Microsoft Dynamics 365 コネクタ - はじめに - Mule 4

サポートカテゴリ: 選択

Microsoft Dynamics 365 コネクタ v2.3.1

Microsoft Dynamics 365 用 Anypoint コネクタ (Microsoft Dynamics 365 コネクタ) を使用すると、Microsoft Dynamics 365 Cloud API とのインテグレーションが可能になります。

このコネクタでは、次の操作を実行できます。

  • サーバアクセスの承認または承認の取り消しを行う

  • エンティティを作成、更新、削除する

  • 単一エンティティの取得または複数エンティティのクエリを行う

  • エンティティの関連付けまたは関連付けの解除を行う

  • アクションを実行する

コネクタについて

Anypoint コネクタとは、Salesforce、Microsoft Dynamics 365、ServiceNow、Twitter などの外部システムの API やリソースに接続できる Mule Runtime Engine (Mule) の拡張機能です。

Audience (オーディエンス)

前提条件

アプリケーションを作成する前に、Dynamics 365 の対象リソースおよび Anypoint Platform へのアクセス権を持っている必要があります。Design Center または Anypoint Studio を使用して Mule アプリケーションを作成する方法を理解しておく必要もあります。

Microsoft Azure Active Directory ポータル (portal.azure.com) にログインして、アプリケーションのクライアント ID とシークレットを取得します。

開始前:

Microsoft Dynamics 365 インスタンスへのアクセス権が必要です。Azure Active Directory がアプリケーションへのアクセスを可能にする ID プロバイダになります。

OAuth 種別

Microsoft Dynamics 365 コネクタでは次がサポートされます。

  • 認証とトークンアクセスを処理するサーバへの接続による OAuth

  • OAuth のユーザ名とパスワード

入力元 (トリガ)

Microsoft Dynamics 365 for Operations 用 Anypoint コネクタでは、次の入力元を使用してアプリケーションを開始できます。

  • On New Object: オブジェクトが作成されたときにアプリケーションを開始する。

  • On Modified Object: オブジェクトが変更されたときにアプリケーションを開始する。

または、HTTP を使用して入力をリスンするか、スケジューラを使用してアプリケーションを実行するタイミングを選択できます。

トリガの必須項目

On New Object と On Modified Object には同じ必須項目名があります。

  • Entity Type (エンティティ種別)

    Microsoft Dynamics 365 インスタンスによって定義されたビジネスデータ。 ​account​ や ​contact​ など、

  • Connection (接続)

    OAuth 接続種別。認証とトークンアクセスを処理するサーバに URL 経由で接続するには ​Connection​、ユーザ名とパスワードを指定して接続するには ​OAuth Username Password​ を使用できます。

接続の必須項目

  • リソース
    Microsoft Dynamics 365 インスタンスにアクセスするリソース URL。

  • Consumer Key (コンシューマキー)
    サービスプロバイダに登録されている OAuth コンシューマキー。

  • Consumer Secret (コンシューマシークレット)
    サービスプロバイダに登録されている OAuth コンシューマシークレット。

  • リスナ設定
    アクセストークンコールバックエンドポイントをキャッチするリスナへの参照。

  • Callback Path (コールバックパス)
    アクセストークンコールバックエンドポイントのパス。

  • Authorize Path (認証パス)
    OAuth ダンスをトリガするローカル HTTP エンドポイントのパス。

OAuth ユーザ名パスワードの必須項目

  • Username (ユーザ名)
    セッションの初期化に使用するユーザ名。

  • Password (パスワード)
    プロキシに対する認証に使用するパスワード。

  • リソース
    Web API のセキュアなリソースのアプリケーション ID URI。

  • Client ID (クライアント ID)
    アプリケーションを Azure AD に登録したときに割り当てられたアプリケーション ID。この ID は Azure Portal で確認できます。

  • Client Secret (クライアントシークレット)
    アプリケーション登録ポータルでアプリケーション用に作成したアプリケーションシークレット。クライアントシークレットは信頼のおける方法でデバイスに保存できないため、ネイティブアプリケーションで使用しないでください。この情報は Web アプリケーションと Web API で必要です (クライアントシークレットをサーバ側で安全に保存できます)。

  • Token Request Endpoint (トークン要求エンドポイント)
    OAuth トークン要求サーバの URL。

用語

アクション

データの変更など副次的な影響を可能にする操作。非確定的な動作を回避するためにさらなる構成はできません。

複合型

一連のプロパティからなるキーのない構造化型。複合型は一般に、モデルエンティティのプロパティ値、あるいは操作のパラメータや戻り値として使用されます。

エンティティ

エンティティ種別 (account、opportunity など) のインスタンス。

エンティティセット

エンティティのコレクション (たとえば、account は account エンティティを含むエンティティセットです)。エンティティのキーでエンティティセット内のエンティティを一意に識別します

エンティティ種別

キーのある構造化型。エンティティ種別は、エンティティのプロパティとリレーションを定義し、1 つの継承によって他のエンティティ種別から派生させることができます。

列挙型または Enum 型

基本的な整数値を定数とするプリミティブ型。

関数

副作用を発生させず、他の検索条件操作、関数、またはアクションなどと組み合わせて使用できる操作。

一般的なユースケース

次のユースケースは、​「例」​トピックで説明されています。

  • 属性を使用して取引先を作成し、取引先を取引先責任者に関連付ける

  • 空の取引先責任者エンティティを作成する

  • 空の商談エンティティを作成する

  • 1 つのバッチ要求で同じ種別のエンティティを複数作成する

  • 種別でエンティティを削除する

  • ID に基づいてキーの関連付けを解除する

  • 種別でエンティティを取得する

  • URL 要求を使用して複数のエンティティを取得する

  • DataSense クエリ言語を使用して複数のエンティティを取得する

  • 属性を使用して取引先を更新する

  • 1 つのバッチ要求で同じ種別のエンティティを複数更新する

次のステップ

前提条件を満たし、テンプレートおよび例を試したら、​Design Center​ または ​Anypoint Studio​ でアプリケーションを作成できます。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!