Microsoft Dynamics 365 コネクタリファレンス

バージョン 2.3.1

設定


Dynamics 365

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Name (名前)

String (文字列)

この設定の名前。コネクタはこの名前の設定を参照します。

x

Connection (接続)

この設定に指定できる接続型。

x

Expiration Policy (有効期限ポリシー)

動的設定インスタンスがアイドル状態になってからランタイムで失効の対象とみなされるまでの最短時間を設定します。これは、インスタンスが有効期限の対象となった瞬間にプラットフォームでそのインスタンスが期限切れになるということではありません。ランタイムによって適切と判断されたときに、インスタンスがパージされます。

接続種別

Connection (接続)
パラメータ
名前 説明 デフォルト値 必須

Version (バージョン)

String (文字列)

接続する API のバージョン番号。

9.0

Scope (スコープ)

String (文字列)

openid

Resource (リソース)

String (文字列)

x

Response Type (応答種別)

String (文字列)

query

Read Timeout (読み取りタイムアウト)

Number (数値)

コンシューマが応答を待機する時間 (ミリ秒単位) を指定します。この時間を経過するとタイムアウトします。デフォルト値は 0 (無限) です。

0

Connection Timeout (接続タイムアウト)

Number (数値)

コンシューマが接続の確立を試行する時間 (ミリ秒単位) を指定します。この時間を経過するとタイムアウトになります。デフォルト値は 0 (無限) です。

0

Host (ホスト)

String (文字列)

プロキシのホスト名。このプロパティが設定されていない場合、プロキシは使用されません。それ以外の場合は、プロキシが使用されますが、プロキシホストを指定する必要があります。

Port (ポート)

Number (数値)

プロキシのポート。ホストが設定されている場合、このプロパティを設定する必要がありますが、負の数にすることはできません。

Username (ユーザ名)

String (文字列)

プロキシに対する認証に使用するユーザ名。このプロパティが設定されていない場合、プロキシに対して認証が使用されなくなります。それ以外の場合は、この値を指定する必要があります。

Password (パスワード)

String (文字列)

プロキシに対する認証に使用するパスワード。

Reconnection (再接続)

アプリケーションがデプロイされると、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true に設定されている場合、関連付けられている再接続戦略を実行してもテストに合格しなければ、デプロイに失敗します。

Pooling Profile (プーリングプロファイル)

接続プールの特性。

Consumer Key (コンシューマキー)

String (文字列)

サービスプロバイダに登録されている OAuth consumerKey。

x

Consumer Secret (コンシューマシークレット)

String (文字列)

サービスプロバイダに登録されている OAuth consumerSecret。

x

Authorization Url (認証 URL)

String (文字列)

サービスプロバイダの認証エンドポイント URL。

https://login.microsoftonline.com/oauth2/authorize

Access Token Url (アクセストークン URL)

String (文字列)

サービスプロバイダの accessToken エンドポイント URL。

https://login.microsoftonline.com/oauth2/token

Scopes (スコープ)

String (文字列)

ダンス時に要求される OAuth スコープ。指定されていない場合、デフォルトのアノテーションの範囲に設定されます。

Resource Owner Id (リソース所有者 ID)

String (文字列)

各コンポーネントが他を参照しない場合に使用する resourceOwnerId。

Before (前)

String (文字列)

OAuth ダンスを開始する直前に実行するフローの名前。

After (後)

String (文字列)

accessToken が受信された直後に実行するフローの名前。

Listener Config (リスナ設定)

String (文字列)

アクセストークンコールバックエンドポイントをキャッチするリスナの作成に使用する への参照。

x

Callback Path (コールバックパス)

String (文字列)

アクセストークンコールバックエンドポイントのパス。

x

Authorize path (認証パス)

String (文字列)

OAuth ダンスをトリガするローカル HTTP エンドポイントのパス。

x

External Callback Url (外部コールバック URL)

String (文字列)

コールバックエンドポイントがプロキシの内側にある場合や、直接 URL 以外でアクセスする必要がある場合は、このパラメータを使用して OAuth プロバイダに、コールバックへのアクセスに使用する URL を指示します。

Object Store (オブジェクトストア)

String (文字列)

各リソース所有者 ID のデータの保存に使用するオブジェクトストアへの参照。指定されていない場合、ランタイムが自動的にデフォルトのオブジェクトストアをプロビジョニングします。

OAuth Username Password
パラメータ
名前 説明 デフォルト値 必須

Version (バージョン)

String (文字列)

接続する API のバージョン番号。

9.0

Read Timeout (読み取りタイムアウト)

Number (数値)

コンシューマが応答を待機する時間 (ミリ秒単位) を指定します。この時間を経過するとタイムアウトします。デフォルト値は 0 (無限) です。

0

Connection Timeout (接続タイムアウト)

Number (数値)

コンシューマが応答を待機する時間 (ミリ秒単位) を指定します。この時間を経過するとタイムアウトします。デフォルト値は 0 (無限) です。

0

Host (ホスト)

String (文字列)

プロキシのホスト名。このプロパティが設定されていない場合、プロキシは使用されません。それ以外の場合は、プロキシが使用されますが、プロキシホストを指定する必要があります。

Port (ポート)

Number (数値)

プロキシのポート。ホストが設定されている場合、このプロパティを設定する必要がありますが、負の数にすることはできません。

Username (ユーザ名)

String (文字列)

プロキシに対する認証に使用するユーザ名。このプロパティが設定されていない場合、プロキシに対して認証が使用されなくなります。それ以外の場合は、この値を指定する必要があります。

Password (パスワード)

String (文字列)

プロキシに対する認証に使用するパスワード。

Username (ユーザ名)

String (文字列)

セッションの初期化に使用するユーザ名。

x

Password (パスワード)

String (文字列)

ユーザの認証に使用するパスワード。

x

Resource (リソース)

String (文字列)

Web API のアプリケーション ID URI (セキュアなリソース)。

x

Client Id (クライアント ID)

String (文字列)

アプリケーションを Azure AD に登録したときに割り当てられたアプリケーション ID。この ID は Azure Portal で確認できます。[Active Directory] をクリックして、ディレクトリをクリックし、アプリケーションを選択してから [Configure (設定)] をクリックします。

x

Client Secret (クライアントシークレット)

String (文字列)

アプリケーション登録ポータルでアプリケーション用に作成したアプリケーションシークレット。client_secrets は信頼のおける方法でデバイスに保存できないため、ネイティブアプリケーションで使用しないでください。この情報は Web アプリケーションと Web API で必要です (client_secret をサーバ側で安全に保存できます)。

x

Token Request Endpoint (トークン要求エンドポイント)

String (文字列)

x

Reconnection (再接続)

アプリケーションがデプロイされると、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true に設定されている場合、関連付けられている再接続戦略を実行してもテストに合格しなければ、デプロイに失敗します。

Pooling Profile (プーリングプロファイル)

接続プールの特性。

関連付けられたソース

操作

Create

<dynamics:create>

新規エンティティの作成:

  • 新規エンティティの作成 - https://msdn.microsoft.com/en-us/library/gg328090.aspx

  • エンティティの作成時の関連付け - https://msdn.microsoft.com/en-us/library/mt607875.aspx#Anchor_4

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Logical Name (論理名)

String (文字列)

エンティティの論理名。常にスキーマ名を小文字にしたものです。

x

Attributes (属性)

Object (オブジェクト)

マップとして作成されるエンティティの属性。

#[payload]

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式。この式の結果が対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

出力

Type (型)

String (文字列)

次の設定の場合

スロー

  • DYNAMICS:CONNECTIVITY

  • DYNAMICS:INVALID_PAGE_SIZE

  • DYNAMICS:NOT_FOUND

  • DYNAMICS:OPERATION_FAILED

  • DYNAMICS:PARSE_ERROR

  • DYNAMICS:RETRY_EXHAUSTED

  • DYNAMICS:UNAUTHORIZED

  • DYNAMICS:UNKNOWN

Create Multiple

<dynamics:create-multiple>

複数のエンティティの作成:

  • 新規エンティティの作成 - https://msdn.microsoft.com/en-us/library/gg328090.aspx

  • エンティティの作成時の関連付け - https://msdn.microsoft.com/en-us/library/mt607875.aspx#Anchor_4

  • バッチ要求 - https://msdn.microsoft.com/en-us/library/mt607719.aspx

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Logical Name (論理名)

String (文字列)

作成するエンティティの論理名。常にスキーマ名を小文字にしたものです。

x

Entities Attributes (エンティティの属性)

Array of Object (オブジェクトの配列)

マップのリストとして作成されるエンティティの属性のリスト。

#[payload]

Use Single Transaction (1 つのトランザクションの使用)

Boolean (ブール)

作成に 1 つのトランザクションを使用します。1 つのエンティティの作成に失敗すると、トランザクションがロールバックされます。

false

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式。この式の結果が対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • DYNAMICS:CONNECTIVITY

  • DYNAMICS:INVALID_PAGE_SIZE

  • DYNAMICS:NOT_FOUND

  • DYNAMICS:OPERATION_FAILED

  • DYNAMICS:PARSE_ERROR

  • DYNAMICS:RETRY_EXHAUSTED

  • DYNAMICS:UNAUTHORIZED

  • DYNAMICS:UNKNOWN

Delete (削除)

<dynamics:delete>

エンティティの削除:

  • エンティティの削除 - https://msdn.microsoft.com/en-us/library/mt607664.aspx

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Logical Name (論理名)

String (文字列)

エンティティの論理名。常にスキーマ名を小文字にしたものです。

x

Id (ID)

String (文字列)

削除するエンティティの ID。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • DYNAMICS:CONNECTIVITY

  • DYNAMICS:INVALID_PAGE_SIZE

  • DYNAMICS:NOT_FOUND

  • DYNAMICS:OPERATION_FAILED

  • DYNAMICS:PARSE_ERROR

  • DYNAMICS:RETRY_EXHAUSTED

  • DYNAMICS:UNAUTHORIZED

  • DYNAMICS:UNKNOWN

Delete Multiple

<dynamics:delete-multiple>

複数のエンティティの削除:

  • エンティティの削除 - https://msdn.microsoft.com/en-us/library/mt607664.aspx

  • バッチ要求 - https://msdn.microsoft.com/en-us/library/mt607719.aspx

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Logical Name (論理名)

String (文字列)

エンティティの論理名。常にスキーマ名を小文字にしたものです。

x

Id (ID)

Array of String (文字列の配列)

削除する ID のリスト。

#[payload]

Use Single Transaction (1 つのトランザクションの使用)

Boolean (ブール)

削除に 1 つのトランザクションを使用します。1 つのエンティティの削除に失敗すると、トランザクションがロールバックされます。

true

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式。この式の結果が対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • DYNAMICS:CONNECTIVITY

  • DYNAMICS:INVALID_PAGE_SIZE

  • DYNAMICS:NOT_FOUND

  • DYNAMICS:OPERATION_FAILED

  • DYNAMICS:PARSE_ERROR

  • DYNAMICS:RETRY_EXHAUSTED

  • DYNAMICS:UNAUTHORIZED

  • DYNAMICS:UNKNOWN

Disassociate

<dynamics:disassociate>

エンティティへの参照を削除します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Logical Name (論理名)

String (文字列)

エンティティの論理名。常にスキーマ名を小文字にしたものです。

x

Attributes (属性)

Object (オブジェクト)

要求のペイロードの関連付けを解除します。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • DYNAMICS:CONNECTIVITY

  • DYNAMICS:INVALID_PAGE_SIZE

  • DYNAMICS:NOT_FOUND

  • DYNAMICS:OPERATION_FAILED

  • DYNAMICS:PARSE_ERROR

  • DYNAMICS:RETRY_EXHAUSTED

  • DYNAMICS:UNAUTHORIZED

  • DYNAMICS:UNKNOWN

Do Action

<dynamics:do-action>

アクションのコール:

  • Web API アクションの使用 - https://msdn.microsoft.com/en-us/library/mt607600.aspx

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Action Name (アクション名)

String (文字列)

コールするアクション名

x

Bounded Entity Type (限度付きエンティティ種別)

String (文字列)

限度付きエンティティ種別 (省略可能)。アクションに限度がある場合は指定する必要があります。

Bounded Entity Id (限度付きエンティティ ID)

String (文字列)

限度付きエンティティ ID (省略可能)。アクションに限度がある場合は指定する必要があります。

Related Entitiess (関連エンティティ)

Object (オブジェクト)

要求でマップとして送信する本文。

#[payload]

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式。この式の結果が対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

出力

Type (型)

Object (オブジェクト)

次の設定の場合

スロー

  • DYNAMICS:CONNECTIVITY

  • DYNAMICS:INVALID_PAGE_SIZE

  • DYNAMICS:NOT_FOUND

  • DYNAMICS:OPERATION_FAILED

  • DYNAMICS:PARSE_ERROR

  • DYNAMICS:RETRY_EXHAUSTED

  • DYNAMICS:UNAUTHORIZED

  • DYNAMICS:UNKNOWN

Invoke

<dynamics:invoke>

汎用的なシンプルな呼び出しです。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Uri (URI)

String (文字列)

呼び出す URI。

x

Http Method (HTTP メソッド)

Enumeration (列挙)。次のいずれか:

  • GET

  • POST

  • PUT

  • PATCH

  • DELETE

呼び出す HTTP メソッド。

x

Headers (ヘッダー)

Object (オブジェクト)

要求で使用する HTTP ヘッダー。いくつかのデフォルトヘッダーが用意されています (詳細は、本ドキュメントを参照)。

Body (本文)

String (文字列)

要求の本文に配置する文字列。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式。この式の結果が対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

出力

Type (型)

Object (オブジェクト)

次の設定の場合

スロー

  • DYNAMICS:CONNECTIVITY

  • DYNAMICS:INVALID_PAGE_SIZE

  • DYNAMICS:NOT_FOUND

  • DYNAMICS:OPERATION_FAILED

  • DYNAMICS:PARSE_ERROR

  • DYNAMICS:RETRY_EXHAUSTED

  • DYNAMICS:UNAUTHORIZED

  • DYNAMICS:UNKNOWN

Retrieve

<dynamics:retrieve>

エンティティの取得:

  • エンティティの取得 - https://msdn.microsoft.com/en-us/library/mt607871.aspx

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Logical Name (論理名)

String (文字列)

エンティティの論理名。常にスキーマ名を小文字にしたものです。

x

Id (ID)

String (文字列)

取得するエンティティの ID。

#[payload]

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式。この式の結果が対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

出力

Type (型)

Object (オブジェクト)

次の設定の場合

スロー

  • DYNAMICS:CONNECTIVITY

  • DYNAMICS:INVALID_PAGE_SIZE

  • DYNAMICS:NOT_FOUND

  • DYNAMICS:OPERATION_FAILED

  • DYNAMICS:PARSE_ERROR

  • DYNAMICS:RETRY_EXHAUSTED

  • DYNAMICS:UNAUTHORIZED

  • DYNAMICS:UNKNOWN

Retrieve Multiple

<dynamics:retrieve-multiple>

URL による複数の取得:

  • Web API を使用したデータのクエリ - https://msdn.microsoft.com/en-us/library/gg334767.aspx

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Data Query URL (データクエリ URI)

String (文字列)

取得に使用する URI。

x

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページのサイズ。

5000

Streaming Strategy (ストリーミング戦略)

反復可能なストリームを使用するかどうかと、その動作を設定します。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式。この式の結果が対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

出力

Type (型)

Array of Object (オブジェクトの配列)

次の設定の場合

スロー

  • DYNAMICS:CONNECTIVITY

  • DYNAMICS:INVALID_PAGE_SIZE

  • DYNAMICS:NOT_FOUND

  • DYNAMICS:OPERATION_FAILED

  • DYNAMICS:PARSE_ERROR

  • DYNAMICS:UNAUTHORIZED

  • DYNAMICS:UNKNOWN

Retrieve Multiple By Query

<dynamics:retrieve-multiple-by-query>

DSQL クエリによる複数の取得:

  • Web API を使用したデータのクエリ - https://msdn.microsoft.com/en-us/library/gg334767.aspx

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Datasense Query (DataSense クエリ)

String (文字列)

取得に使用する DSQL クエリ。クエリは内部で取得 URL に変換されます。

x

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

結果ページの項目数。

5000

Streaming Strategy (ストリーミング戦略)

反復可能なストリームを使用するかどうかと、その動作を設定します。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式。この式の結果が対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

出力

Type (型)

Array of Object (オブジェクトの配列)

次の設定の場合

スロー

  • DYNAMICS:CONNECTIVITY

  • DYNAMICS:INVALID_PAGE_SIZE

  • DYNAMICS:NOT_FOUND

  • DYNAMICS:OPERATION_FAILED

  • DYNAMICS:PARSE_ERROR

  • DYNAMICS:UNAUTHORIZED

  • DYNAMICS:UNKNOWN

Unauthorize

<dynamics:unauthorize>

指定したソース所有者 ID のアクセストークン情報をすべて削除します。そのため、認証ダンスを再度実行しない限り、このユーザの操作を実行することができません。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Resource Owner Id (リソース所有者 ID)

String (文字列)

無効にするリソース所有者の ID。

次の設定の場合

Update

<dynamics:update>

Query:

  • 新規エンティティの作成 - https://msdn.microsoft.com/en-us/library/gg328090.aspx

  • エンティティの作成時の関連付け - https://msdn.microsoft.com/en-us/library/mt607875.aspx#Anchor_4

  • バッチ要求 - https://msdn.microsoft.com/en-us/library/mt607719.aspx

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Logical Name (論理名)

String (文字列)

エンティティの論理名。常にスキーマ名を小文字にしたものです。

x

Attributes (属性)

Object (オブジェクト)

エンティティの属性。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • DYNAMICS:CONNECTIVITY

  • DYNAMICS:INVALID_PAGE_SIZE

  • DYNAMICS:NOT_FOUND

  • DYNAMICS:OPERATION_FAILED

  • DYNAMICS:PARSE_ERROR

  • DYNAMICS:RETRY_EXHAUSTED

  • DYNAMICS:UNAUTHORIZED

  • DYNAMICS:UNKNOWN

Update Multiple

<dynamics:update-multiple>

複数のエンティティの更新:

  • エンティティの更新 - https://msdn.microsoft.com/en-us/library/mt607664.aspx

  • エンティティの更新時の関連付け - https://msdn.microsoft.com/en-us/library/mt607875.aspx#Anchor_4

  • バッチ要求 - https://msdn.microsoft.com/en-us/library/mt607719.aspx

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Logical Name (論理名)

String (文字列)

エンティティの論理名。常にスキーマ名を小文字にしたものです。

x

Entities Attributes (エンティティの属性)

Array of Object (オブジェクトの配列)

マップのリストとして更新されるエンティティの属性のリスト。

#[payload]

Use Single Transaction (1 つのトランザクションの使用)

Boolean (ブール)

更新に 1 つのトランザクションを使用します。1 つのエンティティの更新に失敗すると、トランザクションがロールバックされます。

false

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式。この式の結果が対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • DYNAMICS:CONNECTIVITY

  • DYNAMICS:INVALID_PAGE_SIZE

  • DYNAMICS:NOT_FOUND

  • DYNAMICS:OPERATION_FAILED

  • DYNAMICS:PARSE_ERROR

  • DYNAMICS:RETRY_EXHAUSTED

  • DYNAMICS:UNAUTHORIZED

  • DYNAMICS:UNKNOWN

Sources (ソース)

On Modified Object

<dynamics:on-modified-object>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Since (以降)

String (文字列)

必須の日付形式は 'yyyy-MM-dd'T'HH:mm:ss'Z' です。

Entity Type (エンティティ種別)

String (文字列)

x

Primary Node Only (プライマリノードのみ)

Boolean (ブール)

クラスタでこのソースを実行時に、プライマリノードでのみ実行するかどうか。

Scheduling Strategy (スケジュール戦略)

scheduling-strategy (スケジュール戦略)

ポーリングをトリガするスケジューラを設定します。

x

Redelivery Policy (再配信ポリシー)

同じメッセージの再配信の処理に関するポリシーを定義します。

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

出力

Type (型)

Object (オブジェクト)

Attributes Type (属性型)

Any (任意)

次の設定の場合

On New Object

<dynamics:on-new-object>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Since (以降)

String (文字列)

必須の日付形式は 'yyyy-MM-dd'T'HH:mm:ss'Z' です。

Entity Type (エンティティ種別)

String (文字列)

x

Primary Node Only (プライマリノードのみ)

Boolean (ブール)

クラスタでこのソースを実行時に、プライマリノードでのみ実行するかどうか。

Scheduling Strategy (スケジュール戦略)

scheduling-strategy (スケジュール戦略)

ポーリングをトリガするスケジューラを設定します。

x

Redelivery Policy (再配信ポリシー)

同じメッセージの再配信の処理に関するポリシーを定義します。

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

出力

Type (型)

Object (オブジェクト)

Attributes Type (属性型)

Any (任意)

次の設定の場合

Reconnection (再接続)

項目 説明 デフォルト値 必須

Fails Deployment (デプロイに失敗)

Boolean

アプリケーションがデプロイされたときに、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true に設定されている場合、関連する再接続戦略をすべて実行した後にテストに合格しないと、デプロイが失敗します。

Reconnection Strategy (再接続戦略)

使用する再接続戦略。

Reconnect (再接続)

項目 説明 デフォルト値 必須

Frequency (頻度)

Number (数値)

再接続の頻度 (ミリ秒単位)。

Count (カウント)

Number (数値)

再接続の試行回数。

Reconnect Forever (繰り返し再接続)

項目 説明 デフォルト値 必須

Frequency (頻度)

Number (数値)

再接続の頻度 (ミリ秒単位)。

Pooling Profile (プーリングプロファイル)

項目 説明 デフォルト値 必須

Max Active (最大アクティブ)

Number (数値)

一度にセッションから借りることができる Mule コンポーネントの数を制御します。負の値に設定した場合、同時にアクティブにできるコンポーネントの数に制限はありません。maxActive を超えた場合、プールは枯渇したと呼ばれます。

Max Idle (最大アイドル)

Number (数値)

プール内で同時にアイドル状態のままにできる Mule コンポーネントの最大数。負の値に設定した場合、同時にアイドルにできる Mule コンポーネントの数に制限はありません。

Max Wait (最大待機)

Number (数値)

プールが枯渇し、exhaustedAction が WHEN_EXHAUSTED_WAIT に設定されている場合に、プールされたコンポーネントが使用可能になるまで待機する時間 (ミリ秒) を指定します。

Min Eviction Millis (最小除去時間)

Number (数値)

オブジェクトが除去対象となるまでにオブジェクトをプール内でアイドル状態のままにできる最小時間を決定します。正の値以外の場合、アイドル時間のみによってオブジェクトがプールから削除されることはありません。

Eviction Check Interval Millis (除去確認間隔)

Number (数値)

オブジェクトエビクターの実行間隔 (ミリ秒) を指定します。正の値以外の場合、オブジェクトエビクターは実行されません。

Exhausted Action (枯渇アクション)

次のいずれかの Enumeration (列挙)

  • WHEN_EXHAUSTED_GROW

  • WHEN_EXHAUSTED_WAIT

  • WHEN_EXHAUSTED_FAIL

Mule コンポーネントプールが枯渇した場合のプールの動作を特定します。使用可能な値は次のいずれかです。WHEN_EXHAUSTED_FAIL: NoSuchElementException を発生させます。WHEN_EXHAUSTED_WAIT": 新規またはアイドルオブジェクトが使用可能になるまで、Object.wait(long) を呼び出してブロックします。WHEN_EXHAUSTED_GROW: 新しい Mule インスタンスを作成して返します。基本的に maxActive の意味がなくなります。正の maxWait 値を指定した場合、最大で数ミリ秒ブロックされた後 NoSuchElementException が発生します。maxThreadWait が負数の場合、無期限にブロックされます。

Initialisation Policy (初期化ポリシー)

次のいずれかの Enumeration (列挙)

  • INITIALISE_NONE

  • INITIALISE_ONE

  • INITIALISE_ALL

プール内のコンポーネントの初期化方法を決定します。使用可能な値は次のいずれかです。INITIALISE_NONE (起動時にプールにコンポーネントを読み込みません)、INITIALISE_ONE (起動時に 1 つの初期コンポーネントをプールに読み込みます)、INITIALISE_ALL (起動時にすべてのコンポーネントをプールに読み込みます)

Disabled (無効)

Boolean (ブール)

プーリングを無効化するかどうか。

Expiration Policy (有効期限ポリシー)

項目 説明 デフォルト値 必須

Max Idle Time (最大アイドル時間)

Number (数値)

有効期限の対象とみなされるまで、動的設定インスタンスがアイドル状態を維持できる最大時間のスカラー時間値。

Time Unit (時間単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれか:

  • NANOSECONDS (ナノ秒)

  • MICROSECONDS (マイクロ秒)

  • MILLISECONDS (ミリ秒)

  • SECONDS (秒)

  • MINUTES (分)

  • HOURS (時)

  • DAYS (日)

maxIdleTime 属性に使用できる時間単位。

Redelivery Policy (再配信ポリシー)

項目 説明 デフォルト値 必須

Max Redelivery Count (最大再配信数)

Number (数値)

正常に処理されずにプロセス失敗メッセージがトリガされるまでにメッセージを再配信できる最大回数。

Use Secure Hash (セキュアハッシュを使用)

Boolean (ブール)

再配信されたメッセージの識別にセキュアハッシュアルゴリズムを使用するかどうか。

Message Digest Algorithm (メッセージダイジェストアルゴリズム)

String (文字列)

使用するセキュアハッシュアルゴリズム。設定しない場合、デフォルトの SHA-256 になります。

Id Expression (ID 式)

String (文字列)

メッセージがいつ再配信されたのかを判断するために使用する 1 つ以上の式を定義します。このプロパティは、useSecureHash が false の場合にのみ設定できます。

Object Store (オブジェクトストア)

ObjectStore

各メッセージの再配信カウンタが保存されるオブジェクトストア。

Bulk Operation Result (一括操作結果)

項目 説明 デフォルト値 必須

Id (ID)

Any (任意)

Items (項目)

Array of Bulk Item (一括項目) (BulkItem の配列)

Successful (成功)

Boolean (ブール)

Bulk Item (一括項目)

項目 説明 デフォルト値 必須

Exception (例外)

Any (任意)

Id (ID)

Any (任意)

Message (メッセージ)

String (文字列)

Payload (ペイロード)

Object (オブジェクト)

Status Code (状況コード)

String (文字列)

Successful (成功)

Boolean (ブール)

Repeatable In Memory Iterable (反復可能なメモリ内イテラブル)

項目 説明 デフォルト値 必須

Initial Buffer Size (初期バッファサイズ)

Number (数値)

ストリームをコンシュームし、ランダムアクセスを提供するために、メモリ内に保持するインスタンス数。ストリームにこのバッファを超えるデータが含まれる場合、バッファは bufferSizeIncrement 属性に従って上限の maxInMemorySize まで拡張されます。デフォルト値は 100 インスタンスです。

Buffer Size Increment (バッファサイズ増分)

Number (数値)

バッファが初期サイズを超えた場合にどれだけ拡張するか。値を 0 以下に設定すると、バッファが拡張されません。つまり、バッファがフルになると、STREAM_MAXIMUM_SIZE_EXCEEDED エラーが発生します。デフォルト値は 100 インスタンスです。

Max Buffer Size (最大バッファサイズ)

Number (数値)

使用するメモリの最大量。これより大きい値が使用されると、STREAM_MAXIMUM_SIZE_EXCEEDED エラーが発生します。0 以下の値は無制限を意味します。

Repeatable File Store Iterable (反復可能なファイルストアイテラブル)

項目 説明 デフォルト値 必須

Max In Memory Size (最大メモリ内サイズ)

Number (数値)

メモリ内に保持されるインスタンスの最大量。これ以上の量が必要な場合、コンテンツはディスク上にバッファされます。

Buffer Unit (バッファ単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれか:

  • BYTE (バイト)

  • KB (キロバイト)

  • MB (メガバイト)

  • GB (ギガバイト)

maxInMemorySize で表される単位。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub