HL7 MLLP コネクタリファレンス

MLLP リスナ設定

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Name (名前)

String (文字列)

この設定の名前。コネクタはこの名前の設定を参照します。

x

Connection (接続)

この設定に指定できる接続種別。

x

Expiration Policy (有効期限ポリシー)

ランタイムで有効期限の対象とみなされるまで、動的設定インスタンスがアイドル状態を維持できる最小時間を設定します。インスタンスが期限切れとみなされた瞬間にプラットフォームがそのインスタンスを期限切れにするという意味ではありません。ランタイムによって適切と判断されたときにのみ、インスタンスがパージされます。

MLLP リスナ接続種別

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Delimiter (区切り文字)

String (文字列)

MLLP メッセージを区切る文字コード。MLLP では、デフォルトで 001C が使用されます。

x

TLS Configuration (TLS 設定)

TLS

新規 SSL 接続の受け入れに、プレーン TCP ServerSocket ではな SSLServerSocket を使用することを指定します。

Port (ポート)

Number (数値)

接続のポート番号。

x

Host (ホスト)

String (文字列)

接続のホスト名。

x

Reconnection (再接続)

アプリケーションがデプロイされたときに、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true に設定されている場合、関連する再接続戦略をすべて実行した後にテストに合格しないと、デプロイが失敗します。

Send Buffer Size (送信バッファサイズ)

Number (数値)

データ送信時に使用するバッファのサイズ (バイト) で、ソケット自体に設定されます。

Receive Buffer Size (受信バッファサイズ)

Number (数値)

データ受信時に使用するバッファのサイズ (バイト) で、ソケット自体に設定されます。

Client Timeout (クライアントタイムアウト)

Number (数値)

ソケットに SO_TIMEOUT 値を設定します。ブロック操作で失敗するまでにソケットが待機する時間 (ミリ秒) を示します。値が 0 (デフォルト) の場合、無限に待機します。

Reuse Address (アドレスの再利用)

Boolean (ブール)

設定した場合 (デフォルト)、バインドの前に SO_REUSEADDRESS がソケットに設定されます。これにより、ソケットが再利用されるときに「アドレス使用中」エラーの発生が減少します。

true

Send TCP With No Delay (遅延なしで TCP 送信)

Boolean (ブール)

設定した場合、送信データは、効率化のためにまとめられず、即時に送信されます。ソケットのデフォルトが false でも、デフォルトで true になります。これは、遅延ではなくネットワークトラフィックの量を減らして最適化することが、今日ではほぼ問題にはなり得ないためです。

true

Linger (延長)

Number (数値)

SO_LINGER 値を設定します。これは、残りのデータが正しく送信されるように、ソケットが閉じるまでにかかる時間 (ミリ秒) に関連します。

Keep Alive (キープアライブ)

Boolean (ブール)

開いているソケットで SO_KEEPALIVE 動作を有効にします。接続が使用できなくなった場合、開いているけれども長時間使用されていないソケット接続を自動的にチェックして閉じます。これはソケット自体のプロパティであり、サーバへの接続がリサイクルされるまでキープアライブで維持されるかどうかを制御するためにサーバソケットで使用します。

false

Fail on unresolved host (ホストを解決できない場合は失敗)

Boolean (ブール)

作成時のソケットがエンドポイントに設定されているホストを解決できない場合に失敗するかどうか。ただし、false に設定して、未解決のホストを許容することができます (プロキシ経由での接続時に便利です)。

true

Server Timeout (サーバタイムアウト)

Number (数値)

ソケットがサーバとして使用されるときに SO_TIMEOUT 値を設定します。これは "accept" 操作に適用されるタイムアウトです。値が 0 (ServerSocket のデフォルト) だと、(接続がない場合に) 無限の待機が受け入れられます。

Receive Backlog (受信バックログ)

Number (数値)

受信接続の最大キュー長。

50

関連付けられたソース


要求設定

要求者ソケットの設定。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Name (名前)

String (文字列)

この設定の名前。コネクタはこの名前の設定を参照します。

x

Connection (接続)

この設定に指定できる接続種別。

x

Expiration Policy (有効期限ポリシー)

ランタイムで有効期限の対象とみなされるまで、動的設定インスタンスがアイドル状態を維持できる最小時間を設定します。インスタンスが期限切れとみなされた瞬間にプラットフォームがそのインスタンスを期限切れにするという意味ではありません。ランタイムによって適切と判断されたときにのみ、インスタンスがパージされます。

MLLP 要求者接続種別

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Local Address Settings (ローカルアドレス設定)

この設定パラメータは、ソケットがバインドする必要があるアドレスを参照します。

TLS Configuration (TLS 設定)

TLS

クライアント側とサーバ側の両方から使用できる TLS の設定。

Port (ポート)

Number (数値)

接続のポート番号。

x

Host (ホスト)

String (文字列)

接続のホスト名。

x

Reconnection (再接続)

アプリケーションがデプロイされたときに、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true に設定されている場合、関連する再接続戦略をすべて実行した後にテストに合格しないと、デプロイが失敗します。

Pooling Profile (プーリングプロファイル)

接続プールの特性。

Send Buffer Size (送信バッファサイズ)

Number (数値)

データ送信時に使用するバッファのサイズ (バイト) で、ソケット自体に設定されます。

Receive Buffer Size (受信バッファサイズ)

Number (数値)

データ受信時に使用するバッファのサイズ (バイト) で、ソケット自体に設定されます。

Client Timeout (クライアントタイムアウト)

Number (数値)

ソケットに SO_TIMEOUT 値を設定します。ブロック操作で失敗するまでにソケットが待機する時間 (ミリ秒) を示します。値が 0 (デフォルト) の場合、無限に待機します。

Reuse Address (アドレスの再利用)

Boolean (ブール)

設定した場合 (デフォルト)、バインドの前に SO_REUSEADDRESS がソケットに設定されます。これにより、ソケットが再利用されるときに「アドレス使用中」エラーの発生が減少します。

true

Send TCP With No Delay (遅延なしで TCP 送信)

Boolean (ブール)

設定した場合、送信データは、効率化のためにまとめられず、即時に送信されます。ソケットのデフォルトが false でも、デフォルトで true になります。これは、遅延ではなくネットワークトラフィックの量を減らして最適化することが、今日ではほぼ問題にはなり得ないためです。

true

Linger (延長)

Number (数値)

SO_LINGER 値を設定します。これは、残りのデータが正しく送信されるように、ソケットが閉じるまでにかかる時間 (ミリ秒) に関連します。

Keep Alive (キープアライブ)

Boolean (ブール)

開いているソケットで SO_KEEPALIVE 動作を有効にします。接続が使用できなくなった場合、開いているけれども長時間使用されていないソケット接続を自動的にチェックして閉じます。これはソケット自体のプロパティであり、サーバへの接続がリサイクルされるまでキープアライブで維持されるかどうかを制御するためにサーバソケットで使用します。

false

Fail on unresolved host (ホストを解決できない場合は失敗)

Boolean (ブール)

作成時のソケットがエンドポイントに設定されているホストを解決できない場合に失敗するかどうか。ただし、false に設定して、未解決のホストを許容することができます (プロキシ経由での接続時に便利です)。

true

Connection Timeout (接続タイムアウト)

Number (数値)

リモートサーバへのアウトバウンド接続が正常に作成されるまで待機するミリ秒数。デフォルトは 30 秒です。

30000

関連操作

Send

<mllp:send>

MllpRequesterConnection に関連付けられているクライアントを使用してデータを送信します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Content (コンテンツ)

Binary (バイナリ)

逐次化し、ソケットを介して送信するデータ。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • MLLP:CONNECTIVITY

  • MLLP:LISTENING_ERROR

  • MLLP:RETRY_EXHAUSTED

  • MLLP:SENDING_ERROR

  • MLLP:UNKNOWN

Sources (ソース)

MLLP リスナ

<mllp:mllp-listener>

設定されたホストとポートで特定のプロトコルのソケット接続をリスンします。接続を受信すると、このソースは、その特定の接続の通信を処理するように SocketWorker をスケジュールします。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Output Mime Type (出力 Mime の種類)

String (文字列)

この操作で出力されるペイロードの MIME の種類。

Output Encoding (出力エンコード)

String (文字列)

この操作で出力されるペイロードのエンコード。

Primary Node Only (プライマリノードのみ)

Boolean (ブール)

クラスタでの実行時、このソースをプライマリノード上でのみ実行する必要があるかどうか。

Streaming Strategy (ストリーミング戦略)

繰り返し可能なストリームを使用するかどうかと、それらの動作を設定します。

Redelivery Policy (再配信ポリシー)

同じメッセージの再配信を処理するためのポリシー。

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

出力

Binary (バイナリ)

Attributes Type (属性種別)

次の設定の場合

TLS

項目 説明 デフォルト値 必須

Enabled Protocols (有効化済みプロトコル)

String (文字列)

このコンテキストで有効化されているプロトコルのカンマ区切りのリスト。

Enabled Cipher Suites (有効化済み暗号化スイート)

String (文字列)

このコンテキストで有効化されている暗号化スイートのカンマ区切りのリスト。

Trust Store (信頼ストア)

Key Store (キーストア)

Revocation Check (取り消し確認)

Trust Store (信頼ストア)

項目 説明 デフォルト値 必須

Path (パス)

String (文字列)

トラストストアで可能な場合、現在のクラスパスおよびファイルシステムと相対的に解決される場所。

Password (パスワード)

String (文字列)

信頼ストアを保護するために使用するパスワード。

String (文字列)

使用するストアの型。

Algorithm (アルゴリズム)

String (文字列)

信頼ストアで使用するアルゴリズム。

Insecure (安全ではない)

Boolean (ブール)

true の場合、証明書の検証が行われず、攻撃に対して脆弱な接続がレンダリングされます。各自の責任で使用してください。

Key Store (キーストア)

項目 説明 デフォルト値 必須

Path (パス)

String (文字列)

キーストアで可能な場合、現在のクラスパスおよびファイルシステムと相対的に解決される場所。

String (文字列)

使用するストアの型。

Alias (別名)

String (文字列)

キーストアに多数の非公開鍵がある場合、この属性は、使用する鍵の別名を示します。定義しない場合、ファイルにある最初のキーがデフォルトで使用されます。

Key Password (鍵のパスワード)

String (文字列)

非公開鍵を保護するために使用するパスワード。

Password (パスワード)

String (文字列)

キーストアを保護するために使用するパスワード。

Algorithm (アルゴリズム)

String (文字列)

キーストアで使用するアルゴリズム。

Standard Revocation Check (標準の取り消し確認)

項目 説明 デフォルト値 必須

Only End Entities (最後のエンティティのみ)

Boolean (ブール)

証明書チェーンの最後の要素のみを確認します。

Prefer Crls (CRL を優先)

Boolean (ブール)

最初に OCSP ではなく CRL を試みます。

No Fallback (代替なし)

Boolean (ブール)

第 2 の確認方法 (以前に選択されていない方法) を使用しません。

Soft Fail (ソフトフェイル)

Boolean (ブール)

取り消しサーバに到達できない場合や取り消しサーバが混雑している場合に検証エラーを回避します。

Custom OCSP Responder (カスタム OCSP レスポンダ)

項目 説明 デフォルト値 必須

Url (URL)

String (文字列)

OCSP レスポンダの URL。

Cert Alias (証明書の別名)

String (文字列)

(信頼ストアに含まれている) OCSP 応答の署名証明書の別名 (存在する場合)。

CRL File (CRL ファイル)

項目 説明 デフォルト値 必須

Path (パス)

String (文字列)

CRL ファイルへのパス。

Reconnection (再接続)

項目 説明 デフォルト値 必須

Fails Deployment (デプロイに失敗)

Boolean

アプリケーションがデプロイされたときに、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true に設定されている場合、関連する再接続戦略をすべて実行した後にテストに合格しないと、デプロイが失敗します。

Reconnection Strategy (再接続戦略)

使用する再接続戦略。

Reconnect (再接続)

項目 説明 デフォルト値 必須

Frequency (頻度)

Number (数値)

再接続の頻度 (ミリ秒)。

Count (カウント)

Number (数値)

再接続の試行回数。

Reconnect Forever (繰り返し再接続)

項目 説明 デフォルト値 必須

Frequency (頻度)

Number (数値)

再接続の頻度 (ミリ秒)。

Expiration Policy (有効期限ポリシー)

項目 説明 デフォルト値 必須

Max Idle Time (最大アイドル時間)

Number (数値)

有効期限の対象とみなされるまで、動的設定インスタンスがアイドル状態を維持できる最大時間のスカラー時間値。

Time Unit (時間単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれか:

  • NANOSECONDS (ナノ秒)

  • MICROSECONDS (マイクロ秒)

  • MILLISECONDS (ミリ秒)

  • SECONDS (秒)

  • MINUTES (分)

  • HOURS (時)

  • DAYS (日)

maxIdleTime 属性に使用できる時間単位。

Immutable Socket Attributes (ミュート不能なソケット属性)

項目 説明 デフォルト値 必須

Host Address (ホストアドレス)

String (文字列)

Host Name (ホスト名)

String (文字列)

Local Certificates (ローカル証明書)

Array of Any (任意の配列)

Peer Certificates (ピア証明書)

Array of Any (任意の配列)

Port (ポート)

Number (数値)

Repeatable In Memory Stream (反復可能なメモリ内ストリーム)

項目 説明 デフォルト値 必須

Initial Buffer Size (初期バッファサイズ)

Number (数値)

ストリームを使用してランダムアクセスを可能にするために割り当てるメモリ量。ストリームにこのバッファに収まりきれないデータが含まれる場合、バッファは maxInMemorySize まで拡張されます。

Buffer Size Increment (バッファサイズ増分)

Number (数値)

バッファサイズが初期サイズを超えた場合に、どれだけ拡張するか。値を 0 以下に設定すると、バッファが拡張されません。つまり、バッファがフルになると、STREAM_MAXIMUM_SIZE_EXCEEDED エラーが発生します。

Max Buffer Size (最大バッファサイズ)

Number (数値)

使用するメモリの最大量。これを超えると、STREAM_MAXIMUM_SIZE_EXCEEDED エラーが発生します。0 以下の値は無制限を意味します。

Buffer Unit (バッファ単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれか:

  • BYTE (バイト)

  • KB (キロバイト)

  • MB (メガバイト)

  • GB (ギガバイト)

これらのすべての属性の単位。

Repeatable File Store Stream (反復可能なファイルストアストリーム)

項目 説明 デフォルト値 必須

Max In Memory Size (最大メモリ内サイズ)

Number (数値)

データをメモリ内に保持するためにストリームで使用する最大メモリを定義します。これを超えると、ディスクへのコンテンツのバッファが開始されます。

Buffer Unit (バッファ単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれか:

  • BYTE (バイト)

  • KB (キロバイト)

  • MB (メガバイト)

  • GB (ギガバイト)

maxInMemorySize で表される単位。

Redelivery Policy (再配信ポリシー)

項目 説明 デフォルト値 必須

Max Redelivery Count (最大再配信数)

Number (数値)

正常に処理されずにプロセス失敗メッセージがトリガされるまでにメッセージを再配信できる最大回数。

Use Secure Hash (セキュアハッシュを使用)

Boolean (ブール)

再配信されたメッセージの識別にセキュアハッシュアルゴリズムを使用するかどうか。

Message Digest Algorithm (メッセージダイジェストアルゴリズム)

String (文字列)

使用するセキュアハッシュアルゴリズム。設定しない場合、デフォルトの SHA-256 になります。

Id Expression (ID 式)

String (文字列)

メッセージがいつ再配信されたのかを判断するために使用する 1 つ以上の式を定義します。このプロパティは、useSecureHash が false の場合にのみ設定できます。

Object Store (オブジェクトストア)

ObjectStore

各メッセージの再配信カウンタが保存されるオブジェクトストア。

Socket Connection Settings (ソケットコネクション設定)

項目 説明 デフォルト値 必須

Port (ポート)

Number (数値)

接続のポート番号。

x

Host (ホスト)

String (文字列)

接続のホスト名。

x

Pooling Profile (プーリングプロファイル)

項目 説明 デフォルト値 必須

Max Active (最大アクティブ)

Number (数値)

一度にセッションから借りることができる Mule コンポーネントの数を制御します。負の値に設定した場合、同時にアクティブにできるコンポーネントの数に制限はありません。maxActive を超えた場合、プールは枯渇したと呼ばれます。

Max Idle (最大アイドル)

Number (数値)

プール内で同時にアイドル状態のままにできる Mule コンポーネントの最大数。負の値に設定した場合、同時にアイドルにできる Mule コンポーネントの数に制限はありません。

Max Wait (最大待機)

Number (数値)

プールが枯渇し、exhaustedAction が WHEN_EXHAUSTED_WAIT に設定されている場合に、プールされたコンポーネントが使用可能になるまで待機する時間 (ミリ秒) を指定します。

Min Eviction Millis (最小除去時間)

Number (数値)

オブジェクトが除去対象となるまでにオブジェクトをプール内でアイドル状態のままにできる最小時間を決定します。正の値以外の場合、アイドル時間のみが原因でプールからエビクトされるオブジェクトはありません。

Eviction Check Interval Millis (除去確認間隔)

Number (数値)

オブジェクトエビクターの実行間隔 (ミリ秒) を指定します。正の値以外の場合、オブジェクトエビクターは実行されません。

Exhausted Action (枯渇アクション)

次のいずれかの Enumeration (列挙)

  • WHEN_EXHAUSTED_GROW

  • WHEN_EXHAUSTED_WAIT

  • WHEN_EXHAUSTED_FAIL

Mule コンポーネントプールが枯渇した場合のプールの動作を特定します。有効な値: 「WHEN_EXHAUSTED_FAIL」は、NoSuchElementException をスローします。「WHEN_EXHAUSTED_WAIT」は、新しいオブジェクトまたはアイドル状態のオブジェクトを使用できるようになるまで Object.wait(long) を呼び出してブロックします。「WHEN_EXHAUSTED_GROW」は、新しい Mule インスタンスを作成して返すため、基本的に maxActive は無意味になります。正の maxWait 値を指定した場合、ブロックする最大時間はそのミリ秒数になります。その後、NoSuchElementException が発生します。maxThreadWait が負の値の場合、永久にブロックします。

Initialisation Policy (初期化ポリシー)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • INITIALISE_NONE

  • INITIALISE_ONE

  • INITIALISE_ALL

プール内のコンポーネントの初期化方法を決定します。有効な値: INITIALISE_NONE (起動時にコンポーネントをプールに読み込まない)、INITIALISE_ONE (起動時に1 つの初期コンポーネントをプールに読み込む)、または INITIALISE_ALL (起動時にすべてのコンポーネントをプールに読み込む)。

Disabled (無効)

Boolean (ブール)

プーリングを無効にする必要があるかどうか。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub