Microsoft Dynamics AX コネクタリファレンス

デフォルト設定

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Name (名前)

String (文字列)

この設定の名前。コネクタはこの名前の設定を参照します。

x

Connection (接続)

Gateway Username Password (ゲートウェイユーザ名パスワード)

この設定に指定できる接続種別。

x

Expiration Policy (有効期限ポリシー)

ExpirationPolicy

ランタイムで有効期限の対象とみなされるまで、動的設定インスタンスがアイドル状態を維持できる最小時間を設定します。これは、インスタンスが有効期限の対象となった瞬間にプラットフォームでそのインスタンスが期限切れになるということではありません。ランタイムによって適切と判断されたときに、インスタンスが実際にパージされます。

ゲートウェイユーザ名パスワード接続種別

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Disable SSL Certificate validation (SSL 証明書検証の無効化)

Boolean (ブール)

HTTPS 証明書を処理するとき、証明書に信頼するパートナーの署名がない場合、サーバから例外が返されることがあります。これを防止するために、CN (一般名) チェックを無効にすることができます。注意: これは本番環境ではお勧めしません。

false

Gateway Router Service Address (ゲートウェイルータサービスアドレス)

String (文字列)

CRM インスタンスへの要求を転送するゲートウェイサービスのアドレス ('https://mygateway.com/router')。

x

Aos Endpoint Port (AOS エンドポイントポート)

String (文字列)

サービスの WSDL で返されるポートを上書きします。

Connection Timeout (接続タイムアウト)

Number (数値)

コネクタ要求の接続タイムアウトを設定するために使用します。この省略可能な値の単位はミリ秒です (無制限のタイムアウトは 0)。

Receive Timeout (受信タイムアウト)

Number (数値)

コネクタ要求の受信タイムアウトを設定するために使用します。この省略可能な値の単位はミリ秒です (無制限のタイムアウトは 0)。

Company (会社)

String (文字列)

すべてのコール内で使用する会社を設定します (この設定は 'dynamicsax.callcontext.company' 送信プロパティを使用して上書きできます)。

Language (言語)

String (文字列)

すべてのコール内で使用する言語を設定します (この設定は 'dynamicsax.callcontext.language' 送信プロパティを使用して上書きできます)。

Logon As User (ユーザとしてログオン)

String (文字列)

すべてのコール内で使用するユーザを設定します (この設定は 'dynamicsax.callcontext.logonAsUser' 送信プロパティを使用して上書きできます)。

Message Id (メッセージ ID)

String (文字列)

すべてのコール内で使用するメッセージ ID を設定します (この設定は 'dynamicsax.callcontext.messageId' 送信プロパティを使用して上書きできます)。

Partition Key (パーティションキー)

String (文字列)

すべてのコール内で使用するパーティションキーを設定します (この設定は 'dynamicsax.callcontext.partitionKey' 送信プロパティを使用して上書きできます)。

Username (ユーザ名)

String (文字列)

x

Password (パスワード)

String (文字列)

x

Aos Server Name (AOS サーバ名)

String (文字列)

アプリケーションオブジェクトサーバ (AOS) WSDL サーバ名。

x

Aos Wsdl Port (AOS WSDL ポート)

String (文字列)

アプリケーションオブジェクトサーバ (AOS) WSDL ポート。

x

Reconnection (再接続)

Reconnection (再接続)

アプリケーションがデプロイされたときに、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true に設定されている場合、関連する再接続戦略をすべて実行した後にテストに合格しないと、デプロイが失敗します。

関連操作

  • Invoke Document Service Operation

  • Query Table

  • Static Query

Invoke Document Service Operation

<microsoft-dynamics-ax:invoke-document-service-operation>

Document Service 操作を実行します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Action Input (アクション入力)

Binary (バイナリ)

#[payload]

Streaming Strategy (ストリーミング戦略)

  • Repeatable In Memory Iterable Type (反復可能なメモリ内イテラブル種別)

  • Repeatable File Store Stream Type (反復可能なファイルストアストリーム種別)

反復可能なストリームとその動作を使用するよう設定します。

Service (サービス)

String (文字列)

サービスグループ名 (第 1 レベルのメタデータキー)。

x

Action (アクション)

String (文字列)

アクション名 (第 2 レベルのメタデータキー)。

x

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。この式の出力は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

  • Reconnect (再接続)

  • Reconnect Forever (繰り返し再接続)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

Binary (バイナリ)

次の設定の場合

  • dynamics-ax-config

スロー

  • MICROSOFT-DYNAMICS-AX:CONNECTIVITY

  • MICROSOFT-DYNAMICS-AX:INVALID_SESSION

  • MICROSOFT-DYNAMICS-AX:RETRY_EXHAUSTED

  • MICROSOFT-DYNAMICS-AX:TRANSACTION

  • MICROSOFT-DYNAMICS-AX:TRANSFORMATION

  • MICROSOFT-DYNAMICS-AX:UNKNOWN

  • MICROSOFT-DYNAMICS-AX:VALIDATION

Query Table

<microsoft-dynamics-ax:query-table>

新規レコードを作成します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Query (クエリ)

String (文字列)

x

Items Per Page (1 ページあたりの項目数)

Number (数値)

x

Streaming Strategy (ストリーミング戦略)

  • Repeatable In Memory Iterable (反復可能なメモリ内イテラブル)

  • Repeatable File Store Iterable (反復可能なファイルストアイテラブル)

反復可能なストリームとその動作を使用するよう設定します。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。この式の出力は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

  • Reconnect (再接続)

  • Reconnect Forever (繰り返し再接続)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

Array of Object (オブジェクトの配列)

次の設定の場合

  • dynamics-ax-config

スロー

  • MICROSOFT-DYNAMICS-AX:CONNECTIVITY

  • MICROSOFT-DYNAMICS-AX:INVALID_SESSION

  • MICROSOFT-DYNAMICS-AX:TRANSACTION

  • MICROSOFT-DYNAMICS-AX:TRANSFORMATION

  • MICROSOFT-DYNAMICS-AX:UNKNOWN

  • MICROSOFT-DYNAMICS-AX:VALIDATION

Static Query

<microsoft-dynamics-ax:static-query>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Static Query Name (静的クエリ名)

String (文字列)

x

Ranges (範囲)

Object (オブジェクト)

#[payload]

Items Per Page (1 ページあたりの項目数)

Number (数値)

Streaming Strategy (ストリーミング戦略)

  • Repeatable In Memory Stream (反復可能なメモリ内ストリーム)

  • Repeatable File Store Iterable (反復可能なファイルストアイテラブル)

反復可能なストリームとその動作を使用するよう設定します。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。この式の出力は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

  • Reconnect (再接続)

  • Reconnect Forever (繰り返し再接続)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

Array of Object (オブジェクトの配列)

次の設定の場合

  • dynamics-ax-config

スロー

  • MICROSOFT-DYNAMICS-AX:CONNECTIVITY

  • MICROSOFT-DYNAMICS-AX:INVALID_SESSION

  • MICROSOFT-DYNAMICS-AX:TRANSACTION

  • MICROSOFT-DYNAMICS-AX:TRANSFORMATION

  • MICROSOFT-DYNAMICS-AX:UNKNOWN

  • MICROSOFT-DYNAMICS-AX:VALIDATION

Reconnection (再接続) 型

項目 説明 デフォルト値 必須

Fails Deployment (デプロイに失敗)

Boolean

アプリケーションがデプロイされたときに、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true に設定されている場合、関連する再接続戦略をすべて実行した後にテストに合格しないと、デプロイが失敗します。

Reconnection Strategy (再接続戦略)

  • Reconnect (再接続)

  • Reconnect Forever (繰り返し再接続)

使用する再接続戦略

Reconnect (再接続) 型

項目 説明 デフォルト値 必須

Frequency (頻度)

Number (数値)

再接続の頻度 (ミリ秒単位)。

Count (カウント)

Number (数値)

再接続の試行回数。

Reconnect Forever (繰り返し再接続) 型

項目 説明 デフォルト値 必須

Frequency (頻度)

Number (数値)

再接続の頻度 (ミリ秒単位)。

Expiration Policy (有効期限ポリシー) 型

項目 説明 デフォルト値 必須

Max Idle Time (最大アイドル時間)

Number (数値)

有効期限の対象とみなされるまで、動的設定インスタンスがアイドル状態を維持できる最大時間のスカラー時間値。

Time Unit (時間単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれか:

  • NANOSECONDS (ナノ秒)

  • MICROSECONDS (マイクロ秒)

  • MILLISECONDS (ミリ秒)

  • SECONDS (秒)

  • MINUTES (分)

  • HOURS (時)

  • DAYS (日)

maxIdleTime 属性に使用できる時間単位。

Repeatable In Memory Stream Type (反復可能なメモリ内ストリーム種別)

項目 説明 デフォルト値 必須

Initial Buffer Size (初期バッファサイズ)

Number (数値)

ストリームを使用し、ランダムアクセスを提供するために割り当てられるメモリ量。ストリームに含まれているデータがこのバッファに適合できる量を超えている場合、bufferSizeIncrement 属性に従って拡張され、上限は maxInMemorySize となります。

Buffer Size Increment (バッファサイズ増分)

Number (数値)

バッファサイズが初期サイズを超えた場合に、どれくらい拡張されるか。値を 0 以下に設定すると、バッファが拡張されません。つまり、バッファがフルになると、STREAM_MAXIMUM_SIZE_EXCEEDED エラーが発生します。

Max Buffer Size (最大バッファサイズ)

Number (数値)

使用するメモリの最大量。これを超えると、STREAM_MAXIMUM_SIZE_EXCEEDED エラーが発生します。0 以下の値は無制限を意味します。

Buffer Unit (バッファ単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれか:

  • BYTE (バイト)

  • KB (キロバイト)

  • MB (メガバイト)

  • GB (ギガバイト)

これらのすべての属性の単位。

Repeatable File Store Stream Type (反復可能なファイルストアストリーム種別)

項目 説明 デフォルト値 必須

Max In Memory Size (最大メモリ内サイズ)

Number (数値)

データをメモリ内に保持するためにストリームで使用する最大メモリを定義します。これを超えると、ディスクへのコンテンツのバッファが開始されます。

Buffer Unit (バッファ単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれか:

  • BYTE (バイト)

  • KB (キロバイト)

  • MB (メガバイト)

  • GB (ギガバイト)

maxInMemorySize で表される単位。

Repeatable In Memory Iterable Type (反復可能なメモリ内イテラブル種別)

項目 説明 デフォルト値 必須

Initial Buffer Size (初期バッファサイズ)

Number (数値)

ストリームをコンシュームし、ストリームへのランダムアクセスを提供するために最初にメモリ内に保持できるインスタンスの数。ストリームのデータ量がこのバッファサイズを超える場合は、bufferSizeIncrement 属性に従って、maxInMemorySize を上限としてバッファが拡張されます。デフォルト値は 100 インスタンスです。

Buffer Size Increment (バッファサイズ増分)

Number (数値)

バッファサイズが初期サイズを超えた場合に、どれだけ拡張するか。値を 0 以下に設定すると、バッファが拡張されず、バッファがフルになると、STREAM_MAXIMUM_SIZE_EXCEEDED エラーが発生します。デフォルト値は 100 インスタンスです。

Max Buffer Size (最大バッファサイズ)

Number (数値)

使用するメモリの最大量。これを超えると、STREAM_MAXIMUM_SIZE_EXCEEDED エラーが発生します。0 以下の値は無制限を意味します。

Repeatable File Store Iterable (反復可能なファイルストアイテラブル) 型

項目 説明 デフォルト値 必須

Max In Memory Size (最大メモリ内サイズ)

Number (数値)

メモリ内に保持されるインスタンスの最大量。これ以上の量が必要な場合、コンテンツはディスク上にバッファされます。

Buffer Unit (バッファ単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれか:

  • BYTE (バイト)

  • KB (キロバイト)

  • MB (メガバイト)

  • GB (ギガバイト)

maxInMemorySize で表される単位。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub