Amazon SQS コネクタリファレンス - Mule 4

サポートカテゴリ: 選択

Amazon SQS コネクタ v5.5

リリースノート: ​Amazon SQS Connector Release Notes - Mule 4

設定


デフォルト設定

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Name (名前)

String (文字列)

この設定の名前。コネクタはこの名前の設定を参照します。

x

Connection (接続)

この設定に指定する接続型。

x

Default Global Queue URL (デフォルトのグローバルキュー URL)

String (文字列)

Expiration Policy (有効期限ポリシー)

動的設定インスタンスがアイドル状態を続けられる最小時間を設定します。この時間が経過すると、Mule Runtime で期限切れに相当するとみなされます。インスタンスが期限切れとみなされた瞬間にインスタンスが期限切れになるという意味ではありません。必要に応じて、インスタンスがパージされます。

接続種別

Basic (基本)
パラメータ
名前 説明 デフォルト値 必須

Session Token (セッショントークン)

String (文字列)

AWS Security Token Service (STS) が提供するセッショントークン。

Test Queue ARN (キュー ARN をテスト)

String (文字列)

Connection Timeout (接続タイムアウト)

Number (数値)

コネクタがギブアップまたはタイムアウトする前に、接続を最初に確立するのを待機する時間 (ミリ秒)。値 0 は無限を意味するため、お勧めできません。

50000

Max Connections (最大接続数)

Number (数値)

許可される開いた HTTP 接続の最大数を設定します。

Socket Timeout (ソケットタイムアウト)

Number (数値)

接続がタイムアウトする前に、確立または開いた接続でのデータの転送を待機する時間 (ミリ秒)。値 0 は無限を意味するため、お勧めできません。

50000

Access Key (アクセスキー)

String (文字列)

Amazon が提供するアクセスキー。

x

Secret Key (シークレットキー)

String (文字列)

Amazon が提供するシークレットキー。

x

Try Default AWSCredentials Provider Chain (デフォルトの AWSCredentials プロバイダチェーンを試す)

Boolean (ブール)

AWS 環境からログイン情報を取得するには、この項目を true​ に設定します。Amazon の​「認証情報」​に関するトピックを参照してください。

false

Region Endpoint (リージョンエンドポイント)

String (文字列)

トピックリージョンエンドポイントを設定します。

US_EAST​_1

TLS Configuration (TLS 設定)

TLS

Reconnection (再接続)

アプリケーションがデプロイされると、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true​ に設定されている場合、関連する再接続戦略をすべて実行した後にテストに合格しないと、デプロイメントが失敗します。

Host (ホスト)

String (文字列)

省略可能なプロキシホスト。

Port (ポート)

Number (数値)

省略可能なプロキシポート。

Username (ユーザ名)

String (文字列)

省略可能なプロキシユーザ名。

Password (パスワード)

String (文字列)

省略可能なプロキシパスワード。

Domain (ドメイン)

String (文字列)

省略可能なプロキシドメイン。

Workstation (ワークステーション)

String (文字列)

省略可能なプロキシワークステーション。

Role (ロール)
パラメータ
名前 説明 デフォルト値 必須

Role ARN (ロール ARN)

String (文字列)

ロール ARN は、クロスアカウントアクセスを取得することを前提とするロールを一意に特定します。

x

Test Queue ARN (キュー ARN をテスト)

String (文字列)

Connection Timeout (接続タイムアウト)

Number (数値)

コネクタがギブアップまたはタイムアウトする前に、接続を最初に確立するのを待機する時間 (ミリ秒)。値 0 は無限を意味するため、お勧めできません。

50000

Max Connections (最大接続数)

Number (数値)

許可される開いた HTTP 接続の最大数を設定します。

Socket Timeout (ソケットタイムアウト)

Number (数値)

接続がタイムアウトする前に、確立または開いた接続でのデータの転送を待機する時間 (ミリ秒)。値 0 は無限を意味するため、お勧めできません。

50000

Access Key (アクセスキー)

String (文字列)

Amazon が提供するアクセスキー。

x

Secret Key (シークレットキー)

String (文字列)

Amazon が提供するシークレットキー。

x

Try Default AWSCredentials Provider Chain (デフォルトの AWSCredentials プロバイダチェーンを試す)

Boolean (ブール)

AWS 環境からログイン情報を取得するには、この項目を true​ に設定します。Amazon の​「認証情報」​に関するトピックを参照してください。

false

Region Endpoint (リージョンエンドポイント)

String (文字列)

トピックリージョンエンドポイントを設定します。

US_EAST​_1

TLS Configuration (TLS 設定)

TLS

Reconnection (再接続)

アプリケーションがデプロイされると、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true​ に設定されている場合、関連する再接続戦略をすべて実行した後にテストに合格しないと、デプロイメントが失敗します。

Host (ホスト)

String (文字列)

省略可能なプロキシホスト。

Port (ポート)

Number (数値)

省略可能なプロキシポート。

Username (ユーザ名)

String (文字列)

省略可能なプロキシユーザ名。

Password (パスワード)

String (文字列)

省略可能なプロキシパスワード。

Domain (ドメイン)

String (文字列)

省略可能なプロキシドメイン。

Workstation (ワークステーション)

String (文字列)

省略可能なプロキシワークステーション。

操作

Add Permission

<sqs:add-permission>

権限をこのメッセージキューに追加します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Label (表示ラベル)

String (文字列)

この権限の名前。

x

Account Ids (アカウント ID)

Array of String (文字列の配列)

このキューを共有するアカウントの AWS アカウント ID。

x

Actions (アクション)

Array of String (文字列の配列)

どのような権限を付与するのか示すリスト (SendMessage、ReceiveMessage、ChangeMessageVisibility、DeleteMessage、GetQueueAttributes)。

x

Queue Url (キュー URL)

String (文字列)

権限は、この URL で表されるキューに追加されます。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式。この式の結果が対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

String (文字列)

次の設定の場合

スロー

  • SQS:​RETRY_EXHAUSTED​

  • SQS:CONNECTIVITY

Change Message Visibility

<sqs:change-message-visibility>

キューの指定されたメッセージの表示タイムアウトを新しい値に変更します。値を設定できる最大許容タイムアウト値は 12 時間です。つまり、既存のキューのメッセージのタイムアウトを合計表示タイムアウト (12 時間) を超えて拡張することはできません。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Receipt Handle (受信ハンドル)

String (文字列)

表示タイムアウトを変更する必要があるメッセージに関連付けられている受信ハンドル。

#[header:inbound:sqs.message.receipt.handle]

Visibility Timeout (表示タイムアウト)

Number (数値)

メッセージの表示タイムアウトの新しい値 (秒単位 - 0 ~ 43200 - 最大 12 時間)。

x

Queue Url (キュー URL)

String (文字列)

アクションを実行する Amazon SQS キューの URL。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式。この式の結果が対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

String (文字列)

次の設定の場合

スロー

  • SQS:​RETRY_EXHAUSTED​

  • SQS:CONNECTIVITY

Change Message Visibility Batch

<sqs:change-message-visibility-batch>

複数のメッセージの表示タイムアウトを変更します。これは、ChangeMessageVisibility のバッチバージョンです。各メッセージのアクションの結果は、応答で個別にレポートされます。ChangeMessageVisibilityBatch アクションごとに最大 10 個の ChangeMessageVisibility 要求を送信できます。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Receipt Handles (受信ハンドル)

表示タイムアウトを変更する必要があるメッセージの受信ハンドルのリスト。

#[payload]

Queue Url (キュー URL)

String (文字列)

アクションを実行する Amazon SQS キューの URL。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式。この式の結果が対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

Batch Result

Attributes Type (属性型)

次の設定の場合

スロー

  • SQS:​RETRY_EXHAUSTED​

  • SQS:CONNECTIVITY

Create Queue

<sqs:create-queue>

新しいキューを作成するか、既存のキューの URL を返します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Queue Name (キュー名)

String (文字列)

作成するキューの名前。

x

属性

Object (オブジェクト)

対応する値との属性のマップ。

有効なマップキー:

  • ApproximateNumberOfMessages

  • ApproximateNumberOfMessagesDelayed

  • ApproximateNumberOfMessagesNotVisible

  • CreatedTimestamp

  • DelaySeconds

  • LastModifiedTimestamp

  • MaximumMessageSize

  • MessageRetentionPeriod

  • Policy

  • QueueArn

  • ReceiveMessageWaitTimeSeconds

  • RedrivePolicy

  • VisibilityTimeout

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式。この式の結果が対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

String (文字列)

Attributes Type (属性型)

次の設定の場合

スロー

  • SQS:​RETRY_EXHAUSTED​

  • SQS:CONNECTIVITY

Delete Message

<sqs:delete-message>

このオブジェクトが表すキューのメッセージオブジェクトによって識別されるメッセージを削除します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Receipt Handle (受信ハンドル)

String (文字列)

削除するメッセージの受信ハンドル。

x

Queue Url (キュー URL)

String (文字列)

メッセージを削除するキューの URL。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式。この式の結果が対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

String (文字列)

次の設定の場合

スロー

  • SQS:​RETRY_EXHAUSTED​

  • SQS:CONNECTIVITY

Delete Message Batch

<sqs:delete-message-batch>

指定されたキューから最大 10 個のメッセージを削除します。これは、DeleteMessage のバッチバージョンです。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Entries (エントリ)

削除するメッセージの受信ハンドルのリスト。

x

Queue Url (キュー URL)

String (文字列)

バッチとしてメッセージを削除するキューの URL。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式。この式の結果が対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

Batch Result

Attributes Type (属性型)

次の設定の場合

スロー

  • SQS:​RETRY_EXHAUSTED​

  • SQS:CONNECTIVITY

Delete Queue

<sqs:delete-queue>

このオブジェクトで表されるメッセージキューを削除します。空でないキューを削除します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Queue Url (キュー URL)

String (文字列)

削除するキューの URL。

x

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式。この式の結果が対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

String (文字列)

次の設定の場合

スロー

  • SQS:​RETRY_EXHAUSTED​

  • SQS:CONNECTIVITY

Get Approximate Number Of Messages

<sqs:get-approximate-number-of-messages>

表示されるキューのメッセージのおおよその数を取得します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Queue Url (キュー URL)

String (文字列)

キューの URL。

x

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式。この式の結果が対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

Number (数値)

Attributes Type (属性型)

次の設定の場合

スロー

  • SQS:​RETRY_EXHAUSTED​

  • SQS:CONNECTIVITY

Get Queue Attributes

<sqs:get-queue-attributes>

キュー属性を取得します。これは、基盤となる機能を公開するために提供されます。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Attribute Names (属性名)

Array of String (文字列の配列)

情報を取得する属性のリスト。

Queue Url (キュー URL)

String (文字列)

アクションを実行する Amazon SQS キューの URL。

x

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式。この式の結果が対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

Object (オブジェクト)

Attributes Type (属性型)

次の設定の場合

スロー

  • SQS:​RETRY_EXHAUSTED​

  • SQS:CONNECTIVITY

Get Queue URL

<sqs:get-queue-url>

既存のキューの URL を返します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Queue Name (キュー名)

String (文字列)

URL をフェッチする必要があるキューの名前。

x

Queue Owner AWS Account Id (キューのオーナーの AWS アカウント ID)

String (文字列)

キューを作成したオーナーの AWS アカウント ID。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式。この式の結果が対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

String (文字列)

Attributes Type (属性型)

====次の設定の場合 * デフォルト設定

スロー

  • SQS:​RETRY_EXHAUSTED​

  • SQS:CONNECTIVITY

List Dead Letter Source Queues

<sqs:list-dead-letter-source-queues>

デッドレターキューで RedrivePolicy キュー属性が設定されているキューのリストを返します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Queue Url (キュー URL)

String (文字列)

デッドレターキューのキュー URL。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が格納される変数の名前

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

 ​

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

Array of String (文字列の配列)

Attributes Type (属性型)

次の設定の場合

スロー

  • SQS:​RETRY_EXHAUSTED​

  • SQS:CONNECTIVITY

List Queues

<sqs:list-queues>

キューのリストを返します。返すことができるキューの最大数は 1000 です。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Queue Name Prefix (キュー名のプレフィックス)

String (文字列)

リスト結果の絞り込みに使用する文字列。指定された文字列で始まる名前のキューのみが返されます。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式。この式の結果が対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

Array of String (文字列の配列)

Attributes Type (属性型)

次の設定の場合

スロー

  • SQS:​RETRY_EXHAUSTED​

  • SQS:CONNECTIVITY

Purge Queue

<sqs:purge-queue>

キュー URL で指定されるキューのメッセージを削除します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Queue Url (キュー URL)

String (文字列)

メッセージをフェッチするキュー URL。

x

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式。この式の結果が対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

String (文字列)

次の設定の場合

スロー

  • SQS:​RETRY_EXHAUSTED​

  • SQS:CONNECTIVITY

Read

<sqs:read>

キューからメッセージの数を読み込みます。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Queue Url (キュー URL)

String (文字列)

キュー URL。

x

Max Number Of Messages (最大メッセージ数)

Number (数値)

読み込むメッセージの最大数。

x

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式。この式の結果が対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

Message (メッセージ)​ の配列

Attributes Type (属性型)

次の設定の場合

スロー

  • SQS:​RETRY_EXHAUSTED​

  • SQS:CONNECTIVITY

Remove Permission

<sqs:remove-permission>

このメッセージキューから権限を削除します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Label (表示ラベル)

String (文字列)

削除する権限の名前。

x

Queue Url (キュー URL)

String (文字列)

権限は、この URL で表されるキューから削除されます。

x

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式。この式の結果が対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

String (文字列)

次の設定の場合

スロー

  • SQS:​RETRY_EXHAUSTED​

  • SQS:CONNECTIVITY

Send Message

<sqs:send-message>

指定されたキューにメッセージを送信します。メッセージは 1 ~ 256 KB にする必要があります。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Message (メッセージ)

送信するメッセージ。

#[payload]

Queue Url (キュー URL)

String (文字列)

メッセージを送信するキュー。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式。この式の結果が対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • SQS:​RETRY_EXHAUSTED​

  • SQS:CONNECTIVITY

Send Message Batch

<sqs:send-message-batch>

最大 10 個のメッセージを指定されたキューに配信します。これは、SendMessage のバッチバージョンです。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Messages

SendMessageBatchRequestEntry 項目のリスト。

#[payload]

Queue Url (キュー URL)

String (文字列)

メッセージを送信するキュー。

x

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式。この式の結果が対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

Batch Result

Attributes Type (属性型)

次の設定の場合

スロー

  • SQS:​RETRY_EXHAUSTED​

  • SQS:CONNECTIVITY

Set Queue Attributes

<sqs:set-queue-attributes>

1 つ以上のキュー属性の値を設定します。キューの属性を変更した場合、大部分の属性の変更が SQS システム全体に伝播されるのに最大 60 秒かかります。MessageRetentionPeriod 属性への変更には、最大 15 分かかります。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

属性

Object (オブジェクト)

設定する属性のマップ。

#[payload]

Queue Url (キュー URL)

String (文字列)

キューの URL。

x

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式。この式の結果が対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

String (文字列)

次の設定の場合

スロー

  • SQS:​RETRY_EXHAUSTED​

  • SQS:CONNECTIVITY

ソース

  • Receive Messages

Receive messages

<sqs:receivemessages>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Visibility Timeout (表示タイムアウト)

Number (数値)

30

Preserve Messages (メッセージを保持)

Boolean (ブール)

false

Number Of Messages (メッセージ数)

Number (数値)

1

Queue Url (キュー URL)

String (文字列)

Primary Node Only (プライマリノードのみ)

Boolean (ブール)

クラスタ内でこのソースをプライマリノード上でのみ実行する必要があるかどうか。

Redelivery Policy (再配信ポリシー)

同じメッセージの再配信を処理するためのポリシーを定義します。

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

String (文字列)

Attributes Type (属性型)

String (文字列)

次の設定の場合

TLS

項目 説明 デフォルト値 必須

Enabled Protocols (有効化されたプロトコル)

String (文字列)

このコンテキストで有効化されたプロトコルのカンマ区切りリスト。

Enabled Cipher Suites (有効化された暗号化スイート)

String (文字列)

このコンテキストで有効化された暗号化スイートのカンマ区切りリスト。

Trust Store (信頼ストア)

サーバの場合、トラストストアには信頼済みのクライアントの証明書が格納されています。クライアントの場合、トラストストアには信頼済みサーバの証明書が格納されています。

Key Store (キーストア)

サーバの場合、キーストアにはサーバの非公開キーと公開キーが格納されています。クライアントの場合、キーストアにはクライアントの非公開キーと公開キーが格納されています。

Revocation Check (取り消し確認)

証明書が失効したことを検証します。

信頼ストア

項目 説明 デフォルト値 必須

Path (パス)

String (文字列)

トラストストアの場所。このパスは、可能であれば、現在のクラスパスとファイルシステムに対して解決されます。

Password (パスワード)

String (文字列)

トラストストアを保護するために使用するパスワード。

String (文字列)

使用するストアの型。

Algorithm (アルゴリズム)

String (文字列)

トラストストアで使用するアルゴリズム。

Insecure (安全ではない)

Boolean (ブール)

true​ の場合、証明書の検証が行われず、攻撃に対して接続が脆弱になります。各自の責任で使用してください。

Key Store (キーストア)

項目 説明 デフォルト値 必須

Path (パス)

String (文字列)

キーストアの場所。このパスは、可能であれば、現在のクラスパスとファイルシステムに対して解決されます。

String (文字列)

使用するストアの型。

Alias (別名)

String (文字列)

キーストアに複数の非公開キーが格納されている場合に使用するキーの別名。定義しない場合、ファイルにある最初のキーがデフォルトで使用されます。

Key Password (キーパスワード)

String (文字列)

非公開キーを保護するために使用するパスワード。

Password (パスワード)

String (文字列)

キーストアを保護するために使用するパスワード。

Algorithm (アルゴリズム)

String (文字列)

キーストアで使用するアルゴリズム。

Standard Revocation Check (標準の取り消し確認)

項目 説明 デフォルト値 必須

Only End Entities (最後のエンティティのみ)

Boolean (ブール)

証明書チェーンの最後の要素のみを確認します。

Prefer Crls (CRL を優先)

Boolean (ブール)

最初に OCSP ではなく CRL を試みます。

No Fallback (代替なし)

Boolean (ブール)

第 2 の確認方法 ([Prefer Crls (CRL を優先)] 項目で指定されていない方法) を使用しません。

Soft Fail (ソフトフェイル)

Boolean (ブール)

取り消しサーバに到達できない場合や取り消しサーバが混雑している場合に検証エラーを回避します。

Custom OCSP Responder (カスタム OCSP レスポンダ)

項目 説明 デフォルト値 必須

Url

String (文字列)

OCSP レスポンダの URL。

Cert Alias (証明書の別名)

String (文字列)

OCSP 応答の署名証明書の別名 (存在する場合)。この別名がトラストストア内にある必要があります。

CRL File (CRL ファイル)

項目 説明 デフォルト値 必須

Path (パス)

String (文字列)

CRL ファイルへのパス。

Reconnection (再接続)

項目 説明 デフォルト値 必須

Fails Deployment (デプロイに失敗)

Boolean (ブール)

アプリケーションがデプロイされると、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true​ に設定されている場合、関連する再接続戦略をすべて実行した後にテストに合格しないと、デプロイが失敗します。

Reconnection Strategy (再接続戦略)

使用する再接続戦略。

Reconnect (再接続)

項目 説明 デフォルト値 必須

Frequency (頻度)

Number (数値)

再接続する頻度 (ミリ秒)。

Count (数)

Number (数値)

再接続の試行回数。

blocking (ブロック)

Boolean (ブール)

false の場合、再接続戦略が個別の非ブロックスレッドで実行されます。

true

Reconnect Forever (繰り返し再接続)

項目 説明 デフォルト値 必須

Frequency (頻度)

Number (数値)

再接続する頻度 (ミリ秒)。

blocking (ブロック)

Boolean (ブール)

false の場合、再接続戦略が個別の非ブロックスレッドで実行されます。

true

Expiration Policy (有効期限ポリシー)

項目 説明 デフォルト値 必須

Max Idle Time (最大アイドル時間)

Number (数値)

有効期限の対象とみなされるまで、動的設定インスタンスがアイドル状態を維持できる最大時間のスカラー時間値。

Time Unit (時間単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • DAYS (日)

  • HOURS (時間)

  • MICROSECONDS (マイクロ秒)

  • MILLISECONDS (ミリ秒)

  • MINUTES (分)

  • NANOSECONDS (ナノ秒)

  • SECONDS (秒)

maxIdleTime 属性の時間単位

Redelivery Policy (再配信ポリシー)

項目 説明 デフォルト値 必須

Max Redelivery Count (最大再配信数)

Number (数値)

正常に処理されずにプロセス失敗メッセージがトリガされるまでにメッセージを再配信できる最大回数。

Use Secure Hash (セキュアハッシュを使用)

Boolean (ブール)

再配信されたメッセージの識別にセキュアハッシュアルゴリズムを使用するかどうか。

Message Digest Algorithm (メッセージダイジェストアルゴリズム)

String (文字列)

使用するセキュアハッシュアルゴリズム。設定しない場合、デフォルトの SHA-256 になります。

Id Expression (ID 式)

String (文字列)

メッセージがいつ再配信されたのかを判断するために使用する 1 つ以上の式を定義します。このプロパティは、useSecureHash が false の場合にのみ設定できます。

Object Store (オブジェクトストア)

Object Store (オブジェクトストア)

各メッセージの再配信カウンタが保存されるオブジェクトストア。

Batch Result

項目 説明 デフォルト値 必須

Failed (失敗)

[Batch Result Error Entry (バッチ結果エラーエントリ)] の項目のリスト。

Successful (成功)

Array of String (文字列の配列)

​[Change Message Visibility Batch Request Entry (メッセージ表示のバッチ変更要求エントリ)]​ の項目のリスト。

Batch Result Error Entry (バッチ結果エラーエントリ)

項目 説明 デフォルト値 必須

コード

String (文字列)

このエントリでアクションが失敗した理由を表すエラーコード。

Id

String (文字列)

バッチ要求のエントリの ID。

Message (メッセージ)

String (文字列)

このエントリでアクションが失敗した理由を説明するメッセージ。

Sender Fault (送信者エラー)

Boolean (ブール)

プロデューサが原因でエラーが発生したかどうかを示します。

Request ID Attribute (要求 ID 属性)

項目 説明 デフォルト値 必須

Request Id (要求 ID)

String (文字列)

Change Message Visibility Batch Request Entry (メッセージ表示のバッチ変更要求エントリ)

項目 説明 デフォルト値 必須

Id

String (文字列)

受信ハンドルの ID。この ID は、この要求の結果を伝えるために使用されます。

Receipt Handle (受信ハンドル)

String (文字列)

このエントリの受信ハンドル。

Visibility Timeout (表示タイムアウト)

Number (数値)

メッセージの表示タイムアウトの新しい値 (秒)。

Delete Message Batch Request Entry (メッセージのバッチ削除要求エントリ)

項目 説明 デフォルト値 必須

Id

String (文字列)

受信ハンドルの ID。この ID は、この要求の結果を伝えるために使用されます。

Receipt Handle (受信ハンドル)

String (文字列)

このエントリの受信ハンドル。

Message (メッセージ)

項目 説明 デフォルト値 必須

Body (本文)

String (文字列)

送信するメッセージ本文。

Delay Seconds (遅延 (秒))

Number (数値)

特定のメッセージを遅延する秒数。有効な値は 0 ~ 900 です。

Group Id (グループ ID)

String (文字列)

このメッセージが属するう FIFO キューのグループ。

Id

String (文字列)

Message Attributes (メッセージ属性)

Object (オブジェクト)

メッセージ属性として送信する型付けされたキー-値ペアのマップ。各エントリの値、キー、およびデータ型を指定する必要があります。

Receipt Handle (受信ハンドル)

String (文字列)

このエントリの受信ハンドル。

Send Message Result (メッセージの送信結果)

項目 説明 デフォルト値 必須

MD5 Of Message Attributes (メッセージ属性の MD5)

String (文字列)

URL エンコードされていないメッセージ属性文字列の MD5 ダイジェスト。このダイジェストを使用して、Amazon SQS がメッセージを適切に受信したことを確認できます。Amazon SQS は、MD5 ダイジェストを作成する前にメッセージ URL をデコードします。MD5 についての詳細は、​「RFC 1321 - The MD5 Message-Digest Algorithm (RFC 1321 - MD5 メッセージ-ダイジェストアルゴリズム)」​を参照してください。.

MD5 Of Message Body (メッセージ本文の MD5)

String (文字列)

URL エンコードされていないメッセージ本文文字列の MD5 ダイジェスト。このダイジェストを使用して、Amazon SQS がメッセージを適切に受信したことを確認できます。Amazon SQS は、MD5 ダイジェストを作成する前にメッセージ URL をデコードします。

Message Id (メッセージ ID)

String (文字列)

キューに送信されたメッセージのメッセージ ID を含む要素。詳細は、​「Amazon SQS キューとメッセージの識別子」​を参照してください。.

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!