HL7 EDI コネクタリファレンス

設定


設定

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Name (名前)

String (文字列)

この設定の名前。コネクタはこの名前の設定を参照します。

x

Connection (接続)

Connection (接続)

この設定に指定できる接続種別。

x

Expiration Policy (有効期限ポリシー)

ExpirationPolicy

ランタイムで有効期限の対象とみなされるまで、動的設定インスタンスがアイドル状態を維持できる最小時間を設定します。これは、対象になった瞬間にプラットフォームでインスタンスの有効期限が切れるという意味ではありません。ランタイムによって適切と判断されたときに、実際にパージされます。

Mule Application Namespace ID (Mule アプリケーション名前空間 ID) (MSH-3-1/MSH-5-1)

String (文字列)

メッセージヘッダー (MSH セグメント) 内の Mule のアプリケーション名前空間 ID。この値が設定されている場合、送信メッセージの処理と受信メッセージの処理の両方に影響します。受信側では、MSH Receiving Application identification Namespace ID (MSH 受信アプリケーション識別名前空間 ID) とこの値が一致する必要があります。送信側では、送信設定またはメッセージパラメータで上書きされていない限り、この値は MSH Sending Application identification Namespace ID (MSH 送信アプリケーション識別名前空間 ID) として使用されます。

Mule Application Universal ID (Mule アプリケーションユニバーサル ID) (MSH-3-2/MSH-5-2)

String (文字列)

メッセージヘッダー (MSH セグメント) 内の Mule のアプリケーションユニバーサル ID。この値が設定されている場合、送信メッセージの処理と受信メッセージの処理の両方に影響します。受信側では、MSH Receiving Application identification Universal ID (MSH 受信アプリケーション識別ユニバーサル ID) とこの値が一致する必要があります。送信側では、送信設定またはメッセージパラメータで上書きされていない限り、この値は MSH Sending Application identification Universal ID (MSH 送信アプリケーション識別ユニバーサル ID) として使用されます。

Mule Application Universal ID Type (Mule アプリケーションユニバーサル ID 種別) (MSH-3-3/MSH-5-3)

String (文字列)

メッセージヘッダー (MSH セグメント) 内の Mule のアプリケーションユニバーサル ID 種別。この値が設定されている場合、送信メッセージの処理と受信メッセージの処理の両方に影響します。受信側では、MSH Receiving Application identification Universal ID Type (MSH 受信アプリケーション識別ユニバーサル ID 種別) とこの値が一致する必要があります。送信側では、送信設定またはメッセージパラメータで上書きされていない限り、この値は MSH Sending Application identification Universal ID Type (MSH 送信アプリケーション識別ユニバーサル ID 種別) として使用されます。

Partner Application Namespace ID (パートナー アプリケーション名前空間 ID) (MSH-3-1/MSH-5-1)

String (文字列)

メッセージヘッダー (MSH セグメント) 内のパートナーのアプリケーション名前空間 ID。この値が設定されている場合、送信メッセージの処理と受信メッセージの処理の両方に影響します。受信側では、MSH Sending Application identification Namespace ID (MSH 送信アプリケーション識別名前空間 ID) とこの値が一致する必要があります。送信側では、送信設定またはメッセージパラメータで上書きされていない限り、この値は MSH Receiving Application identification Namespace ID (MSH 受信アプリケーション識別名前空間 ID) として使用されます。

Partner Application Universal ID (Mule アプリケーションユニバーサル ID) (MSH-3-2/MSH-5-2)

String (文字列)

メッセージヘッダー (MSH セグメント) 内のパートナーのアプリケーションユニバーサル ID。この値が設定されている場合、送信メッセージの処理と受信メッセージの処理の両方に影響します。受信側では、MSH Sending Application identification Universal ID (MSH 送信アプリケーション識別ユニバーサル ID) とこの値が一致する必要があります。送信側では、送信設定またはメッセージパラメータで上書きされていない限り、この値は MSH Receiving Application identification Universal ID (MSH 受信アプリケーション識別ユニバーサル ID) として使用されます。

Partner Application Universal ID Type (パートナーアプリケーションユニバーサル ID 種別) (MSH-3-3/MSH-5-3)

String (文字列)

メッセージヘッダー (MSH セグメント) 内のパートナーのアプリケーションユニバーサル ID 種別。この値が設定されている場合、送信メッセージの処理と受信メッセージの処理の両方に影響します。受信側では、MSH Sending Application identification Universal ID Type (MSH 送信アプリケーション識別ユニバーサル ID 種別) とこの値が一致する必要があります。送信側では、送信設定またはメッセージパラメータで上書きされていない限り、この値は MSH Receiving Application identification Universal ID Type (MSH 受信アプリケーション識別ユニバーサル ID 種別) として使用されます。

Schema definitions (スキーマ定義)

Array of String (文字列の配列)

モジュールで使用するスキーマのパスのリスト。ファイルシステムまたはクラスパスのどちらかのパスを使用できます。

x

Event and message to message structure map path (イベントからメッセージおよびメッセージ構造へのマッピングパス)

String (文字列)

イベントコードからメッセージコード、さらにメッセージ構造 ID へのマッピングを定義する YAML ファイルへのパス。複数のメッセージ構造を扱う場合、このマッピング定義では、MSH-9-3 がメッセージ内にない場合に MSH-9-1 および MSH-9-2 を使用したメッセージ構造の判別がサポートされます。スキーマに存在するメッセージ構造が 1 つのみで、そのメッセージ構造がすべてのメッセージの解析に使用される場合、かつ、MSH-9-3 がメッセージ内に存在する場合、MSH-9-1 および MSH-9-2 の値は無視されます。

HL7 Message character encoding (HL7 メッセージ文字エンコード)

Enumeration (列挙)、次のいずれかになります。

  • ASCII

  • BIG_5

  • EUC_KR

  • EUC_TW

  • GB_18030

  • ISO_8859_1

  • ISO_8859_15

  • ISO_8859_2

  • ISO_8859_3

  • ISO_8859_4

  • ISO_8859_5

  • ISO_8859_6

  • ISO_8859_7

  • ISO_8859_8

  • ISO_8859_9

  • JIS0208

  • JIS_X0201

  • JIS_X0212

  • UTF_16

  • UTF_32

  • UTF_8

HL7 メッセージの文字エンコード。MSH-18 が存在しない場合、受信メッセージのデフォルトとして使用されます。送信メッセージデータに MSH-18 が存在しない場合、送信メッセージのデフォルトとしても使用されます。

ASCII

Disable numeric prefixes for data keys (データキーの数値プレフィックスを無効化)

Boolean (ブール)

位置の値にプレフィックスを付加するのではなく、セグメント ID とグループ ID を直接、データのキーとして使用します。

true

Required processing ID (必須処理 ID)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • DEBUGGING (デバッグ)

  • PRODUCTION (本番)

  • TRAINING (トレーニング)

MSH-11-1 処理 ID と一致する値。設定されている場合、指定された処理 ID を持つメッセージのみが処理に受け入れられ、他の処理 ID 値を持つメッセージ、または処理 ID が指定されていないメッセージは例外で拒否されます。

Pattern for generic extension segment names (汎用拡張セグメント名のパターン)

String (文字列)

汎用拡張セグメントとして扱うセグメント名の Java 正規パターン。指定した場合、このパターンに一致するセグメント名はメッセージのどこでも許容され、要素または複合要素の文字列のマッピングに変換されます。

Fail when required value missing (必須値がない場合は失敗)

Boolean (ブール)

必須値がない場合には失敗することを示すフラグ。true の場合、このエラーのあるメッセージは拒否され、false の場合、値は無視され、メッセージは拒否されません。どちらの場合もエラーは、ログに記録され、ERR セグメントでレポートされます。

false

Fail when value length outside allowed range (値の長さが許容範囲外の場合は失敗)

Boolean (ブール)

受信値の長さが許容範囲外の場合は失敗することを示すフラグ。true の場合、このエラーのあるメッセージは拒否され、false の場合、値は使用され、メッセージは拒否されません。どちらの場合もエラーは、ログに記録され、ERR セグメントでレポートされます。

false

Fail when invalid character in value (値に無効な文字が含まれる場合は失敗)

Boolean (ブール)

受信値に無効な文字が含まれる場合は失敗することを示すフラグ。true の場合、このエラーのあるメッセージは拒否され、false の場合、値はそのまま渡されるか、置換されてメッセージは拒否されません。どちらの場合もエラーは ERR セグメントでレポートされます。

false

Fail when too many repeats of value (値の反復回数が多すぎる場合は失敗)

Boolean (ブール)

受信値の反復回数が多すぎる場合は失敗することを示すフラグ。true の場合、このエラーのあるメッセージは拒否され、false の場合、値は受け入れられ、メッセージは拒否されません。どちらの場合もエラーは ERR セグメントでレポートされます。

false

Fail when unknown segment in message (値に不明なセグメントが含まれる場合は失敗)

Boolean (ブール)

メッセージに不明なセグメントが存在する場合は失敗することを示すフラグ。true の場合、このエラーのあるメッセージは拒否され、false の場合、セグメントは無視され、メッセージは拒否されません。どちらの場合もエラーは ERR セグメントでレポートされます。

false

Fail when segment out of order in message set (メッセージセット内のセグメントの順序が正しくない場合は失敗)

Boolean (ブール)

メッセージセット内のセグメントの順序が正しくない場合は失敗することを示すフラグ。true の場合、このエラーのあるメッセージは拒否され、false の場合、セグメントを並び替えでき、メッセージは拒否されません。どちらの場合もエラーは ERR セグメントでレポートされます。

false

Fail when unused segment included in message set (メッセージセットに未使用セグメントが含まれる場合は失敗)

Boolean (ブール)

メッセージセットに Unused (未使用) とマークされたセグメントが含まれる場合は失敗することを示すフラグ。true の場合、このエラーのあるメッセージは拒否され、false の場合、メッセージは拒否されず、未使用セグメントは無視されます。どちらの場合もエラーは ERR セグメントでレポートされます。

false

Fail when too many repeats of segment (セグメントの反復回数が多すぎる場合は失敗)

Boolean (ブール)

メッセージセット内のセグメントの反復回数が多すぎる場合は失敗することを示すフラグ。true の場合、このエラーのあるメッセージは拒否され、false の場合、セグメントは拒否されません。どちらの場合もエラーは ERR セグメントでレポートされます。

false

接続種別

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Reconnection (再接続)

Reconnection (再接続)

アプリケーションがデプロイされたときに、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true に設定されている場合、関連する再接続戦略をすべて実行した後にテストに合格しないと、デプロイが失敗します。

関連操作

  • read

  • write

操作

Read

<hl7:read>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Read Content (読み取りコンテンツ)

Binary

#[payload]

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力を評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

  • reconnect

  • reconnect-forever

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

Object (オブジェクト)

次の設定の場合

  • config

スロー

  • HL7:RETRY_EXHAUSTED

  • HL7:UNKNOWN

  • HL7:PARSE

  • HL7:SCHEMA

  • HL7:CONNECTIVITY

  • HL7:WRITE

Write

<hl7:write>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Write Content (書き込みコンテンツ)

Object

#[payload]

Streaming Strategy (ストリーミング戦略)

  • repeatable-in-memory-stream (反復可能メモリ内ストリーム)

  • repeatable-file-store-stream

  • non-repeatable-stream

反復可能なストリームとその動作を使用するように設定します。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力を評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

  • reconnect

  • reconnect-forever

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

Binary (バイナリ)

次の設定の場合

  • config

スロー

  • HL7:RETRY_EXHAUSTED

  • HL7:UNKNOWN

  • HL7:PARSE

  • HL7:SCHEMA

  • HL7:CONNECTIVITY

  • HL7:WRITE

Reconnection (再接続)

項目 説明 デフォルト値 必須

Fails Deployment (デプロイに失敗)

Boolean

アプリケーションがデプロイされたときに、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true に設定されている場合、関連する再接続戦略をすべて実行した後にテストに合格しないと、デプロイが失敗します。

Reconnection Strategy (再接続戦略)

  • reconnect

  • reconnect-forever

使用する再接続戦略。

Reconnect (再接続)

項目 説明 デフォルト値 必須

Frequency (頻度)

Number (数値)

再接続の頻度 (ミリ秒)。

Count (カウント)

Number (数値)

再接続の試行回数。

Reconnect Forever (繰り返し再接続)

項目 説明 デフォルト値 必須

Frequency (頻度)

Number (数値)

再接続の頻度 (ミリ秒)。

Expiration Policy (有効期限ポリシー)

項目 説明 デフォルト値 必須

Max Idle Time (最大アイドル時間)

Number (数値)

有効期限の対象とみなされるまで、動的設定インスタンスがアイドル状態を維持できる最大時間のスカラー時間値。

Time Unit (時間単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれか:

  • NANOSECONDS (ナノ秒)

  • MICROSECONDS (マイクロ秒)

  • MILLISECONDS (ミリ秒)

  • SECONDS (秒)

  • MINUTES (分)

  • HOURS (時)

  • DAYS (日)

maxIdleTime 属性に使用できる時間単位。

Repeatable In Memory Stream (反復可能なメモリ内ストリーム)

項目 説明 デフォルト値 必須

Initial Buffer Size (初期バッファサイズ)

Number (数値)

ストリームをコンシュームしてランダムにアクセスするために割り当てられるメモリ量。このバッファに入りきらない量のデータがストリームに含まれている場合、バッファは bufferSizeIncrement 属性と maxInMemorySize の上限に従って拡張されます。

Buffer Size Increment (バッファサイズ増分)

Number (数値)

バッファサイズが初期サイズを超えた場合に、どれだけ拡張するか。値を 0 以下に設定すると、バッファが拡張されません。バッファがいっぱいになると、STREAM_MAXIMUM_SIZE_EXCEEDED エラーが発生します。

Max Buffer Size (最大バッファサイズ)

Number (数値)

使用するメモリの最大量。これより多くのメモリが必要な場合、STREAM_MAXIMUM_SIZE_EXCEEDED エラーが発生します。0 以下の値は無制限を意味します。

Buffer Unit (バッファ単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれか:

  • BYTE (バイト)

  • KB (キロバイト)

  • MB (メガバイト)

  • GB (ギガバイト)

これらのすべての属性の単位。

Repeatable File Store Stream (反復可能なファイルストアストリーム)

項目 説明 デフォルト値 必須

Max In Memory Size (最大メモリ内サイズ)

Number (数値)

データをメモリ内に保持するためにストリームで使用する最大メモリを定義します。これを超えると、ディスクへのコンテンツのバッファが開始されます。

Buffer Unit (バッファ単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれか:

  • BYTE (バイト)

  • KB (キロバイト)

  • MB (メガバイト)

  • GB (ギガバイト)

maxInMemorySize で表される単位。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub