データベースコネクタドキュメントリファレンス

JDBC API を介してリレーショナルデータベースに接続するためのコネクタ

設定


設定

デフォルト設定

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Name (名前)

String (文字列)

この設定の名前。コネクタはこの名前の設定を参照します。

x 

Connection (接続)

この設定に指定できる接続型。

x 

Expiration Policy (有効期限ポリシー)

動的設定インスタンスがアイドル状態になってからランタイムで失効の対象とみなされるまでの最短時間を設定します。これは、対象になった瞬間にプラットフォームでインスタンスの有効期限が切れるという意味ではありません。ランタイムによって適切と判断されたときに、インスタンスが実際にパージされます。

 

接続種別

データソース参照接続

参照先の DataSource から DB 接続を作成する ConnectionProvider 実装

パラメータ
名前 説明 デフォルト値 必須

Pooling Profile (プーリングプロファイル)

データベース接続プーリングの設定方法を提供します。

 

Column Types (列の型)

Array of Column Type (列の型) (ColumnTypeの配列)

標準以外の列の型を指定します。

 

Data Source Ref (データソース参照)

Any (任意)

JDBC DataSource オブジェクトへの参照。通常、このオブジェクトは Spring を使用して作成されます。XA トランザクションを使用する場合、XADataSource オブジェクトを指定する必要があります。

x 

Reconnection (再接続)

アプリケーションがデプロイされると、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true に設定されていると、関連付けられた再接続戦略を使い果たした後にテストに合格できなかった場合、デプロイに失敗します。

 

Derby 接続

Derby データベースへの接続を作成します。

パラメータ
名前 説明 デフォルト値 必須

Pooling Profile (プーリングプロファイル)

データベース接続プーリングの設定方法を提供します。

 

Column Types (列の型)

Array of Column Type (列の型) (ColumnTypeの配列)

標準以外の列の型を指定します。

 

Transaction Isolation (トランザクション分離)

Enumeration (列挙)、次のいずれかになります。

  • NONE (なし)

  • READ_COMMITTED (読み取りコミット)

  • READ_UNCOMMITTED (読み取りコミット解除)

  • REPEATABLE_READ (反復可能読み取り)

  • SERIALIZABLE (シリアル化可能)

  • NOT_CONFIGURED (未設定)

データベースの接続時にドライバに対して設定するトランザクション分離レベル。

NOT_CONFIGURED (未設定)

 

Use XA Transactions (XA トランザクションを使用)

Boolean (ブール)

作成したデータソースで XA トランザクションをサポートする必要があるかどうかを示します。デフォルト値は false です。

false

 

Database (データベース)

String (文字列)

データベースの名前。

 

Subsub Protocol (Subsub プロトコル)

String (文字列)

Derby で使用する SubsubProtocol の種別を指定します。使用可能なオプションは「directory」、「memory」、「classpath」、「jar」です。

directory

 

Create (作成)

Boolean (ブール)

データベースが存在しない場合にデータベースを作成する必要があるかどうかを示します。

false

 

Connection Properties (接続プロパティ)

Object (オブジェクト)

設定のカスタムキー - 値 connectionProperties のリストを指定します。

 

Reconnection (再接続)

アプリケーションがデプロイされると、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true に設定されていると、関連付けられた再接続戦略を使い果たした後にテストに合格できなかった場合、デプロイに失敗します。

 

汎用接続

JDBC URL と必須の JDBC ドライバクラスを使用して任意の種類のデータベースの接続を作成する ConnectionProvider

パラメータ
名前 説明 デフォルト値 必須

Pooling Profile (プーリングプロファイル)

データベース接続プーリングの設定方法を提供します。

 

Column Types (列の型)

Array of Column Type (列の型) (ColumnTypeの配列)

標準以外の列の型を指定します。

 

Transaction Isolation (トランザクション分離)

Enumeration (列挙)、次のいずれかになります。

  • NONE (なし)

  • READ_COMMITTED (読み取りコミット)

  • READ_UNCOMMITTED (読み取りコミット解除)

  • REPEATABLE_READ (反復可能読み取り)

  • SERIALIZABLE (シリアル化可能)

  • NOT_CONFIGURED (未設定)

データベースの接続時にドライバに対して設定するトランザクション分離レベル。

NOT_CONFIGURED (未設定)

 

Use XA Transactions (XA トランザクションを使用)

Boolean (ブール)

作成したデータソースで XA トランザクションをサポートする必要があるかどうかを示します。デフォルト値は false です。

false

 

URL (URL)

String (文字列)

データベースへの接続に使用する JDBC URL。

x 

Driver Class Name (ドライバクラス名)

String (文字列)

データベースドライバクラスの完全修飾名。

x 

Reconnection (再接続)

アプリケーションがデプロイされると、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true に設定されていると、関連付けられた再接続戦略を使い果たした後にテストに合格できなかった場合、デプロイに失敗します。

 

Microsoft SQL Server 接続

Microsoft SQL Server データベース用の DbConnectionProvider 実装

パラメータ
名前 説明 デフォルト値 必須

Pooling Profile (プーリングプロファイル)

データベース接続プーリングの設定方法を提供します。

 

Column Types (列の型)

Array of Column Type (列の型) (ColumnTypeの配列)

標準以外の列の型を指定します。

 

Transaction Isolation (トランザクション分離)

Enumeration (列挙)、次のいずれかになります。

  • NONE (なし)

  • READ_COMMITTED (読み取りコミット)

  • READ_UNCOMMITTED (読み取りコミット解除)

  • REPEATABLE_READ (反復可能読み取り)

  • SERIALIZABLE (シリアル化可能)

  • NOT_CONFIGURED (未設定)

データベースの接続時にドライバに対して設定するトランザクション分離レベル。

NOT_CONFIGURED (未設定)

 

Use XA Transactions (XA トランザクションを使用)

Boolean (ブール)

作成したデータソースで XA トランザクションをサポートする必要があるかどうかを示します。デフォルト値は false です。

false

 

Host (ホスト)

String (文字列)

データベースのホストを設定します。

x 

Port (ポート)

Number (数値)

データベースのポートを設定します。

1433

 

User (ユーザ)

String (文字列)

データベースへの認証で使用するユーザ。

 

Password (パスワード)

String (文字列)

データベースへの認証で使用するパスワード。

 

Database Name (データベース名)

String (文字列)

使用するデフォルトデータベースの名前。

 

Connection Properties (接続プロパティ)

Object (オブジェクト)

設定のカスタムキー - 値 connectionProperties のリストを指定します。

 

Reconnection (再接続)

アプリケーションがデプロイされると、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true に設定されていると、関連付けられた再接続戦略を使い果たした後にテストに合格できなかった場合、デプロイに失敗します。

 

MySQL 接続

MySQL データベースへの接続を作成します。

パラメータ
名前 説明 デフォルト値 必須

Pooling Profile (プーリングプロファイル)

データベース接続プーリングの設定方法を提供します。

 

Column Types (列の型)

Array of Column Type (列の型) (ColumnTypeの配列)

標準以外の列の型を指定します。

 

Transaction Isolation (トランザクション分離)

Enumeration (列挙)、次のいずれかになります。

  • NONE (なし)

  • READ_COMMITTED (読み取りコミット)

  • READ_UNCOMMITTED (読み取りコミット解除)

  • REPEATABLE_READ (反復可能読み取り)

  • SERIALIZABLE (シリアル化可能)

  • NOT_CONFIGURED (未設定)

データベースの接続時にドライバに対して設定するトランザクション分離レベル。

NOT_CONFIGURED (未設定)

 

Use XA Transactions (XA トランザクションを使用)

Boolean (ブール)

作成したデータソースで XA トランザクションをサポートする必要があるかどうかを示します。デフォルト値は false です。

false

 

Host (ホスト)

String (文字列)

データベースのホストを設定します。

x 

Port (ポート)

Number (数値)

データベースのポートを設定します。

x 

User (ユーザ)

String (文字列)

データベースへの認証で使用するユーザ。

 

Password (パスワード)

String (文字列)

データベースへの認証で使用するパスワード。

 

Database (データベース)

String (文字列)

データベースの名前。

 

Connection Properties (接続プロパティ)

Object (オブジェクト)

設定のカスタムキー - 値 connectionProperties のリストを指定します。

 

Reconnection (再接続)

アプリケーションがデプロイされると、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true に設定されていると、関連付けられた再接続戦略を使い果たした後にテストに合格できなかった場合、デプロイに失敗します。

 

Oracle 接続

Oracle データベースへの接続を作成します。

パラメータ
名前 説明 デフォルト値 必須

Pooling Profile (プーリングプロファイル)

データベース接続プーリングの設定方法を提供します。

 

Column Types (列の型)

Array of Column Type (列の型) (ColumnTypeの配列)

標準以外の列の型を指定します。

 

Transaction Isolation (トランザクション分離)

Enumeration (列挙)、次のいずれかになります。

  • NONE (なし)

  • READ_COMMITTED (読み取りコミット)

  • READ_UNCOMMITTED (読み取りコミット解除)

  • REPEATABLE_READ (反復可能読み取り)

  • SERIALIZABLE (シリアル化可能)

  • NOT_CONFIGURED (未設定)

データベースの接続時にドライバに対して設定するトランザクション分離レベル。

NOT_CONFIGURED (未設定)

 

Use XA Transactions (XA トランザクションを使用)

Boolean (ブール)

作成したデータソースで XA トランザクションをサポートする必要があるかどうかを示します。デフォルト値は false です。

false

 

Host (ホスト)

String (文字列)

データベースのホストを設定します。

x 

Port (ポート)

Number (数値)

データベースのポートを設定します。

1521

 

User (ユーザ)

String (文字列)

データベースへの認証で使用するユーザ。

 

Password (パスワード)

String (文字列)

データベースへの認証で使用するパスワード。

 

Instance (インスタンス)

String (文字列)

データベースインスタンスの名前。

 

Reconnection (再接続)

アプリケーションがデプロイされると、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true に設定されていると、関連付けられた再接続戦略を使い果たした後にテストに合格できなかった場合、デプロイに失敗します。

 

関連付けられたソース

操作

Bulk Delete

<db:bulk-delete>

1 つの削除ステートメントを、異なるパラメータバインドを使用して何度も実行できます。これは 1 つのデータベースステートメントを使用して実行されます。このデータベースステートメントには、1 つの削除操作を何度も実行する場合と比較してパフォーマンス上の利点があります。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x 

Input Parameters (入力パラメータ)

Array of Object (オブジェクトの配列)

マップのリスト。各リスト項目が、挿入される行を表します。マップには、パラメータのバインド先のキーおよび値としてパラメータ名が含まれます。

#[payload]

 

Transactional Action (トランザクションアクション)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • ALWAYS_JOIN

  • JOIN_IF_POSSIBLE

  • NOT_SUPPORTED

操作で実行できる、トランザクションに関する結合アクションの種別。

JOIN_IF_POSSIBLE

 

Query Timeout (クエリタイムアウト)

Number (数値)

JDBC ドライバが実行中のステートメントをキャンセルしようとするまでの最短時間を指定します。デフォルトではタイムアウトは使用されません。

0

 

Query Timeout Unit (クエリタイムアウト単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • NANOSECONDS (ナノ秒)

  • MICROSECONDS (マイクロ秒)

  • MILLISECONDS (ミリ秒)

  • SECONDS (秒)

  • MINUTES (分)

  • HOURS (時)

  • DAYS (日)

#queryTimeout を評価する TimeUnit。

SECONDS (秒)

 

Fetch Size (フェッチサイズ)

Number (数値)

行が resultSet から読み取られるときにデータベースからフェッチする行数を指定します。ストリーミングが true の場合、このプロパティは必須です。その場合、デフォルト値 (10) が使用されます。

 

Max Rows (最大行数)

Number (数値)

このメッセージプロセッサで生成される ResultSet オブジェクトに含めることができる最大行数の制限を設定します。この制限を超えると、超過行は自動的に削除されます。

 

SQL Query Text (SQL クエリテキスト)

String (文字列)

実行する SQL クエリのテキスト。

 

Parameter Types (パラメータの型)

Array of Parameter Type (パラメータ種別) (ParameterTypeの配列)

必要に応じて、1 つまたは複数のパラメータの種別をクエリ内で指定できます。指定した場合、すべてのパラメータを参照しなくてもよくなりますが、入力値に含まれないパラメータは参照できません。

 

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が格納される変数の名前。

 

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式で、その式の結果は対象変数に保存されます。+

#[payload]

 

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略

 

出力

Array of Number (数値の配列)

設定

スロー

  • DB:QUERY_EXECUTION  

  • DB:CONNECTIVITY  

  • DB:RETRY_EXHAUSTED  

  • DB:BAD_SQL_SYNTAX  

Bulk Insert

<db:bulk-insert>

1 つの挿入ステートメントを、異なるパラメータバインドを使用して何度も実行できます。これは 1 つのデータベースステートメントを使用して実行されます。このデータベースステートメントには、1 つの更新操作を何度も実行する場合と比較してパフォーマンス上の利点があります。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x 

Input Parameters (入力パラメータ)

Array of Object (オブジェクトの配列)

マップのリスト。各リスト項目が、挿入される行を表します。マップには、パラメータのバインド先のキーおよび値としてパラメータ名が含まれます。

#[payload]

 

Transactional Action (トランザクションアクション)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • ALWAYS_JOIN

  • JOIN_IF_POSSIBLE

  • NOT_SUPPORTED

操作で実行できる、トランザクションに関する結合アクションの種別。

JOIN_IF_POSSIBLE

 

Query Timeout (クエリタイムアウト)

Number (数値)

JDBC ドライバが実行中のステートメントをキャンセルしようとするまでの最短時間を指定します。デフォルトではタイムアウトは使用されません。

0

 

Query Timeout Unit (クエリタイムアウト単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • NANOSECONDS (ナノ秒)

  • MICROSECONDS (マイクロ秒)

  • MILLISECONDS (ミリ秒)

  • SECONDS (秒)

  • MINUTES (分)

  • HOURS (時)

  • DAYS (日)

#queryTimeout を評価する TimeUnit。

SECONDS (秒)

 

Fetch Size (フェッチサイズ)

Number (数値)

行が resultSet から読み取られるときにデータベースからフェッチする行数を指定します。ストリーミングが true の場合、このプロパティは必須です。その場合、デフォルト値 (10) が使用されます。

 

Max Rows (最大行数)

Number (数値)

このメッセージプロセッサで生成される ResultSet オブジェクトに含めることができる最大行数の制限を設定します。この制限を超えると、超過行は自動的に削除されます。

 

SQL Query Text (SQL クエリテキスト)

String (文字列)

実行する SQL クエリのテキスト。

 

Parameter Types (パラメータの型)

Array of Parameter Type (パラメータ種別) (ParameterTypeの配列)

必要に応じて、1 つまたは複数のパラメータの種別をクエリ内で指定できます。指定した場合、すべてのパラメータを参照しなくてもよくなりますが、入力値に含まれないパラメータは参照できません。

 

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が格納される変数の名前。

 

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式で、その式の結果は対象変数に保存されます。+

#[payload]

 

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略

 

出力

Array of Number (数値の配列)

設定

スロー

  • DB:QUERY_EXECUTION  

  • DB:CONNECTIVITY  

  • DB:RETRY_EXHAUSTED  

  • DB:BAD_SQL_SYNTAX  

Bulk Update

<db:bulk-update>

1 つの更新ステートメントを、異なるパラメータバインドを使用して何度も実行できます。これは 1 つのデータベースステートメントを使用して実行されます。このデータベースステートメントには、1 つの更新操作を何度も実行する場合と比較してパフォーマンス上の利点があります。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x 

Input Parameters (入力パラメータ)

Array of Object (オブジェクトの配列)

マップのリスト。各リスト項目が、挿入される行を表します。マップには、パラメータのバインド先のキーおよび値としてパラメータ名が含まれます。

#[payload]

 

Transactional Action (トランザクションアクション)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • ALWAYS_JOIN

  • JOIN_IF_POSSIBLE

  • NOT_SUPPORTED

操作で実行できる、トランザクションに関する結合アクションの種別。

JOIN_IF_POSSIBLE

 

Query Timeout (クエリタイムアウト)

Number (数値)

JDBC ドライバが実行中のステートメントをキャンセルしようとするまでの最短時間を指定します。デフォルトではタイムアウトは使用されません。

0

 

Query Timeout Unit (クエリタイムアウト単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • NANOSECONDS (ナノ秒)

  • MICROSECONDS (マイクロ秒)

  • MILLISECONDS (ミリ秒)

  • SECONDS (秒)

  • MINUTES (分)

  • HOURS (時)

  • DAYS (日)

#queryTimeout を評価する TimeUnit。

SECONDS (秒)

 

Fetch Size (フェッチサイズ)

Number (数値)

行が resultSet から読み取られるときにデータベースからフェッチする行数を指定します。ストリーミングが true の場合、このプロパティは必須です。その場合、デフォルト値 (10) が使用されます。

 

Max Rows (最大行数)

Number (数値)

このメッセージプロセッサで生成される ResultSet オブジェクトに含めることができる最大行数の制限を設定します。この制限を超えると、超過行は自動的に削除されます。

 

SQL Query Text (SQL クエリテキスト)

String (文字列)

実行する SQL クエリのテキスト。

 

Parameter Types (パラメータの型)

Array of Parameter Type (パラメータ種別) (ParameterTypeの配列)

必要に応じて、1 つまたは複数のパラメータの種別をクエリ内で指定できます。指定した場合、すべてのパラメータを参照しなくてもよくなりますが、入力値に含まれないパラメータは参照できません。

 

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が格納される変数の名前。

 

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式で、その式の結果は対象変数に保存されます。+

#[payload]

 

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略

 

出力

Array of Number (数値の配列)

設定

スロー

  • DB:QUERY_EXECUTION  

  • DB:CONNECTIVITY  

  • DB:RETRY_EXHAUSTED  

  • DB:BAD_SQL_SYNTAX  

Delete

<db:delete>

データベースのデータを削除します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x 

Transactional Action (トランザクションアクション)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • ALWAYS_JOIN

  • JOIN_IF_POSSIBLE

  • NOT_SUPPORTED

操作で実行できる、トランザクションに関する結合アクションの種別。

JOIN_IF_POSSIBLE

 

Query Timeout (クエリタイムアウト)

Number (数値)

JDBC ドライバが実行中のステートメントをキャンセルしようとするまでの最短時間を指定します。デフォルトではタイムアウトは使用されません。

0

 

Query Timeout Unit (クエリタイムアウト単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • NANOSECONDS (ナノ秒)

  • MICROSECONDS (マイクロ秒)

  • MILLISECONDS (ミリ秒)

  • SECONDS (秒)

  • MINUTES (分)

  • HOURS (時)

  • DAYS (日)

#queryTimeout を評価する TimeUnit。

SECONDS (秒)

 

Fetch Size (フェッチサイズ)

Number (数値)

行が resultSet から読み取られるときにデータベースからフェッチする行数を指定します。ストリーミングが true の場合、このプロパティは必須です。その場合、デフォルト値 (10) が使用されます。

 

Max Rows (最大行数)

Number (数値)

このメッセージプロセッサで生成される ResultSet オブジェクトに含めることができる最大行数の制限を設定します。この制限を超えると、超過行は自動的に削除されます。

 

SQL Query Text (SQL クエリテキスト)

String (文字列)

実行する SQL クエリのテキスト。

 

Parameter Types (パラメータの型)

Array of Parameter Type (パラメータ種別) (ParameterTypeの配列)

必要に応じて、1 つまたは複数のパラメータの種別をクエリ内で指定できます。指定した場合、すべてのパラメータを参照しなくてもよくなりますが、入力値に含まれないパラメータは参照できません。

 

Input Parameters (入力パラメータ)

Object (オブジェクト)

JDBC プリペアードステートメントに設定する入力パラメータの名前をキーとするマップ。SQL テキスト内でセミコロンプレフィックスを使用して各パラメータを参照する必要があります (例: where id = :myParamName)。

マップの値には、各パラメータの実際の割り当てが含まれます。

 

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が格納される変数の名前。

 

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式で、その式の結果は対象変数に保存されます。+

#[payload]

 

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略

 

出力

Number (数値)

設定

スロー

  • DB:QUERY_EXECUTION  

  • DB:CONNECTIVITY  

  • DB:RETRY_EXHAUSTED  

  • DB:BAD_SQL_SYNTAX  

Execute DDL

<db:execute-ddl>

データベースに対して DDL クエリを実行できます。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x 

SQL Query Text (SQL クエリテキスト)

String (文字列)

実行する SQL クエリのテキスト。

x 

Transactional Action (トランザクションアクション)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • ALWAYS_JOIN

  • JOIN_IF_POSSIBLE

  • NOT_SUPPORTED

操作で実行できる、トランザクションに関する結合アクションの種別。

JOIN_IF_POSSIBLE

 

Query Timeout (クエリタイムアウト)

Number (数値)

JDBC ドライバが実行中のステートメントをキャンセルしようとするまでの最短時間を指定します。デフォルトではタイムアウトは使用されません。

0

 

Query Timeout Unit (クエリタイムアウト単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • NANOSECONDS (ナノ秒)

  • MICROSECONDS (マイクロ秒)

  • MILLISECONDS (ミリ秒)

  • SECONDS (秒)

  • MINUTES (分)

  • HOURS (時)

  • DAYS (日)

#queryTimeout を評価する TimeUnit。

SECONDS (秒)

 

Fetch Size (フェッチサイズ)

Number (数値)

行が resultSet から読み取られるときにデータベースからフェッチする行数を指定します。ストリーミングが true の場合、このプロパティは必須です。その場合、デフォルト値 (10) が使用されます。

 

Max Rows (最大行数)

Number (数値)

このメッセージプロセッサで生成される ResultSet オブジェクトに含めることができる最大行数の制限を設定します。この制限を超えると、超過行は自動的に削除されます。

 

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が格納される変数の名前。

 

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式で、その式の結果は対象変数に保存されます。+

#[payload]

 

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略

 

出力

Number (数値)

設定

スロー

  • DB:QUERY_EXECUTION  

  • DB:CONNECTIVITY  

  • DB:RETRY_EXHAUSTED  

  • DB:BAD_SQL_SYNTAX  

Execute Script

<db:execute-script>

1 つのデータベースステートメントで SQL スクリプトを実行します。スクリプトはユーザから提供された場合、パラメータバインドなしで実行されます。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x 

Transactional Action (トランザクションアクション)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • ALWAYS_JOIN

  • JOIN_IF_POSSIBLE

  • NOT_SUPPORTED

操作で実行できる、トランザクションに関する結合アクションの種別。

JOIN_IF_POSSIBLE

 

SQL Query Text (SQL クエリテキスト)

String (文字列)

実行する SQL クエリのテキスト。

 

Script Path (スクリプトパス)

String (文字列)

読み込むファイルの場所。ファイルはクラスパスまたはディスク上のリソースを参照できます。

 

Query Timeout (クエリタイムアウト)

Number (数値)

JDBC ドライバが実行中のステートメントをキャンセルしようとするまでの最短時間を指定します。デフォルトではタイムアウトは使用されません。

0

 

Query Timeout Unit (クエリタイムアウト単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • NANOSECONDS (ナノ秒)

  • MICROSECONDS (マイクロ秒)

  • MILLISECONDS (ミリ秒)

  • SECONDS (秒)

  • MINUTES (分)

  • HOURS (時)

  • DAYS (日)

#queryTimeout を評価する TimeUnit。

SECONDS (秒)

 

Fetch Size (フェッチサイズ)

Number (数値)

行が resultSet から読み取られるときにデータベースからフェッチする行数を指定します。ストリーミングが true の場合、このプロパティは必須です。その場合、デフォルト値 (10) が使用されます。

 

Max Rows (最大行数)

Number (数値)

このメッセージプロセッサで生成される ResultSet オブジェクトに含めることができる最大行数の制限を設定します。この制限を超えると、超過行は自動的に削除されます。

 

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が格納される変数の名前。

 

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式で、その式の結果は対象変数に保存されます。+

#[payload]

 

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略

 

出力

Array of Number (数値の配列)

設定

スロー

  • DB:QUERY_EXECUTION  

  • DB:CONNECTIVITY  

  • DB:RETRY_EXHAUSTED  

  • DB:BAD_SQL_SYNTAX  

Insert

<db:insert>

データベースにデータを挿入します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x 

Transactional Action (トランザクションアクション)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • ALWAYS_JOIN

  • JOIN_IF_POSSIBLE

  • NOT_SUPPORTED

操作で実行できる、トランザクションに関する結合アクションの種別。

JOIN_IF_POSSIBLE

 

Query Timeout (クエリタイムアウト)

Number (数値)

JDBC ドライバが実行中のステートメントをキャンセルしようとするまでの最短時間を指定します。デフォルトではタイムアウトは使用されません。

0

 

Query Timeout Unit (クエリタイムアウト単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • NANOSECONDS (ナノ秒)

  • MICROSECONDS (マイクロ秒)

  • MILLISECONDS (ミリ秒)

  • SECONDS (秒)

  • MINUTES (分)

  • HOURS (時)

  • DAYS (日)

#queryTimeout を評価する TimeUnit。

SECONDS (秒)

 

Fetch Size (フェッチサイズ)

Number (数値)

行が resultSet から読み取られるときにデータベースからフェッチする行数を指定します。ストリーミングが true の場合、このプロパティは必須です。その場合、デフォルト値 (10) が使用されます。

 

Max Rows (最大行数)

Number (数値)

このメッセージプロセッサで生成される ResultSet オブジェクトに含めることができる最大行数の制限を設定します。この制限を超えると、超過行は自動的に削除されます。

 

SQL Query Text (SQL クエリテキスト)

String (文字列)

実行する SQL クエリのテキスト。

 

Parameter Types (パラメータの型)

Array of Parameter Type (パラメータ種別) (ParameterTypeの配列)

必要に応じて、1 つまたは複数のパラメータの種別をクエリ内で指定できます。指定した場合、すべてのパラメータを参照しなくてもよくなりますが、入力値に含まれないパラメータは参照できません。

 

Input Parameters (入力パラメータ)

Object (オブジェクト)

JDBC プリペアードステートメントに設定する入力パラメータの名前をキーとするマップ。SQL テキスト内でセミコロンプレフィックスを使用して各パラメータを参照する必要があります (例: where id = :myParamName)。

マップの値には、各パラメータの実際の割り当てが含まれます。

 

Auto Generate Keys (自動生成キー)

Boolean (ブール)

自動生成キーをいつ取得できるようにするかを示します。

false

 

Auto Generated Keys Column Indexes (自動生成キーの列インデックス)

Array of Number (数値の配列)

どの自動生成キーを取得できるようにするかを示す列インデックスのリスト。

 

Auto Generated Keys Column Names (自動生成キーの列名)

Array of String (文字列の配列)

どの自動生成キーを取得できるようにする必要があるかを示す列名のリスト。

 

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が格納される変数の名前。

 

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式で、その式の結果は対象変数に保存されます。+

#[payload]

 

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略

 

設定

スロー

  • DB:QUERY_EXECUTION  

  • DB:CONNECTIVITY  

  • DB:RETRY_EXHAUSTED  

  • DB:BAD_SQL_SYNTAX  

Select

<db:select>

データベースからデータを選択します。パフォーマンスやメモリの問題につながる可能性のある結果の先制消費を回避するため、ストリーミングが自動的に割り当てられます。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x 

Transactional Action (トランザクションアクション)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • ALWAYS_JOIN

  • JOIN_IF_POSSIBLE

  • NOT_SUPPORTED

操作で実行できる、トランザクションに関する結合アクションの種別。

JOIN_IF_POSSIBLE

 

Streaming Strategy (ストリーミング戦略)

反復可能ストリームを使用すべきかどうか、およびその動作を設定します。

 

Query Timeout (クエリタイムアウト)

Number (数値)

JDBC ドライバが実行中のステートメントをキャンセルしようとするまでの最短時間を指定します。デフォルトではタイムアウトは使用されません。

0

 

Query Timeout Unit (クエリタイムアウト単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • NANOSECONDS (ナノ秒)

  • MICROSECONDS (マイクロ秒)

  • MILLISECONDS (ミリ秒)

  • SECONDS (秒)

  • MINUTES (分)

  • HOURS (時)

  • DAYS (日)

#queryTimeout を評価する TimeUnit。

SECONDS (秒)

 

Fetch Size (フェッチサイズ)

Number (数値)

行が resultSet から読み取られるときにデータベースからフェッチする行数を指定します。ストリーミングが true の場合、このプロパティは必須です。その場合、デフォルト値 (10) が使用されます。

 

Max Rows (最大行数)

Number (数値)

このメッセージプロセッサで生成される ResultSet オブジェクトに含めることができる最大行数の制限を設定します。この制限を超えると、超過行は自動的に削除されます。

 

SQL Query Text (SQL クエリテキスト)

String (文字列)

実行する SQL クエリのテキスト。

 

Parameter Types (パラメータの型)

Array of Parameter Type (パラメータ種別) (ParameterTypeの配列)

必要に応じて、1 つまたは複数のパラメータの種別をクエリ内で指定できます。指定した場合、すべてのパラメータを参照しなくてもよくなりますが、入力値に含まれないパラメータは参照できません。

 

Input Parameters (入力パラメータ)

Object (オブジェクト)

JDBC プリペアードステートメントに設定する入力パラメータの名前をキーとするマップ。SQL テキスト内でセミコロンプレフィックスを使用して各パラメータを参照する必要があります (例: where id = :myParamName)。

マップの値には、各パラメータの実際の割り当てが含まれます。

 

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が格納される変数の名前。

 

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式で、その式の結果は対象変数に保存されます。+

#[payload]

 

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略

 

出力

Array of Object (オブジェクトの配列)

設定

スロー

  • DB:QUERY_EXECUTION  

  • DB:BAD_SQL_SYNTAX  

Stored Procedure

<db:stored-procedure>

データベースでストアドプロシージャを呼び出します。

ストアドプロシージャで 1 つまたは複数の ResultSet インスタンスが返される場合、パフォーマンスやメモリの問題につながる可能性のある結果の先制消費を回避するため、ストリーミングが自動的に割り当てられます。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x 

Transactional Action (トランザクションアクション)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • ALWAYS_JOIN

  • JOIN_IF_POSSIBLE

  • NOT_SUPPORTED

操作で実行できる、トランザクションに関する結合アクションの種別。

JOIN_IF_POSSIBLE

 

Query Timeout (クエリタイムアウト)

Number (数値)

JDBC ドライバが実行中のステートメントをキャンセルしようとするまでの最短時間を指定します。デフォルトではタイムアウトは使用されません。

0

 

Query Timeout Unit (クエリタイムアウト単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • NANOSECONDS (ナノ秒)

  • MICROSECONDS (マイクロ秒)

  • MILLISECONDS (ミリ秒)

  • SECONDS (秒)

  • MINUTES (分)

  • HOURS (時)

  • DAYS (日)

#queryTimeout を評価する TimeUnit。

SECONDS (秒)

 

Fetch Size (フェッチサイズ)

Number (数値)

行が resultSet から読み取られるときにデータベースからフェッチする行数を指定します。ストリーミングが true の場合、このプロパティは必須です。その場合、デフォルト値 (10) が使用されます。

 

Max Rows (最大行数)

Number (数値)

このメッセージプロセッサで生成される ResultSet オブジェクトに含めることができる最大行数の制限を設定します。この制限を超えると、超過行は自動的に削除されます。

 

SQL Query Text (SQL クエリテキスト)

String (文字列)

実行する SQL クエリのテキスト。

 

Parameter Types (パラメータの型)

Array of Parameter Type (パラメータ種別) (ParameterTypeの配列)

必要に応じて、1 つまたは複数のパラメータの種別をクエリ内で指定できます。指定した場合、すべてのパラメータを参照しなくてもよくなりますが、入力値に含まれないパラメータは参照できません。

 

Input Parameters (入力パラメータ)

Object (オブジェクト)

JDBC プリペアードステートメントに設定する入力パラメータの名前をキーとするマップ。SQL テキスト内でセミコロンプレフィックスを使用して各パラメータを参照する必要があります (例: where id = :myParamName)。

マップの値には、各パラメータの実際の割り当てが含まれます。

 

Input - Output Parameters (入力 - 出力パラメータ)

Object (オブジェクト)

JDBC プリペアードステートメントに設定する、入力と出力の両方のパラメータの名前をキーとするマップ。

SQL テキスト内でセミコロンプレフィックスを使用して各パラメータを参照する必要があります (例: where id = :myParamName)。

マップの値には、各パラメータの実際の割り当てが含まれます。

 

Output Parameters (出力パラメータ)

Array of Output Parameter (出力パラメータ) (OutputParameter の配列)

JDBC プリペアードステートメントに設定する出力パラメータのリスト。SQL テキスト内でセミコロンプレフィックスを使用して各パラメータを参照する必要があります (例: call multiply(:value, :result))。

 

Auto Generate Keys (自動生成キー)

Boolean (ブール)

自動生成キーをいつ取得できるようにするかを示します。

false

 

Auto Generated Keys Column Indexes (自動生成キーの列インデックス)

Array of Number (数値の配列)

どの自動生成キーを取得できるようにするかを示す列インデックスのリスト。

 

Auto Generated Keys Column Names (自動生成キーの列名)

Array of String (文字列の配列)

どの自動生成キーを取得できるようにする必要があるかを示す列名のリスト。

 

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が格納される変数の名前。

 

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式で、その式の結果は対象変数に保存されます。+

#[payload]

 

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略

 

出力

Type (型)

Object (オブジェクト)

設定

スロー

  • DB:QUERY_EXECUTION  

  • DB:CONNECTIVITY  

  • DB:RETRY_EXHAUSTED  

  • DB:BAD_SQL_SYNTAX  

Update

<db:update>

データベースのデータを更新します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x 

Transactional Action (トランザクションアクション)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • ALWAYS_JOIN

  • JOIN_IF_POSSIBLE

  • NOT_SUPPORTED

操作で実行できる、トランザクションに関する結合アクションの種別。

JOIN_IF_POSSIBLE

 

Query Timeout (クエリタイムアウト)

Number (数値)

JDBC ドライバが実行中のステートメントをキャンセルしようとするまでの最短時間を指定します。デフォルトではタイムアウトは使用されません。

0

 

Query Timeout Unit (クエリタイムアウト単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • NANOSECONDS (ナノ秒)

  • MICROSECONDS (マイクロ秒)

  • MILLISECONDS (ミリ秒)

  • SECONDS (秒)

  • MINUTES (分)

  • HOURS (時)

  • DAYS (日)

#queryTimeout を評価する TimeUnit。

SECONDS (秒)

 

Fetch Size (フェッチサイズ)

Number (数値)

行が resultSet から読み取られるときにデータベースからフェッチする行数を指定します。ストリーミングが true の場合、このプロパティは必須です。その場合、デフォルト値 (10) が使用されます。

 

Max Rows (最大行数)

Number (数値)

このメッセージプロセッサで生成される ResultSet オブジェクトに含めることができる最大行数の制限を設定します。この制限を超えると、超過行は自動的に削除されます。

 

SQL Query Text (SQL クエリテキスト)

String (文字列)

実行する SQL クエリのテキスト。

 

Parameter Types (パラメータの型)

Array of Parameter Type (パラメータ種別) (ParameterTypeの配列)

必要に応じて、1 つまたは複数のパラメータの種別をクエリ内で指定できます。指定した場合、すべてのパラメータを参照しなくてもよくなりますが、入力値に含まれないパラメータは参照できません。

 

Input Parameters (入力パラメータ)

Object (オブジェクト)

JDBC プリペアードステートメントに設定する入力パラメータの名前をキーとするマップ。SQL テキスト内でセミコロンプレフィックスを使用して各パラメータを参照する必要があります (例: where id = :myParamName)。

マップの値には、各パラメータの実際の割り当てが含まれます。

 

Auto Generate Keys (自動生成キー)

Boolean (ブール)

自動生成キーをいつ取得できるようにするかを示します。

false

 

Auto Generated Keys Column Indexes (自動生成キーの列インデックス)

Array of Number (数値の配列)

どの自動生成キーを取得できるようにするかを示す列インデックスのリスト。

 

Auto Generated Keys Column Names (自動生成キーの列名)

Array of String (文字列の配列)

どの自動生成キーを取得できるようにする必要があるかを示す列名のリスト。

 

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が格納される変数の名前。

 

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式で、その式の結果は対象変数に保存されます。+

#[payload]

 

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略

 

設定

スロー

  • DB:QUERY_EXECUTION  

  • DB:CONNECTIVITY  

  • DB:RETRY_EXHAUSTED  

  • DB:BAD_SQL_SYNTAX  

Sources (ソース)

リスナ

<db:listener>

一定間隔でテーブルから選択し、取得した行ごとに 1 つのメッセージを生成します。

必要に応じて、透かしおよび ID 列を提供できます。透かし列を提供した場合、その列から取得された値を使用して次のポーリングのコンテンツが絞り込まれるため、より大きな透かし値を持つ行のみが返されます。ID 列を提供した場合、このコンポーネントでは、同じ行が同時ポーリングによって 2 回選択されていないことが自動的に確認されます。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x 

Table (テーブル)

String (文字列)

選択元のテーブルの名前。

x 

Watermark Column (透かし列)

String (文字列)

透かしに使用する列の名前。

 

Id Column (ID 列)

String (文字列)

行 ID とみなす列の名前。提供した場合、このコンポーネントでは、同じ行が同時ポーリングによって 2 回処理されていないことが確認されます。

 

Transactional Action (トランザクションアクション)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • ALWAYS_BEGIN

  • NONE

ソースで実行できる、トランザクションに関する開始アクションの種別。

NONE

 

Transaction Type (トランザクション種別)

Enumeration (列挙)、次のいずれかになります。

  • LOCAL (ローカル)

  • XA

+作成するトランザクションの種別。使用できるかどうかは、ランタイムバージョンによって決まります。

LOCAL (ローカル)

 

Primary Node Only (プライマリノードのみ)

Boolean (ブール)

クラスタ内で実行する場合にこのソースをプライマリノードでのみ実行する必要があるかどうか。

 

Scheduling Strategy (スケジュール戦略)

ポーリングをトリガするスケジューラを設定します。

x 

Redelivery Policy (再配信ポリシー)

同じメッセージの再配信を処理するためのポリシーを定義します。

 

Query Timeout (クエリタイムアウト)

Number (数値)

JDBC ドライバが実行中のステートメントをキャンセルしようとするまでの最短時間を指定します。デフォルトではタイムアウトは使用されません。

0

 

Query Timeout Unit (クエリタイムアウト単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • NANOSECONDS (ナノ秒)

  • MICROSECONDS (マイクロ秒)

  • MILLISECONDS (ミリ秒)

  • SECONDS (秒)

  • MINUTES (分)

  • HOURS (時)

  • DAYS (日)

#queryTimeout を評価する TimeUnit。

SECONDS (秒)

 

Fetch Size (フェッチサイズ)

Number (数値)

行が resultSet から読み取られるときにデータベースからフェッチする行数を指定します。ストリーミングが true の場合、このプロパティは必須です。その場合、デフォルト値 (10) が使用されます。

 

Max Rows (最大行数)

Number (数値)

このメッセージプロセッサで生成される ResultSet オブジェクトに含めることができる最大行数の制限を設定します。この制限を超えると、超過行は自動的に削除されます。

 

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略

 

出力

Type (型)

Object (オブジェクト)

設定

Pooling Profile (プーリングプロファイル)

項目 説明 デフォルト値 必須

Max Pool Size (最大プールサイズ)

Number (数値)

任意の時点にプールで維持される最大接続数。

5

Min Pool Size (最小プールサイズ)

Number (数値)

任意の時点にプールで維持される最小接続数。

0

Acquire Increment (取得増分)

Number (数値)

プールが枯渇したときに一度に取得を試みる接続数を決定します。

1

Prepared Statement Cache Size (プリペアードステートメントのキャッシュサイズ)

Number (数値)

プールされた接続ごとにキャッシュされるステートメント数を決定します。これをゼロに設定すると、ステートメントのキャッシュが無効になります。

5

Max Wait (最大待機)

Number (数値)

プールが枯渇したときに、接続の取得を試みているクライアントが接続を待機する時間 。ゼロ (デフォルト) は無期限に待機することを意味します。

0

Max Wait Unit (最大待機単位)

Enumeration (列挙)、次のいずれかになります。

  • NANOSECONDS (ナノ秒)

  • MICROSECONDS (マイクロ秒)

  • MILLISECONDS (ミリ秒)

  • SECONDS (秒)

  • MINUTES (分)

  • HOURS (時)

  • DAYS (日)

#maxWait。

SECONDS (秒)

Column Type (列の型)

項目 説明 デフォルト値 必須

Id (ID)

Number (数値)

JDBC ドライバで使用する型識別子。

x

Type Name (型名)

String (文字列)

JDBC ドライバで使用するデータ型の名前。

x

Class Name (クラス名)

String (文字列)

DB 種別をマップするために使用する必要がある Java クラスを示します。

Reconnection (再接続)

項目 説明 デフォルト値 必須

Fails Deployment (デプロイに失敗)

Boolean

アプリケーションがデプロイされたときに、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true に設定されている場合、関連する再接続戦略をすべて実行した後にテストに合格しないと、デプロイが失敗します。

Reconnection Strategy (再接続戦略)

使用する再接続戦略。

Reconnect (再接続)

項目 説明 デフォルト値 必須

Frequency (頻度)

Number (数値)

再接続する頻度 (ミリ秒)。

Count (カウント)

Number (数値)

再接続の試行回数。

Reconnect Forever (繰り返し再接続)

項目 説明 デフォルト値 必須

Frequency (頻度)

Number (数値)

再接続する頻度 (ミリ秒)。

Expiration Policy (有効期限ポリシー)

項目 説明 デフォルト値 必須

Max Idle Time (最大アイドル時間)

Number (数値)

有効期限の対象とみなされるまで、動的設定インスタンスがアイドル状態を維持できる最大時間のスカラー時間値。

Time Unit (時間単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれか:

  • NANOSECONDS (ナノ秒)

  • MICROSECONDS (マイクロ秒)

  • MILLISECONDS (ミリ秒)

  • SECONDS (秒)

  • MINUTES (分)

  • HOURS (時)

  • DAYS (日)

maxIdleTime 属性に使用できる時間単位。

Redelivery Policy (再配信ポリシー)

項目 説明 デフォルト値 必須

Max Redelivery Count (最大再配信数)

Number (数値)

正常に処理されずにプロセス失敗メッセージがトリガされるまでにメッセージを再配信できる最大回数。

Use Secure Hash (セキュアハッシュを使用)

Boolean (ブール)

再配信されたメッセージの識別にセキュアハッシュアルゴリズムを使用するかどうか。

Message Digest Algorithm (メッセージダイジェストアルゴリズム)

String (文字列)

使用するセキュアハッシュアルゴリズム。設定しない場合、デフォルトの SHA-256 になります。

Id Expression (ID 式)

String (文字列)

メッセージがいつ再配信されたのかを判断するために使用する 1 つ以上の式を定義します。このプロパティは、useSecureHash が false の場合にのみ設定できます。

Object Store (オブジェクトストア)

各メッセージの再配信カウンタが保存されるオブジェクトストア。

Parameter Type (パラメータ種別)

項目 説明 デフォルト値 必須

Key (キー)

String (文字列)

入力パラメータの名前。

x

Type Classifier (型分類子)

x

Type Classifier (型分類子)

項目 説明 デフォルト値 必須

Type (型)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • BIT

  • TINYINT

  • SMALLINT

  • INTEGER

  • BIGINT

  • FLOAT

  • REAL

  • DOUBLE

  • NUMERIC

  • DECIMAL

  • CHAR

  • VARCHAR

  • LONGVARCHAR

  • DATE

  • TIME

  • TIMESTAMP

  • BINARY

  • VARBINARY

  • LONGVARBINARY

  • NULL

  • OTHER

  • JAVA_OBJECT

  • DISTINCT

  • STRUCT

  • ARRAY

  • BLOB

  • CLOB

  • REF

  • DATALINK

  • BOOLEAN

  • ROWID

  • NCHAR

  • NVARCHAR

  • LONGNVARCHAR

  • NCLOB

  • SQLXML

  • UNKNOWN

Custom Type (カスタム型)

String (文字列)

Statement Result (ステートメント結果)

項目 説明 デフォルト値 必須

Affected Rows (影響を受けた行)

Number (数値)

Generated Keys (生成されたキー)

Object (オブジェクト)

Repeatable In Memory Iterable (反復可能なメモリ内イテラブル)

項目 説明 デフォルト値 必須

Initial Buffer Size (初期バッファサイズ)

Number (数値)

これは、ストリームを消費し、ストリームへのランダムアクセスを提供する目的で、メモリ内に保持することが許可されるインスタンスの初期容量です。このバッファに収めることができる量よりも多くのデータがストリームに含まれる場合、バッファは、bufferSizeIncrement 属性に従って maxInMemorySize の上限まで拡張されます。デフォルト値は 100 インスタンスです。

Buffer Size Increment (バッファサイズ増分)

Number (数値)

これは、バッファサイズが初期サイズを超えた場合に、バッファサイズがどれだけ拡張されるかです。0 以下の値を設定すると、バッファは拡張されません。つまり、バッファがいっぱいになると STREAM_MAXIMUM_SIZE_EXCEEDED エラーが発生します。デフォルト値は 100 インスタンスです。

Max Buffer Size (最大バッファサイズ)

Number (数値)

使用するメモリの最大量。これより大きい値が使用されると、STREAM_MAXIMUM_SIZE_EXCEEDED エラーが発生します。0 以下の値は無制限を意味します。

Repeatable File Store Iterable (反復可能なファイルストアイテラブル)

項目 説明 デフォルト値 必須

Max In Memory Size (最大メモリ内サイズ)

Number (数値)

メモリ内に保持されるインスタンスの最大量。これ以上の量が必要な場合、コンテンツはディスク上にバッファされます。

Buffer Unit (バッファ単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれか:

  • BYTE (バイト)

  • KB (キロバイト)

  • MB (メガバイト)

  • GB (ギガバイト)

maxInMemorySize で表される単位。

Output Parameter (出力パラメータ)

項目 説明 デフォルト値 必須

Key (キー)

String (文字列)

入力パラメータの名前。

x

Type Classifier (型分類子)

x

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub