Java モジュール - Mule 4

サポートカテゴリ: 選択

Java モジュール v1.2

リリースノート: ​Java Module Release Notes for Mule 4
Exchange: Java モジュール

Mule 4 は、次の目的で構築されています。

  • カスタムコードの必要性を最小限に抑える。

  • Java に関する知識や理解を不要にする。

ただし、次のような一部の高度なユースケースでは、カスタム Java コードとのインテグレーションが必要です。

  • ライブラリ (税額計算ライブラリなど) を再利用する場合

  • 組織の標準である正規オブジェクトモデルを再利用する場合

  • Java を使用してカスタムロジックを実行する場合

Mule 3 では、Java クラスのインスタンスを作成して Java メソッドを実行する場合、MEL が架け橋になります。Mule 4 では、MEL の代わりに DataWeave という関数型言語が導入され、Java との相互作用が変化しています。 関数型言語は入力引数に副次的な影響を及ぼさないため、DataWeave がランダムなオブジェクトインスタンスでランダムなインスタンスメソッドを実行するのは理にかなったことではありません。 そのため、純粋な DataWeave では、Java モジュールを使用しない静的 Java メソッドのみのコールがサポートされています。

Java モジュールとスクリプティングモジュール

Java モジュールを使用することも、スクリプティングモジュール​を使用して Groovy コードを実行することもできます。. ただし、スクリプティングモジュールでは、DataSense サポート、ユーザインターフェースサポート、各クラスで使用可能なメソッドの視覚的補助、オートコンプリートなどは提供されません。「Java インテグレーション」​を参照してください。

POM ファイル情報

<dependency>
  <groupId>org.mule.module</groupId>
  <artifactId>mule-java-module</artifactId>
  <version>RELEASE</version>
  <classifier>mule-plugin</classifier>
</dependency>

Mule は、RELEASE を現在のバージョンに変換します。バージョンを指定するには、Anypoint Exchange で Java モジュール​を表示し、[Dependency Snippets (連動関係スニペット)]​ をクリックします。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!