDS:InternalFailure

  • RDS:DBUpgradeDependencyFailure

  • RDS:AuthorizationNotFound

  • RDS:DBSnapshotAlreadyExists

  • RDS:ReservedDBInstancesOfferingNotFound

  • RDS:ValidationError

  • RDS:StorageTypeNotSupported

  • RDS:IncompleteSignature

  • RDS:SnapshotQuotaExceeded

  • RDS:MalformedQueryString

  • RDS:InvalidAction

  • RDS:ThrottlingException

  • RDS:PointInTimeRestoreNotEnabled

  • RDS:InvalidClientTokenId

  • RDS:DBSnapshotNotFound

  • RDS:Unknown

  • RDS:InvalidRestoreFault

  • RDS:AccessDeniedException

  • RDS:DBParameterGroupNotFound

  • RDS:OptInRequired

  • RDS:RequestExpired

  • RDS:InstanceQuotaExceeded

  • RDS:MissingParameter

  • RDS:ReservedDBInstanceNotFound

  • RDS:DBSecurityGroupNotFound

  • RDS:StorageQuotaExceeded

  • RDS:InvalidVPCNetworkStateFault

Delete Db Instance

<rds:delete-db-instance>

DeleteDBInstance アクションは、以前にプロビジョニングされた DB インスタンスを削除します。 この操作については、Amazon API リファレンスを参照してください

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

DB Instance Identifier (DB インスタンス識別子)

String (文字列)

削除する DB インスタンスの DB インスタンス識別子。このパラメータは大文字と小文字を区別しません。

x

Final DB Snapshot Identifier (最終 DB スナップショット識別子)

String (文字列)

SkipFinalSnapshot が false に設定されている場合に作成される新しい DBSnapshot の DBSnapshotIdentifier。

Skip Final Snapshot (最終スナップショットをスキップ)

Boolean (ブール)

DB インスタンスが削除される前に最終 DB スナップショットを作成するかどうかを決定します。

false

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • RDS:KMSKeyNotAccessibleFault

  • RDS:MissingAction

  • RDS:DBInstanceAlreadyExists

  • RDS:DBSubnetGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidSubnet

  • RDS:InsufficientDBInstanceCapacity

  • RDS:InvalidDBInstanceState

  • RDS:DBSubnetGroupDoesNotCoverEnoughAZs

  • RDS:CertificateNotFound

  • RDS:DBClusterNotFoundFault

  • RDS:InvalidParameterCombination

  • RDS:InvalidDBClusterStateFault

  • RDS:InvalidDBSecurityGroupState

  • RDS:ServiceUnavailable

  • RDS:MissingAuthenticationToken

  • RDS:RETRY_EXHAUSTED

  • RDS:ProvisionedIopsNotAvailableInAZFault

  • RDS:DBInstanceNotFound

  • RDS:CONNECTIVITY

  • RDS:InvalidQueryParameter

  • RDS:DomainNotFoundFault

  • RDS:OptionGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidDBSnapshotState

  • RDS:InvalidParameterValue

  • RDS:InternalFailure

  • RDS:DBUpgradeDependencyFailure

  • RDS:AuthorizationNotFound

  • RDS:DBSnapshotAlreadyExists

  • RDS:ReservedDBInstancesOfferingNotFound

  • RDS:ValidationError

  • RDS:StorageTypeNotSupported

  • RDS:IncompleteSignature

  • RDS:SnapshotQuotaExceeded

  • RDS:MalformedQueryString

  • RDS:InvalidAction

  • RDS:ThrottlingException

  • RDS:PointInTimeRestoreNotEnabled

  • RDS:InvalidClientTokenId

  • RDS:DBSnapshotNotFound

  • RDS:Unknown

  • RDS:InvalidRestoreFault

  • RDS:AccessDeniedException

  • RDS:DBParameterGroupNotFound

  • RDS:OptInRequired

  • RDS:RequestExpired

  • RDS:InstanceQuotaExceeded

  • RDS:MissingParameter

  • RDS:ReservedDBInstanceNotFound

  • RDS:DBSecurityGroupNotFound

  • RDS:StorageQuotaExceeded

  • RDS:InvalidVPCNetworkStateFault

Delete Db Snapshot

<rds:delete-db-snapshot>

DBSnapshot を削除します。スナップショットがコピーされている場合、コピー操作は終了します。 この操作については、Amazon API リファレンスを参照してください

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

DB Snapshot Identifier (DB スナップショット識別子)

String (文字列)

DBSnapshot 識別子。

x

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • RDS:KMSKeyNotAccessibleFault

  • RDS:MissingAction

  • RDS:DBInstanceAlreadyExists

  • RDS:DBSubnetGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidSubnet

  • RDS:InsufficientDBInstanceCapacity

  • RDS:InvalidDBInstanceState

  • RDS:DBSubnetGroupDoesNotCoverEnoughAZs

  • RDS:CertificateNotFound

  • RDS:DBClusterNotFoundFault

  • RDS:InvalidParameterCombination

  • RDS:InvalidDBClusterStateFault

  • RDS:InvalidDBSecurityGroupState

  • RDS:ServiceUnavailable

  • RDS:MissingAuthenticationToken

  • RDS:RETRY_EXHAUSTED

  • RDS:ProvisionedIopsNotAvailableInAZFault

  • RDS:DBInstanceNotFound

  • RDS:CONNECTIVITY

  • RDS:InvalidQueryParameter

  • RDS:DomainNotFoundFault

  • RDS:OptionGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidDBSnapshotState

  • RDS:InvalidParameterValue

  • RDS:InternalFailure

  • RDS:DBUpgradeDependencyFailure

  • RDS:AuthorizationNotFound

  • RDS:DBSnapshotAlreadyExists

  • RDS:ReservedDBInstancesOfferingNotFound

  • RDS:ValidationError

  • RDS:StorageTypeNotSupported

  • RDS:IncompleteSignature

  • RDS:SnapshotQuotaExceeded

  • RDS:MalformedQueryString

  • RDS:InvalidAction

  • RDS:ThrottlingException

  • RDS:PointInTimeRestoreNotEnabled

  • RDS:InvalidClientTokenId

  • RDS:DBSnapshotNotFound

  • RDS:Unknown

  • RDS:InvalidRestoreFault

  • RDS:AccessDeniedException

  • RDS:DBParameterGroupNotFound

  • RDS:OptInRequired

  • RDS:RequestExpired

  • RDS:InstanceQuotaExceeded

  • RDS:MissingParameter

  • RDS:ReservedDBInstanceNotFound

  • RDS:DBSecurityGroupNotFound

  • RDS:StorageQuotaExceeded

  • RDS:InvalidVPCNetworkStateFault

Describe Db Instances

<rds:describe-db-instances>

プロビジョニングされた RDS インスタンスに関する情報を返します。この API ではページ設定がサポートされています。 この操作については、Amazon API リファレンスを参照してください

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

DB Instance Identifier (DB インスタンス識別子)

String (文字列)

ユーザ指定のインスタンス識別子。

Filters (検索条件)

Array of 検索条件 (の配列)

表示する 1 つ以上の DB インスタンスを指定する検索条件。

Streaming Strategy (ストリーミング戦略)

反復可能ストリームを使用すべきかどうか、およびその動作を設定します。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

Type (型)

[DB Instance (DB インスタンス)] ペイロードと [Request ID Attribute (要求 ID 属性)] 属性のメッセージの配列

次の設定の場合

スロー

  • RDS:KMSKeyNotAccessibleFault

  • RDS:MissingAction

  • RDS:DBInstanceAlreadyExists

  • RDS:DBSubnetGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidSubnet

  • RDS:InsufficientDBInstanceCapacity

  • RDS:InvalidDBInstanceState

  • RDS:DBSubnetGroupDoesNotCoverEnoughAZs

  • RDS:CertificateNotFound

  • RDS:DBClusterNotFoundFault

  • RDS:InvalidParameterCombination

  • RDS:InvalidDBClusterStateFault

  • RDS:InvalidDBSecurityGroupState

  • RDS:ServiceUnavailable

  • RDS:MissingAuthenticationToken

  • RDS:ProvisionedIopsNotAvailableInAZFault

  • RDS:DBInstanceNotFound

  • RDS:InvalidQueryParameter

  • RDS:DomainNotFoundFault

  • RDS:OptionGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidDBSnapshotState

  • RDS:InvalidParameterValue

  • RDS:InternalFailure

  • RDS:DBUpgradeDependencyFailure

  • RDS:AuthorizationNotFound

  • RDS:DBSnapshotAlreadyExists

  • RDS:ReservedDBInstancesOfferingNotFound

  • RDS:ValidationError

  • RDS:StorageTypeNotSupported

  • RDS:IncompleteSignature

  • RDS:SnapshotQuotaExceeded

  • RDS:MalformedQueryString

  • RDS:InvalidAction

  • RDS:ThrottlingException

  • RDS:PointInTimeRestoreNotEnabled

  • RDS:InvalidClientTokenId

  • RDS:DBSnapshotNotFound

  • RDS:Unknown

  • RDS:InvalidRestoreFault

  • RDS:AccessDeniedException

  • RDS:DBParameterGroupNotFound

  • RDS:OptInRequired

  • RDS:RequestExpired

  • RDS:InstanceQuotaExceeded

  • RDS:MissingParameter

  • RDS:ReservedDBInstanceNotFound

  • RDS:DBSecurityGroupNotFound

  • RDS:StorageQuotaExceeded

  • RDS:InvalidVPCNetworkStateFault

Describe Db Snapshots

<rds:describe-db-snapshots>

DB スナップショットに関する情報を返します。この API アクションではページ設定がサポートされています。 この操作については、Amazon API リファレンスを参照してください

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

DB Instance Identifier (DB インスタンス識別子)

String (文字列)

DB スナップショットのリストを取得する DB インスタンスの ID。

DB Snapshot Identifier (DB スナップショット識別子)

String (文字列)

表示する特定の DB スナップショット識別子。このパラメータを DBInstanceIdentifier と組み合わせて使用することはできません。

Include Public (公開済みを含める)

Boolean (ブール)

公開されており、任意の AWS アカウントでコピーまたは復元できる手動 DB スナップショットを含める場合、この値を true に設定します。それ以外の場合は、この値を false に設定します。デフォルトは false です。

false

Include Shared (共有済みを含める)

Boolean (ブール)

この AWS アカウントにコピーまたは復元の権限が付与されている他の AWS アカウントから共有された手動 DB スナップショットを含める場合、この値を true に設定します。それ以外の場合は、この値を false に設定します。デフォルトは false です。

false

Snapshot Type (スナップショット種別)

String (文字列)

返されるスナップショットの種別。

Max Records (最大レコード数)

Number (数値)

Filters (検索条件)

Array of 検索条件 (の配列)

このパラメータは現在サポートされていません。

Streaming Strategy (ストリーミング戦略)

反復可能ストリームを使用すべきかどうか、およびその動作を設定します。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

Type (型)

[DB Snapshot (DB スナップショット)] ペイロードと [Request ID Attribute (要求 ID 属性)] 属性のメッセージの配列

次の設定の場合

スロー

  • RDS:KMSKeyNotAccessibleFault

  • RDS:MissingAction

  • RDS:DBInstanceAlreadyExists

  • RDS:DBSubnetGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidSubnet

  • RDS:InsufficientDBInstanceCapacity

  • RDS:InvalidDBInstanceState

  • RDS:DBSubnetGroupDoesNotCoverEnoughAZs

  • RDS:CertificateNotFound

  • RDS:DBClusterNotFoundFault

  • RDS:InvalidParameterCombination

  • RDS:InvalidDBClusterStateFault

  • RDS:InvalidDBSecurityGroupState

  • RDS:ServiceUnavailable

  • RDS:MissingAuthenticationToken

  • RDS:ProvisionedIopsNotAvailableInAZFault

  • RDS:DBInstanceNotFound

  • RDS:InvalidQueryParameter

  • RDS:DomainNotFoundFault

  • RDS:OptionGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidDBSnapshotState

  • RDS:InvalidParameterValue

  • RDS:InternalFailure

  • RDS:DBUpgradeDependencyFailure

  • RDS:AuthorizationNotFound

  • RDS:DBSnapshotAlreadyExists

  • RDS:ReservedDBInstancesOfferingNotFound

  • RDS:ValidationError

  • RDS:StorageTypeNotSupported

  • RDS:IncompleteSignature

  • RDS:SnapshotQuotaExceeded

  • RDS:MalformedQueryString

  • RDS:InvalidAction

  • RDS:ThrottlingException

  • RDS:PointInTimeRestoreNotEnabled

  • RDS:InvalidClientTokenId

  • RDS:DBSnapshotNotFound

  • RDS:Unknown

  • RDS:InvalidRestoreFault

  • RDS:AccessDeniedException

  • RDS:DBParameterGroupNotFound

  • RDS:OptInRequired

  • RDS:RequestExpired

  • RDS:InstanceQuotaExceeded

  • RDS:MissingParameter

  • RDS:ReservedDBInstanceNotFound

  • RDS:DBSecurityGroupNotFound

  • RDS:StorageQuotaExceeded

  • RDS:InvalidVPCNetworkStateFault

Describe Events

<rds:describe-events>

過去 14 日間の DB インスタンス、DB セキュリティグループ、DB スナップショット、DB パラメータグループに関連するイベントを返します。特定の DB インスタンス、DB セキュリティグループ、データベーススナップショット、または DB パラメータグループに固有のイベントは、名前をパラメータとして指定することで取得できます。デフォルトでは、過去 1 時間のイベントが返されます。 この操作については、Amazon API リファレンスを参照してください

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Duration (所要時間)

Number (数値)

イベントを取得する分数。

End Time (終了時刻)

DateTime (日時)

ISO 8601 形式で指定された、イベントを取得する期間の終了。

Event Categories (イベントカテゴリ)

Array of String (文字列の配列)

イベント通知サブスクリプションの通知をトリガするイベントカテゴリのリスト。

Source Identifier (ソース識別子)

String (文字列)

イベントが返されるイベントソースの識別子。指定しない場合、応答にはすべてのソースが含まれます。

Source Type (ソース種別)

String (文字列)

イベントを取得するイベントソース。値を指定しない場合、すべてのイベントが返されます。

Start Time (開始時刻)

DateTime (日時)

ISO 8601 形式で指定された、イベントを取得する期間の開始。

Streaming Strategy (ストリーミング戦略)

反復可能ストリームを使用すべきかどうか、およびその動作を設定します。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

Type (型)

[Event (イベント)] ペイロードと [Request ID Attribute (要求 ID 属性)] 属性のメッセージの配列

次の設定の場合

スロー

  • RDS:KMSKeyNotAccessibleFault

  • RDS:MissingAction

  • RDS:DBInstanceAlreadyExists

  • RDS:DBSubnetGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidSubnet

  • RDS:InsufficientDBInstanceCapacity

  • RDS:InvalidDBInstanceState

  • RDS:DBSubnetGroupDoesNotCoverEnoughAZs

  • RDS:CertificateNotFound

  • RDS:DBClusterNotFoundFault

  • RDS:InvalidParameterCombination

  • RDS:InvalidDBClusterStateFault

  • RDS:InvalidDBSecurityGroupState

  • RDS:ServiceUnavailable

  • RDS:MissingAuthenticationToken

  • RDS:ProvisionedIopsNotAvailableInAZFault

  • RDS:DBInstanceNotFound

  • RDS:InvalidQueryParameter

  • RDS:DomainNotFoundFault

  • RDS:OptionGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidDBSnapshotState

  • RDS:InvalidParameterValue

  • RDS:InternalFailure

  • RDS:DBUpgradeDependencyFailure

  • RDS:AuthorizationNotFound

  • RDS:DBSnapshotAlreadyExists

  • RDS:ReservedDBInstancesOfferingNotFound

  • RDS:ValidationError

  • RDS:StorageTypeNotSupported

  • RDS:IncompleteSignature

  • RDS:SnapshotQuotaExceeded

  • RDS:MalformedQueryString

  • RDS:InvalidAction

  • RDS:ThrottlingException

  • RDS:PointInTimeRestoreNotEnabled

  • RDS:InvalidClientTokenId

  • RDS:DBSnapshotNotFound

  • RDS:Unknown

  • RDS:InvalidRestoreFault

  • RDS:AccessDeniedException

  • RDS:DBParameterGroupNotFound

  • RDS:OptInRequired

  • RDS:RequestExpired

  • RDS:InstanceQuotaExceeded

  • RDS:MissingParameter

  • RDS:ReservedDBInstanceNotFound

  • RDS:DBSecurityGroupNotFound

  • RDS:StorageQuotaExceeded

  • RDS:InvalidVPCNetworkStateFault

Describe Reserved Db Instances

<rds:describe-reserved-db-instances>

このアカウントのリザーブド DB インスタンス、または指定されたリザーブド DB インスタンスに関する情報を返します。 この操作については、Amazon API リファレンスを参照してください

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Reserved DB Instance ID (リザーブド DB インスタンス ID)

String (文字列)

リザーブド DB インスタンス識別子の条件値。

Reserved DB Instances Offering ID (リザーブド DB インスタンス提供 ID)

String (文字列)

提供識別子の条件値。指定した提供 ID と一致する購入済み予約のみを表示するには、このパラメータを指定します。

DB Instance Class (DB インスタンスクラス)

String (文字列)

DB インスタンスクラスの条件値。指定した DB インスタンスクラスに一致する予約のみを表示するには、このパラメータを指定します。

Duration (所要時間)

String (文字列)

年または秒で指定された所要時間の条件値。この所要時間の予約のみを表示するには、このパラメータを指定します。

Product Description (製品説明)

String (文字列)

製品説明の条件値。指定した製品説明に一致する予約のみを表示するには、このパラメータを指定します。

Offering Type (提供種別)

String (文字列)

提供種別の条件値。指定した提供種別と一致する使用可能な提供のみを表示するには、このパラメータを指定します。

Multi AZ (マルチ AZ)

Boolean (ブール)

マルチ AZ の条件値。指定したマルチ AZ パラメータに一致する予約のみを表示するには、このパラメータを指定します。

false

Streaming Strategy (ストリーミング戦略)

反復可能ストリームを使用すべきかどうか、およびその動作を設定します。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

Type (型)

次の設定の場合

スロー

  • RDS:KMSKeyNotAccessibleFault

  • RDS:MissingAction

  • RDS:DBInstanceAlreadyExists

  • RDS:DBSubnetGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidSubnet

  • RDS:InsufficientDBInstanceCapacity

  • RDS:InvalidDBInstanceState

  • RDS:DBSubnetGroupDoesNotCoverEnoughAZs

  • RDS:CertificateNotFound

  • RDS:DBClusterNotFoundFault

  • RDS:InvalidParameterCombination

  • RDS:InvalidDBClusterStateFault

  • RDS:InvalidDBSecurityGroupState

  • RDS:ServiceUnavailable

  • RDS:MissingAuthenticationToken

  • RDS:ProvisionedIopsNotAvailableInAZFault

  • RDS:DBInstanceNotFound

  • RDS:InvalidQueryParameter

  • RDS:DomainNotFoundFault

  • RDS:OptionGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidDBSnapshotState

  • RDS:InvalidParameterValue

  • RDS:InternalFailure

  • RDS:DBUpgradeDependencyFailure

  • RDS:AuthorizationNotFound

  • RDS:DBSnapshotAlreadyExists

  • RDS:ReservedDBInstancesOfferingNotFound

  • RDS:ValidationError

  • RDS:StorageTypeNotSupported

  • RDS:IncompleteSignature

  • RDS:SnapshotQuotaExceeded

  • RDS:MalformedQueryString

  • RDS:InvalidAction

  • RDS:ThrottlingException

  • RDS:PointInTimeRestoreNotEnabled

  • RDS:InvalidClientTokenId

  • RDS:DBSnapshotNotFound

  • RDS:Unknown

  • RDS:InvalidRestoreFault

  • RDS:AccessDeniedException

  • RDS:DBParameterGroupNotFound

  • RDS:OptInRequired

  • RDS:RequestExpired

  • RDS:InstanceQuotaExceeded

  • RDS:MissingParameter

  • RDS:ReservedDBInstanceNotFound

  • RDS:DBSecurityGroupNotFound

  • RDS:StorageQuotaExceeded

  • RDS:InvalidVPCNetworkStateFault

Describe Reserved Db Instances Offerings

<rds:describe-reserved-db-instances-offerings>

使用可能なリザーブド DB インスタンス提供をリストします。 この操作については、Amazon API リファレンスを参照してください

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

DB Instance Class (DB インスタンスクラス)

String (文字列)

DB インスタンスクラスの条件値。指定した DB インスタンスクラスと一致する使用可能な提供のみを表示するには、このパラメータを指定します。

Duration (所要時間)

String (文字列)

年または秒で指定された所要時間の条件値。この所要時間の予約のみを表示するには、このパラメータを指定します。

Multi AZ (マルチ AZ)

Boolean (ブール)

マルチ AZ の条件値。指定したマルチ AZ パラメータに一致する使用可能な提供のみを表示するには、このパラメータを指定します。

false

Offering Type (提供種別)

String (文字列)

提供種別の条件値。指定した提供種別と一致する使用可能な提供のみを表示するには、このパラメータを指定します。

Product Description (製品説明)

String (文字列)

製品説明の条件値。指定した製品説明と一致する使用可能な提供のみを表示するには、このパラメータを指定します。

Reserved DB Instances Offering ID (リザーブド DB インスタンス提供 ID)

String (文字列)

提供識別子の条件値。指定した予約識別子と一致する使用可能な提供のみを表示するには、このパラメータを指定します。

Streaming Strategy (ストリーミング戦略)

反復可能ストリームを使用すべきかどうか、およびその動作を設定します。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

Type (型)

次の設定の場合

スロー

  • RDS:KMSKeyNotAccessibleFault

  • RDS:MissingAction

  • RDS:DBInstanceAlreadyExists

  • RDS:DBSubnetGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidSubnet

  • RDS:InsufficientDBInstanceCapacity

  • RDS:InvalidDBInstanceState

  • RDS:DBSubnetGroupDoesNotCoverEnoughAZs

  • RDS:CertificateNotFound

  • RDS:DBClusterNotFoundFault

  • RDS:InvalidParameterCombination

  • RDS:InvalidDBClusterStateFault

  • RDS:InvalidDBSecurityGroupState

  • RDS:ServiceUnavailable

  • RDS:MissingAuthenticationToken

  • RDS:ProvisionedIopsNotAvailableInAZFault

  • RDS:DBInstanceNotFound

  • RDS:InvalidQueryParameter

  • RDS:DomainNotFoundFault

  • RDS:OptionGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidDBSnapshotState

  • RDS:InvalidParameterValue

  • RDS:InternalFailure

  • RDS:DBUpgradeDependencyFailure

  • RDS:AuthorizationNotFound

  • RDS:DBSnapshotAlreadyExists

  • RDS:ReservedDBInstancesOfferingNotFound

  • RDS:ValidationError

  • RDS:StorageTypeNotSupported

  • RDS:IncompleteSignature

  • RDS:SnapshotQuotaExceeded

  • RDS:MalformedQueryString

  • RDS:InvalidAction

  • RDS:ThrottlingException

  • RDS:PointInTimeRestoreNotEnabled

  • RDS:InvalidClientTokenId

  • RDS:DBSnapshotNotFound

  • RDS:Unknown

  • RDS:InvalidRestoreFault

  • RDS:AccessDeniedException

  • RDS:DBParameterGroupNotFound

  • RDS:OptInRequired

  • RDS:RequestExpired

  • RDS:InstanceQuotaExceeded

  • RDS:MissingParameter

  • RDS:ReservedDBInstanceNotFound

  • RDS:DBSecurityGroupNotFound

  • RDS:StorageQuotaExceeded

  • RDS:InvalidVPCNetworkStateFault

Modify Db Instance

<rds:modify-db-instance>

DB インスタンスの設定を変更します。要求でこれらのパラメータと新しい値を指定することで、1 つ以上のデータベース設定パラメータを変更できます。 この操作については、Amazon API リファレンスを参照してください

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Auto Minor Version Upgrade (マイナーバージョンの自動アップグレード)

Boolean (ブール)

false

Copy Tags to Snapshot (タグをスナップショットにコピー)

Boolean (ブール)

false

Storage Type (ストレージの種別)

String (文字列)

Allocated Storage (割り当てられたストレージ)

Number (数値)

Backup Retention Period (バックアップ保持期間)

Number (数値)

Preferred Backup Window (優先されるバックアップウィンドウ)

String (文字列)

Preferred Maintenance Window (優先されるメンテナンスウィンドウ)

String (文字列)

Promotion Tier (昇格階層)

Number (数値)

Allow Major Version Upgrade (メジャーバージョンのアップグレードを許可)

Boolean (ブール)

false

Apply Immediately (すぐに適用)

Boolean (ブール)

false

DB Subnet Group Name (DB サブネットグループ名)

String (文字列)

Domain IAM Role Name (ドメイン IAM ロール名)

String (文字列)

Enable IAM Database Authentication (IAM データベース認証を有効化)

Boolean (ブール)

false

License Model (ライセンスモデル)

String (文字列)

Publicly Accessible (一般公開)

Boolean (ブール)

false

TDE Credential ARN (TDE ログイン情報 ARN)

String (文字列)

TDE Credential Password (TDE ログイン情報パスワード)

String (文字列)

DB Security Groups (DB セキュリティグループ)

Array of String (文字列の配列)

Master User Password (マスタユーザパスワード)

String (文字列)

VPC Security Group IDs (VPC セキュリティグループ)

Array of String (文字列の配列)

CA Certificate Identifier (CA 証明書識別子)

String (文字列)

Monitoring Interval (監視期間)

Number (数値)

Monitoring Role ARN (監視ロール ARN)

String (文字列)

DB Instance Class (DB インスタンスクラス)

String (文字列)

DB Instance Identifier (DB インスタンス識別子)

String (文字列)

x

DB Parameter Group Name (DB パラメータグループ名)

String (文字列)

Domain (ドメイン)

String (文字列)

Engine Version (エンジンバージョン)

String (文字列)

IOPS

Number (数値)

Multi AZ (マルチ AZ)

Boolean (ブール)

false

Option Group Name (オプショングループ名)

String (文字列)

DB Port Number (DB ポート番号)

Number (数値)

New DB Instance Identifier (新規 DB インスタンス識別子)

String (文字列)

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • RDS:KMSKeyNotAccessibleFault

  • RDS:MissingAction

  • RDS:DBInstanceAlreadyExists

  • RDS:DBSubnetGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidSubnet

  • RDS:InsufficientDBInstanceCapacity

  • RDS:InvalidDBInstanceState

  • RDS:DBSubnetGroupDoesNotCoverEnoughAZs

  • RDS:CertificateNotFound

  • RDS:DBClusterNotFoundFault

  • RDS:InvalidParameterCombination

  • RDS:InvalidDBClusterStateFault

  • RDS:InvalidDBSecurityGroupState

  • RDS:ServiceUnavailable

  • RDS:MissingAuthenticationToken

  • RDS:RETRY_EXHAUSTED

  • RDS:ProvisionedIopsNotAvailableInAZFault

  • RDS:DBInstanceNotFound

  • RDS:CONNECTIVITY

  • RDS:InvalidQueryParameter

  • RDS:DomainNotFoundFault

  • RDS:OptionGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidDBSnapshotState

  • RDS:InvalidParameterValue

  • RDS:InternalFailure

  • RDS:DBUpgradeDependencyFailure

  • RDS:AuthorizationNotFound

  • RDS:DBSnapshotAlreadyExists

  • RDS:ReservedDBInstancesOfferingNotFound

  • RDS:ValidationError

  • RDS:StorageTypeNotSupported

  • RDS:IncompleteSignature

  • RDS:SnapshotQuotaExceeded

  • RDS:MalformedQueryString

  • RDS:InvalidAction

  • RDS:ThrottlingException

  • RDS:PointInTimeRestoreNotEnabled

  • RDS:InvalidClientTokenId

  • RDS:DBSnapshotNotFound

  • RDS:Unknown

  • RDS:InvalidRestoreFault

  • RDS:AccessDeniedException

  • RDS:DBParameterGroupNotFound

  • RDS:OptInRequired

  • RDS:RequestExpired

  • RDS:InstanceQuotaExceeded

  • RDS:MissingParameter

  • RDS:ReservedDBInstanceNotFound

  • RDS:DBSecurityGroupNotFound

  • RDS:StorageQuotaExceeded

  • RDS:InvalidVPCNetworkStateFault

Modify Db Snapshot

<rds:modify-db-snapshot>

暗号化できるかどうかに関係なく、手動 DB スナップショットを新しいエンジンバージョンで更新します。エンジンバージョンを新しいメジャーまたはマイナーエンジンバージョンに更新できます。 この操作については、Amazon API リファレンスを参照してください

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

DB Snapshot Identifier (DB スナップショット識別子)

String (文字列)

変更する DB スナップショットの識別子。

x

Engine Version (エンジンバージョン)

String (文字列)

DB スナップショットの更新後のエンジンバージョン。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • RDS:KMSKeyNotAccessibleFault

  • RDS:MissingAction

  • RDS:DBInstanceAlreadyExists

  • RDS:DBSubnetGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidSubnet

  • RDS:InsufficientDBInstanceCapacity

  • RDS:InvalidDBInstanceState

  • RDS:DBSubnetGroupDoesNotCoverEnoughAZs

  • RDS:CertificateNotFound

  • RDS:DBClusterNotFoundFault

  • RDS:InvalidParameterCombination

  • RDS:InvalidDBClusterStateFault

  • RDS:InvalidDBSecurityGroupState

  • RDS:ServiceUnavailable

  • RDS:MissingAuthenticationToken

  • RDS:RETRY_EXHAUSTED

  • RDS:ProvisionedIopsNotAvailableInAZFault

  • RDS:DBInstanceNotFound

  • RDS:CONNECTIVITY

  • RDS:InvalidQueryParameter

  • RDS:DomainNotFoundFault

  • RDS:OptionGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidDBSnapshotState

  • RDS:InvalidParameterValue

  • RDS:InternalFailure

  • RDS:DBUpgradeDependencyFailure

  • RDS:AuthorizationNotFound

  • RDS:DBSnapshotAlreadyExists

  • RDS:ReservedDBInstancesOfferingNotFound

  • RDS:ValidationError

  • RDS:StorageTypeNotSupported

  • RDS:IncompleteSignature

  • RDS:SnapshotQuotaExceeded

  • RDS:MalformedQueryString

  • RDS:InvalidAction

  • RDS:ThrottlingException

  • RDS:PointInTimeRestoreNotEnabled

  • RDS:InvalidClientTokenId

  • RDS:DBSnapshotNotFound

  • RDS:Unknown

  • RDS:InvalidRestoreFault

  • RDS:AccessDeniedException

  • RDS:DBParameterGroupNotFound

  • RDS:OptInRequired

  • RDS:RequestExpired

  • RDS:InstanceQuotaExceeded

  • RDS:MissingParameter

  • RDS:ReservedDBInstanceNotFound

  • RDS:DBSecurityGroupNotFound

  • RDS:StorageQuotaExceeded

  • RDS:InvalidVPCNetworkStateFault

Purchase Reserved Db Instances Offering

<rds:purchase-reserved-db-instances-offering>

リザーブド DB インスタンス提供を購入します。 この操作については、Amazon API リファレンスを参照してください

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Reserved DB Instances Offering ID (リザーブド DB インスタンス提供 ID)

String (文字列)

購入するリザーブド DB インスタンス提供の ID。

x

DB Instance Count (DB インスタンス数)

Number (数値)

予約するインスタンスの数。

Reserved DB Instance ID (リザーブド DB インスタンス ID)

String (文字列)

この予約を追跡する顧客指定の条件値。

Tags (タグ)

Array of Tag (タグ) (の配列)

タグのリスト。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • RDS:KMSKeyNotAccessibleFault

  • RDS:MissingAction

  • RDS:DBInstanceAlreadyExists

  • RDS:DBSubnetGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidSubnet

  • RDS:InsufficientDBInstanceCapacity

  • RDS:InvalidDBInstanceState

  • RDS:DBSubnetGroupDoesNotCoverEnoughAZs

  • RDS:CertificateNotFound

  • RDS:DBClusterNotFoundFault

  • RDS:InvalidParameterCombination

  • RDS:InvalidDBClusterStateFault

  • RDS:InvalidDBSecurityGroupState

  • RDS:ServiceUnavailable

  • RDS:MissingAuthenticationToken

  • RDS:RETRY_EXHAUSTED

  • RDS:ProvisionedIopsNotAvailableInAZFault

  • RDS:DBInstanceNotFound

  • RDS:CONNECTIVITY

  • RDS:InvalidQueryParameter

  • RDS:DomainNotFoundFault

  • RDS:OptionGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidDBSnapshotState

  • RDS:InvalidParameterValue

  • RDS:InternalFailure

  • RDS:DBUpgradeDependencyFailure

  • RDS:AuthorizationNotFound

  • RDS:DBSnapshotAlreadyExists

  • RDS:ReservedDBInstancesOfferingNotFound

  • RDS:ValidationError

  • RDS:StorageTypeNotSupported

  • RDS:IncompleteSignature

  • RDS:SnapshotQuotaExceeded

  • RDS:MalformedQueryString

  • RDS:InvalidAction

  • RDS:ThrottlingException

  • RDS:PointInTimeRestoreNotEnabled

  • RDS:InvalidClientTokenId

  • RDS:DBSnapshotNotFound

  • RDS:Unknown

  • RDS:InvalidRestoreFault

  • RDS:AccessDeniedException

  • RDS:DBParameterGroupNotFound

  • RDS:OptInRequired

  • RDS:RequestExpired

  • RDS:InstanceQuotaExceeded

  • RDS:MissingParameter

  • RDS:ReservedDBInstanceNotFound

  • RDS:DBSecurityGroupNotFound

  • RDS:StorageQuotaExceeded

  • RDS:InvalidVPCNetworkStateFault

Reboot Db Instance

<rds:reboot-db-instance>

DB インスタンスを再起動すると、データベースエンジンサービスが再起動されます。 この操作については、Amazon API リファレンスを参照してください

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

DB Instance Identifier (DB インスタンス識別子)

String (文字列)

DB インスタンス識別子。

x

Force Failover (フェイルオーバーを強制)

Boolean (ブール)

true の場合、MultiAZ ファイルオーバーを介して再起動が実行されます。

false

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • RDS:KMSKeyNotAccessibleFault

  • RDS:MissingAction

  • RDS:DBInstanceAlreadyExists

  • RDS:DBSubnetGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidSubnet

  • RDS:InsufficientDBInstanceCapacity

  • RDS:InvalidDBInstanceState

  • RDS:DBSubnetGroupDoesNotCoverEnoughAZs

  • RDS:CertificateNotFound

  • RDS:DBClusterNotFoundFault

  • RDS:InvalidParameterCombination

  • RDS:InvalidDBClusterStateFault

  • RDS:InvalidDBSecurityGroupState

  • RDS:ServiceUnavailable

  • RDS:MissingAuthenticationToken

  • RDS:RETRY_EXHAUSTED

  • RDS:ProvisionedIopsNotAvailableInAZFault

  • RDS:DBInstanceNotFound

  • RDS:CONNECTIVITY

  • RDS:InvalidQueryParameter

  • RDS:DomainNotFoundFault

  • RDS:OptionGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidDBSnapshotState

  • RDS:InvalidParameterValue

  • RDS:InternalFailure

  • RDS:DBUpgradeDependencyFailure

  • RDS:AuthorizationNotFound

  • RDS:DBSnapshotAlreadyExists

  • RDS:ReservedDBInstancesOfferingNotFound

  • RDS:ValidationError

  • RDS:StorageTypeNotSupported

  • RDS:IncompleteSignature

  • RDS:SnapshotQuotaExceeded

  • RDS:MalformedQueryString

  • RDS:InvalidAction

  • RDS:ThrottlingException

  • RDS:PointInTimeRestoreNotEnabled

  • RDS:InvalidClientTokenId

  • RDS:DBSnapshotNotFound

  • RDS:Unknown

  • RDS:InvalidRestoreFault

  • RDS:AccessDeniedException

  • RDS:DBParameterGroupNotFound

  • RDS:OptInRequired

  • RDS:RequestExpired

  • RDS:InstanceQuotaExceeded

  • RDS:MissingParameter

  • RDS:ReservedDBInstanceNotFound

  • RDS:DBSecurityGroupNotFound

  • RDS:StorageQuotaExceeded

  • RDS:InvalidVPCNetworkStateFault

Restore Db Instance From Db Snapshot

<rds:restore-db-instance-from-db-snapshot>

DB スナップショットから新しい DB インスタンスを作成します。 この操作については、Amazon API リファレンスを参照してください

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Availability Zone (可用性ゾーン)

String (文字列)

データベースインスタンスが作成される EC2 可用性ゾーン。

DB Instance Class (DB インスタンスクラス)

String (文字列)

Amazon RDS DB インスタンスの計算容量およびメモリ容量。

DB Instance Identifier (DB インスタンス識別子)

String (文字列)

DB スナップショットから作成する DB インスタンスの名前。このパラメータは大文字と小文字を区別しません。

x

DB Snapshot Identifier (DB スナップショット識別子)

String (文字列)

復元元の DB スナップショットの識別子。

x

DB Name (DB 名)

String (文字列)

復元された DB インスタンスのデータベース名。

Domain (ドメイン)

String (文字列)

インスタンスを復元する Active Directory ドメインを指定します。

Engine (エンジン)

String (文字列)

新しいインスタンスで使用するデータベースエンジン。

IOPS

Number (数値)

DB インスタンスのプロビジョニングされた IOPS 量を 1 秒あたりの I/O 操作数で指定します。

Multi AZ (マルチ AZ)

Boolean (ブール)

DB インスタンスがマルチ AZ デプロイメントかどうかを指定します。

false

Option Group Name (オプショングループ名)

String (文字列)

復元された DB インスタンスで使用されるオプショングループの名前。

Port (ポート)

Number (数値)

データベースが接続を受け入れるポート番号。

Tags (タグ)

Array of Tag (タグ) (の配列)

タグのリスト。

Auto Minor Version Upgrade (マイナーバージョンの自動アップグレード)

Boolean (ブール)

false

Copy Tags to Snapshot (タグをスナップショットにコピー)

Boolean (ブール)

false

Storage Type (ストレージの種別)

String (文字列)

DB Subnet Group Name (DB サブネットグループ名)

String (文字列)

Domain IAM Role Name (ドメイン IAM ロール名)

String (文字列)

Enable IAM Database Authentication (IAM データベース認証を有効化)

Boolean (ブール)

false

License Model (ライセンスモデル)

String (文字列)

Publicly Accessible (一般公開)

Boolean (ブール)

false

TDE Credential ARN (TDE ログイン情報 ARN)

String (文字列)

TDE Credential Password (TDE ログイン情報パスワード)

String (文字列)

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • RDS:KMSKeyNotAccessibleFault

  • RDS:MissingAction

  • RDS:DBInstanceAlreadyExists

  • RDS:DBSubnetGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidSubnet

  • RDS:InsufficientDBInstanceCapacity

  • RDS:InvalidDBInstanceState

  • RDS:DBSubnetGroupDoesNotCoverEnoughAZs

  • RDS:CertificateNotFound

  • RDS:DBClusterNotFoundFault

  • RDS:InvalidParameterCombination

  • RDS:InvalidDBClusterStateFault

  • RDS:InvalidDBSecurityGroupState

  • RDS:ServiceUnavailable

  • RDS:MissingAuthenticationToken

  • RDS:RETRY_EXHAUSTED

  • RDS:ProvisionedIopsNotAvailableInAZFault

  • RDS:DBInstanceNotFound

  • RDS:CONNECTIVITY

  • RDS:InvalidQueryParameter

  • RDS:DomainNotFoundFault

  • RDS:OptionGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidDBSnapshotState

  • RDS:InvalidParameterValue

  • RDS:InternalFailure

  • RDS:DBUpgradeDependencyFailure

  • RDS:AuthorizationNotFound

  • RDS:DBSnapshotAlreadyExists

  • RDS:ReservedDBInstancesOfferingNotFound

  • RDS:ValidationError

  • RDS:StorageTypeNotSupported

  • RDS:IncompleteSignature

  • RDS:SnapshotQuotaExceeded

  • RDS:MalformedQueryString

  • RDS:InvalidAction

  • RDS:ThrottlingException

  • RDS:PointInTimeRestoreNotEnabled

  • RDS:InvalidClientTokenId

  • RDS:DBSnapshotNotFound

  • RDS:Unknown

  • RDS:InvalidRestoreFault

  • RDS:AccessDeniedException

  • RDS:DBParameterGroupNotFound

  • RDS:OptInRequired

  • RDS:RequestExpired

  • RDS:InstanceQuotaExceeded

  • RDS:MissingParameter

  • RDS:ReservedDBInstanceNotFound

  • RDS:DBSecurityGroupNotFound

  • RDS:StorageQuotaExceeded

  • RDS:InvalidVPCNetworkStateFault

Restore Db Instance To Point In Time

<rds:restore-db-instance-to-point-in-time>

DB インスタンスを任意の時点に復元します。LatestRestorableTime プロパティで指定された時刻より前の任意の時点に復元できます。BackupRetentionPeriod プロパティで指定された日数まで復元することができます。 この操作については、Amazon API リファレンスを参照してください

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Availability Zone (可用性ゾーン)

String (文字列)

データベースインスタンスが作成される EC2 可用性ゾーン。

DB Instance Class (DB インスタンスクラス)

String (文字列)

Amazon RDS DB インスタンスの計算容量およびメモリ容量。

DB Name (DB 名)

String (文字列)

復元された DB インスタンスのデータベース名。

Domain (ドメイン)

String (文字列)

インスタンスを復元する Active Directory ドメインを指定します。

Engine (エンジン)

String (文字列)

新しいインスタンスで使用するデータベースエンジン。

IOPS

Number (数値)

DB インスタンスに最初に割り当てられるプロビジョニングされた IOPS (1 秒あたりの入出力操作) の量。

Multi AZ (マルチ AZ)

Boolean (ブール)

DB インスタンスがマルチ AZ デプロイメントかどうかを指定します。

false

Option Group Name (オプショングループ名)

String (文字列)

復元された DB インスタンスで使用されるオプショングループの名前。

Port (ポート)

Number (数値)

データベースが接続を受け入れるポート番号。

Restore Time (復元時刻)

DateTime (日時)

復元元の日時。

Source DB Instance Identifier (ソース DB インスタンス識別子)

String (文字列)

復元元のソース DB インスタンスの識別子。

x

Tags (タグ)

Array of Tag (タグ) (の配列)

タグのリスト。

Target DB Instance Identifier (対象 DB インスタンス識別子)

String (文字列)

作成される新しいデータベースインスタンスの名前。

x

Use Latest Restorable Time (最新の復元可能時刻を使用)

Boolean (ブール)

DB インスタンスを最新のバックアップ時刻から復元するか (true)、否か (false) を指定します。

false

Auto Minor Version Upgrade (マイナーバージョンの自動アップグレード)

Boolean (ブール)

false

Copy Tags to Snapshot (タグをスナップショットにコピー)

Boolean (ブール)

false

Storage Type (ストレージの種別)

String (文字列)

DB Subnet Group Name (DB サブネットグループ名)

String (文字列)

Domain IAM Role Name (ドメイン IAM ロール名)

String (文字列)

Enable IAM Database Authentication (IAM データベース認証を有効化)

Boolean (ブール)

false

License Model (ライセンスモデル)

String (文字列)

Publicly Accessible (一般公開)

Boolean (ブール)

false

TDE Credential ARN (TDE ログイン情報 ARN)

String (文字列)

TDE Credential Password (TDE ログイン情報パスワード)

String (文字列)

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • RDS:KMSKeyNotAccessibleFault

  • RDS:MissingAction

  • RDS:DBInstanceAlreadyExists

  • RDS:DBSubnetGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidSubnet

  • RDS:InsufficientDBInstanceCapacity

  • RDS:InvalidDBInstanceState

  • RDS:DBSubnetGroupDoesNotCoverEnoughAZs

  • RDS:CertificateNotFound

  • RDS:DBClusterNotFoundFault

  • RDS:InvalidParameterCombination

  • RDS:InvalidDBClusterStateFault

  • RDS:InvalidDBSecurityGroupState

  • RDS:ServiceUnavailable

  • RDS:MissingAuthenticationToken

  • RDS:RETRY_EXHAUSTED

  • RDS:ProvisionedIopsNotAvailableInAZFault

  • RDS:DBInstanceNotFound

  • RDS:CONNECTIVITY

  • RDS:InvalidQueryParameter

  • RDS:DomainNotFoundFault

  • RDS:OptionGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidDBSnapshotState

  • RDS:InvalidParameterValue

  • RDS:InternalFailure

  • RDS:DBUpgradeDependencyFailure

  • RDS:AuthorizationNotFound

  • RDS:DBSnapshotAlreadyExists

  • RDS:ReservedDBInstancesOfferingNotFound

  • RDS:ValidationError

  • RDS:StorageTypeNotSupported

  • RDS:IncompleteSignature

  • RDS:SnapshotQuotaExceeded

  • RDS:MalformedQueryString

  • RDS:InvalidAction

  • RDS:ThrottlingException

  • RDS:PointInTimeRestoreNotEnabled

  • RDS:InvalidClientTokenId

  • RDS:DBSnapshotNotFound

  • RDS:Unknown

  • RDS:InvalidRestoreFault

  • RDS:AccessDeniedException

  • RDS:DBParameterGroupNotFound

  • RDS:OptInRequired

  • RDS:RequestExpired

  • RDS:InstanceQuotaExceeded

  • RDS:MissingParameter

  • RDS:ReservedDBInstanceNotFound

  • RDS:DBSecurityGroupNotFound

  • RDS:StorageQuotaExceeded

  • RDS:InvalidVPCNetworkStateFault

Start Db Instance

<rds:start-db-instance>

AWS コンソール、stop-db-instance AWS CLI コマンド、または StopDBInstance アクションを使用して停止された DB インスタンスを起動します。 この操作については、Amazon API リファレンスを参照してください

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

DB Instance Identifier (DB インスタンス識別子)

String (文字列)

ユーザ指定のインスタンス識別子。

x

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • RDS:KMSKeyNotAccessibleFault

  • RDS:MissingAction

  • RDS:DBInstanceAlreadyExists

  • RDS:DBSubnetGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidSubnet

  • RDS:InsufficientDBInstanceCapacity

  • RDS:InvalidDBInstanceState

  • RDS:DBSubnetGroupDoesNotCoverEnoughAZs

  • RDS:CertificateNotFound

  • RDS:DBClusterNotFoundFault

  • RDS:InvalidParameterCombination

  • RDS:InvalidDBClusterStateFault

  • RDS:InvalidDBSecurityGroupState

  • RDS:ServiceUnavailable

  • RDS:MissingAuthenticationToken

  • RDS:RETRY_EXHAUSTED

  • RDS:ProvisionedIopsNotAvailableInAZFault

  • RDS:DBInstanceNotFound

  • RDS:CONNECTIVITY

  • RDS:InvalidQueryParameter

  • RDS:DomainNotFoundFault

  • RDS:OptionGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidDBSnapshotState

  • RDS:InvalidParameterValue

  • RDS:InternalFailure

  • RDS:DBUpgradeDependencyFailure

  • RDS:AuthorizationNotFound

  • RDS:DBSnapshotAlreadyExists

  • RDS:ReservedDBInstancesOfferingNotFound

  • RDS:ValidationError

  • RDS:StorageTypeNotSupported

  • RDS:IncompleteSignature

  • RDS:SnapshotQuotaExceeded

  • RDS:MalformedQueryString

  • RDS:InvalidAction

  • RDS:ThrottlingException

  • RDS:PointInTimeRestoreNotEnabled

  • RDS:InvalidClientTokenId

  • RDS:DBSnapshotNotFound

  • RDS:Unknown

  • RDS:InvalidRestoreFault

  • RDS:AccessDeniedException

  • RDS:DBParameterGroupNotFound

  • RDS:OptInRequired

  • RDS:RequestExpired

  • RDS:InstanceQuotaExceeded

  • RDS:MissingParameter

  • RDS:ReservedDBInstanceNotFound

  • RDS:DBSecurityGroupNotFound

  • RDS:StorageQuotaExceeded

  • RDS:InvalidVPCNetworkStateFault

Stop Db Instance

<rds:stop-db-instance>

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

DB Instance Identifier (DB インスタンス識別子)

String (文字列)

ユーザ指定のインスタンス識別子。

x

DB Snapshot Identifier (DB スナップショット識別子)

String (文字列)

DB インスタンスが停止される直前に作成された DB スナップショットのユーザ指定のインスタンス識別子。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • RDS:KMSKeyNotAccessibleFault

  • RDS:MissingAction

  • RDS:DBInstanceAlreadyExists

  • RDS:DBSubnetGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidSubnet

  • RDS:InsufficientDBInstanceCapacity

  • RDS:InvalidDBInstanceState

  • RDS:DBSubnetGroupDoesNotCoverEnoughAZs

  • RDS:CertificateNotFound

  • RDS:DBClusterNotFoundFault

  • RDS:InvalidParameterCombination

  • RDS:InvalidDBClusterStateFault

  • RDS:InvalidDBSecurityGroupState

  • RDS:ServiceUnavailable

  • RDS:MissingAuthenticationToken

  • RDS:RETRY_EXHAUSTED

  • RDS:ProvisionedIopsNotAvailableInAZFault

  • RDS:DBInstanceNotFound

  • RDS:CONNECTIVITY

  • RDS:InvalidQueryParameter

  • RDS:DomainNotFoundFault

  • RDS:OptionGroupNotFoundFault

  • RDS:InvalidDBSnapshotState

  • RDS:InvalidParameterValue

  • RDS:InternalFailure

  • RDS:DBUpgradeDependencyFailure

  • RDS:AuthorizationNotFound

  • RDS:DBSnapshotAlreadyExists

  • RDS:ReservedDBInstancesOfferingNotFound

  • RDS:ValidationError

  • RDS:StorageTypeNotSupported

  • RDS:IncompleteSignature

  • RDS:SnapshotQuotaExceeded

  • RDS:MalformedQueryString

  • RDS:InvalidAction

  • RDS:ThrottlingException

  • RDS:PointInTimeRestoreNotEnabled

  • RDS:InvalidClientTokenId

  • RDS:DBSnapshotNotFound

  • RDS:Unknown

  • RDS:InvalidRestoreFault

  • RDS:AccessDeniedException

  • RDS:DBParameterGroupNotFound

  • RDS:OptInRequired

  • RDS:RequestExpired

  • RDS:InstanceQuotaExceeded

  • RDS:MissingParameter

  • RDS:ReservedDBInstanceNotFound

  • RDS:DBSecurityGroupNotFound

  • RDS:StorageQuotaExceeded

  • RDS:InvalidVPCNetworkStateFault

Reconnection (再接続)

項目 説明 デフォルト値 必須

Fails Deployment (デプロイに失敗)

Boolean

アプリケーションがデプロイされたときに、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true に設定されている場合、関連する再接続戦略をすべて実行した後にテストに合格しないと、デプロイが失敗します。

Reconnection Strategy (再接続戦略)

使用する再接続戦略。

Reconnect (再接続)

項目 説明 デフォルト値 必須

Frequency (頻度)

Number (数値)

再接続する頻度 (ミリ秒)。

Count (カウント)

Number (数値)

再接続の試行回数。

Reconnect Forever (繰り返し再接続)

項目 説明 デフォルト値 必須

Frequency (頻度)

Number (数値)

再接続する頻度 (ミリ秒)。

Expiration Policy (有効期限ポリシー)

項目 説明 デフォルト値 必須

Max Idle Time (最大アイドル時間)

Number (数値)

有効期限の対象とみなされるまで、動的設定インスタンスがアイドル状態を維持できる最大時間のスカラー時間値。

Time Unit (時間単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれか:

  • NANOSECONDS (ナノ秒)

  • MICROSECONDS (マイクロ秒)

  • MILLISECONDS (ミリ秒)

  • SECONDS (秒)

  • MINUTES (分)

  • HOURS (時)

  • DAYS (日)

maxIdleTime 属性に使用できる時間単位。

DB Instance (DB インスタンス)

項目 説明 デフォルト値 必須

Allocated Storage (割り当てられたストレージ)

Number (数値)

Auto Minor Version Upgrade (マイナーバージョンの自動アップグレード)

Boolean (ブール)

Availability Zone (可用性ゾーン)

String (文字列)

Backup Retention Period (バックアップ保持期間)

Number (数値)

Ca Certificate Identifier (CA 証明書識別子)

String (文字列)

Character Set Name (文字セット名)

String (文字列)

Copy Tags to Snapshot (タグをスナップショットにコピー)

Boolean (ブール)

Db Cluster Identifier (DB クラスタ識別子)

String (文字列)

Db Instance Arn (DB インスタンス ARN)

String (文字列)

Db Instance Class (DB インスタンスクラス)

String (文字列)

Db Instance Identifier (DB インスタンス識別子)

String (文字列)

Db Instance Port (DB インスタンスポート)

Number (数値)

Db Instance Status (DB インスタンス状況)

String (文字列)

Db Name (DB 名)

String (文字列)

Db Parameter Groups (DB パラメータグループ)

Db Security Groups (DB セキュリティグループ)

Db Subnet Group (DB サブネットグループ)

Dbi Resource Id (DBI リソース ID)

String (文字列)

Domain Memberships (ドメインメンバーシップ)

Endpoint (エンドポイント)

Engine (エンジン)

String (文字列)

Engine Version (エンジンバージョン)

String (文字列)

Enhanced Monitoring Resource Arn (拡張監視リソース ARN)

String (文字列)

Iam Database Authentication Enabled (IAM データベース認証有効)

Boolean (ブール)

Instance Create Time (インスタンス作成時刻)

DateTime (日時)

Iops

Number (数値)

Kms Key Id (KMS キー ID)

String (文字列)

Latest Restorable Time (最新の復元可能時刻)

DateTime (日時)

License Model (ライセンスモデル)

String (文字列)

Master Username (マスタユーザ名)

String (文字列)

Monitoring Interval (監視期間)

Number (数値)

Monitoring Role Arn (監視ロール ARN)

String (文字列)

Multi AZ (マルチ AZ)

Boolean (ブール)

Option Group Memberships (オプショングループメンバーシップ)

Pending Modified Values (待機中の変更値)

Preferred Backup Window (優先されるバックアップウィンドウ)

String (文字列)

Preferred Maintenance Window (優先されるメンテナンスウィンドウ)

String (文字列)

Promotion Tier (昇格階層)

Number (数値)

Publicly Accessible (一般公開)

Boolean (ブール)

Read Replica DB Cluster Identifiers (リードレプリカ DB クラスタ識別子)

Array of String (文字列の配列)

Read Replica DB Instance Identifiers (リードレプリカ DB インスタンス識別子)

Array of String (文字列の配列)

Read Replica Source DB Instance Identifier (リードレプリカソース DB インスタンス識別子)

String (文字列)

Secondary Availability Zone (セカンダリ可用性ゾーン)

String (文字列)

Status Infos (状況情報)

Storage Encrypted (ストレージ暗号化)

Boolean (ブール)

Storage Type (ストレージの種別)

String (文字列)

Tde Credential Arn (TDE ログイン情報 ARN)

String (文字列)

Timezone (タイムゾーン)

String (文字列)

Vpc Security Groups (VPC セキュリティグループ)

DB Parameter Group Status (DB パラメータグループ状況)

項目 説明 デフォルト値 必須

DB Parameter Group Name (DB パラメータグループ名)

String (文字列)

Parameter Apply Status (パラメータ適用状況)

String (文字列)

DB Security Group Membership (DB セキュリティグループメンバーシップ)

項目 説明 デフォルト値 必須

DB Security Group Name (DB セキュリティグループ名)

String (文字列)

Status (状況)

String (文字列)

Db Subnet Group (DB サブネットグループ)

項目 説明 デフォルト値 必須

DB Subnet Group Arn (DB サブネットグループ ARN)

String (文字列)

DB Subnet Group Description (DB サブネットグループ説明)

String (文字列)

DB Subnet Group Name (DB サブネットグループ名)

String (文字列)

Subnet Group Status (サブネットグループ状況)

String (文字列)

Subnets (サブネット)

Array of Subnet (サブネット) (の配列)

Vpc Id (VPC ID)

String (文字列)

Subnet (サブネット)

項目 説明 デフォルト値 必須

Subnet Availability Zone (サブネット可用性ゾーン)

String (文字列)

Subnet Identifier (サブネット識別子)

String (文字列)

Subnet Status (サブネット状況)

String (文字列)

Domain Membership (ドメインメンバーシップ)

項目 説明 デフォルト値 必須

FQDN

String (文字列)

IAM Role Name (IAM ロール名)

String (文字列)

Domain (ドメイン)

String (文字列)

Status (状況)

String (文字列)

Endpoint (エンドポイント)

項目 説明 デフォルト値 必須

Address (アドレス)

String (文字列)

Hosted Zone Id (ホストゾーン ID)

String (文字列)

Port (ポート)

Number (数値)

Option Group Membership (オプショングループメンバーシップ)

項目 説明 デフォルト値 必須

Option Group Name (オプショングループ名)

String (文字列)

Status (状況)

String (文字列)

Pending Modified Values (待機中の変更値)

項目 説明 デフォルト値 必須

CA Certificate Identifier (CA 証明書識別子)

String (文字列)

DB Instance Class (DB インスタンスクラス)

String (文字列)

DB Instance Identifier (DB インスタンス識別子)

String (文字列)

DB Subnet Group Name (DB サブネットグループ名)

String (文字列)

Allocated Storage (割り当てられたストレージ)

Number (数値)

Backup Retention Period (バックアップ保持期間)

Number (数値)

Engine Version (エンジンバージョン)

String (文字列)

Iops

Number (数値)

License Model (ライセンスモデル)

String (文字列)

Master User Password (マスタユーザパスワード)

String (文字列)

Multi AZ (マルチ AZ)

Boolean (ブール)

Port (ポート)

Number (数値)

Storage Type (ストレージの種別)

String (文字列)

DB Instance Status Info (DB インスタンス状況情報)

項目 説明 デフォルト値 必須

Message (メッセージ)

String (文字列)

Normal (通常)

Boolean (ブール)

Status (状況)

String (文字列)

Status Type (状況種別)

String (文字列)

Vpc Security Group Membership (VPC セキュリティグループメンバーシップ)

項目 説明 デフォルト値 必須

Status (状況)

String (文字列)

Vpc Security Group Id (VPC セキュリティグループ ID)

String (文字列)

Tag (タグ)

項目 説明 デフォルト値 必須

Key (キー)

String (文字列)

Value (値)

String (文字列)

DB Snapshot (DB スナップショット)

項目 説明 デフォルト値 必須

Allocated Storage (割り当てられたストレージ)

Number (数値)

Availability Zone (可用性ゾーン)

String (文字列)

Db Instance Identifier (DB インスタンス識別子)

String (文字列)

Db Snapshot Arn (DB スナップショット ARN)

String (文字列)

Db Snapshot Identifier (DB スナップショット識別子)

String (文字列)

Encrypted (暗号化済み)

Boolean (ブール)

Engine (エンジン)

String (文字列)

Engine Version (エンジンバージョン)

String (文字列)

Iam Database Authentication Enabled (IAM データベース認証有効)

Boolean (ブール)

Instance Create Time (インスタンス作成時刻)

DateTime (日時)

Iops

Number (数値)

Kms Key Id (KMS キー ID)

String (文字列)

License Model (ライセンスモデル)

String (文字列)

Master Username (マスタユーザ名)

String (文字列)

Option Group Name (オプショングループ名)

String (文字列)

Percent Progress (進行状況パーセント)

Number (数値)

Port (ポート)

Number (数値)

Snapshot Create Time (スナップショット作成時刻)

DateTime (日時)

Snapshot Type (スナップショット種別)

String (文字列)

Source DB Snapshot Identifier (ソース DB スナップショット識別子)

String (文字列)

Source Region (ソースリージョン)

String (文字列)

Status (状況)

String (文字列)

Storage Type (ストレージの種別)

String (文字列)

Tde Credential Arn (TDE ログイン情報 ARN)

String (文字列)

Timezone (タイムゾーン)

String (文字列)

Vpc Id (VPC ID)

String (文字列)

Request ID Attribute (要求 ID 属性)

項目 説明 デフォルト値 必須

Request Id (要求 ID)

String (文字列)

検索条件

項目 説明 デフォルト値 必須

Name (名前)

String (文字列)

Values (値)

Array of String (文字列の配列)

Repeatable In Memory Iterable (反復可能なメモリ内イテラブル)

項目 説明 デフォルト値 必須

Initial Buffer Size (初期バッファサイズ)

Number (数値)

これは、ストリームを消費し、ストリームへのランダムアクセスを提供する目的で、メモリ内に保持することが許可されるインスタンスの初期容量です。このバッファに収めることができる量よりも多くのデータがストリームに含まれる場合、バッファは、bufferSizeIncrement 属性に従って maxInMemorySize の上限まで拡張されます。デフォルト値は 100 インスタンスです。

Buffer Size Increment (バッファサイズ増分)

Number (数値)

これは、バッファサイズが初期サイズを超えた場合に、バッファサイズがどれだけ拡張されるかです。0 以下の値を設定すると、バッファは拡張されません。つまり、バッファがいっぱいになると STREAM_MAXIMUM_SIZE_EXCEEDED エラーが発生します。デフォルト値は 100 インスタンスです。

Max Buffer Size (最大バッファサイズ)

Number (数値)

使用するメモリの最大量。これより大きい値が使用されると、STREAM_MAXIMUM_SIZE_EXCEEDED エラーが発生します。0 以下の値は無制限を意味します。

Repeatable File Store Iterable (反復可能なファイルストアイテラブル)

項目 説明 デフォルト値 必須

Max In Memory Size (最大メモリ内サイズ)

Number (数値)

メモリ内に保持されるインスタンスの最大量。これ以上の量が必要な場合、コンテンツはディスク上にバッファされます。

Buffer Unit (バッファ単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれか:

  • BYTE (バイト)

  • KB (キロバイト)

  • MB (メガバイト)

  • GB (ギガバイト)

maxInMemorySize で表される単位。

Event (イベント)

項目 説明 デフォルト値 必須

Date (日付)

DateTime (日時)

Event Categories (イベントカテゴリ)

Array of String (文字列の配列)

Message (メッセージ)

String (文字列)

Source Arn (ソースARN)

String (文字列)

Source Identifier (ソース識別子)

String (文字列)

Source Type (ソース種別)

String (文字列)

Reserved DB Instance (リザーブド DB インスタンス)

項目 説明 デフォルト値 必須

Currency Code (通貨コード)

String (文字列)

Db Instance Class (DB インスタンスクラス)

String (文字列)

Db Instance Count (DB インスタンス数)

Number (数値)

Duration (所要時間)

Number (数値)

Fixed Price (固定価格)

Number (数値)

Multi AZ (マルチ AZ)

Boolean (ブール)

Offering Type (提供種別)

String (文字列)

Product Description (製品説明)

String (文字列)

Recurring Charges (定期的な課金)

Reserved DB Instance Arn (リザーブド DB インスタンス ARN)

String (文字列)

Reserved DB Instance Id (リザーブド DB インスタンス ID)

String (文字列)

Reserved DB Instances Offering Id (リザーブド DB インスタンス提供 ID)

String (文字列)

Start Time (開始時刻)

DateTime (日時)

State (状態)

String (文字列)

Usage Price (使用価格)

Number (数値)

Recurring Charge (定期的な課金)

項目 説明 デフォルト値 必須

Recurring Charge Amount (定期的な課金金額)

Number (数値)

Recurring Charge Frequency (定期的な課金頻度)

String (文字列)

Reserved DB Instances Offering (リザーブド DB インスタンス提供)

項目 説明 デフォルト値 必須

DB Instance Class (DB インスタンスクラス)

String (文字列)

Currency Code (通貨コード)

String (文字列)

Duration (所要時間)

Number (数値)

Fixed Price (固定価格)

Number (数値)

Multi AZ (マルチ AZ)

Boolean (ブール)

Offering Type (提供種別)

String (文字列)

Product Description (製品説明)

String (文字列)

Recurring Charges (定期的な課金)

Reserved DB Instances Offering Id (リザーブド DB インスタンス提供 ID)

String (文字列)

Usage Price (使用価格)

Number (数値)

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub