Microsoft MSMQ コネクタリファレンス

MSMQ Receiver Configuration (MSMQ 受信者設定)

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Name (名前)

String (文字列)

この設定の名前。コネクタはこの名前の設定を参照します。

x

Connection (接続)

Msmq

この設定に指定できる接続種別。

x

Message Count (メッセージ数)

Number (数値)

x

Polling Frequency (ポーリング頻度)

Number (数値)

ゲートウェイからメッセージを取得するポーリング頻度 (ミリ秒)。

x

Message Formatter (メッセージフォーマッタ)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • None (なし)

  • ActiveXMessageFormatter

メッセージをエンコードまたはデコードするために使用する MSMQ メッセージフォーマッタ。

x

Message Delivery (メッセージ配信)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • NoAcknowledgement (肯定応答なし)

  • AtLeastOnce (少なくとも 1 回)

ゲートウェイからメッセージを受信するときのメッセージ配信モード。

Expiration Policy (有効期限ポリシー)

ExpirationPolicy

ランタイムで有効期限の対象とみなされるまで、動的設定インスタンスがアイドル状態を維持できる最小時間を設定します。これは、インスタンスが有効期限の対象となった瞬間にプラットフォームでそのインスタンスが期限切れになるということではありません。ランタイムによって適切と判断されたときに、インスタンスがパージされます。

MSMQ 接続種別

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Gateway Service Address (ゲートウェイサービスアドレス)

String (文字列)

x

Gateway Access Token (ゲートウェイアクセストークン)

String (文字列)

x

Queue Name (キュー名) (省略可能)

String (文字列)

UNC パスまたは FormatName 表記のキュー名。例: .\private$\myqueue

Impersonation Username (偽装ユーザ名) (省略可能)

String (文字列)

Impersonation Password (偽装パスワード) (省略可能)

String (文字列)

Ignore SSL Warnings (SSL 警告を無視)

Boolean (ブール)

false

Reconnection (再接続)

Reconnection (再接続)

アプリケーションがデプロイされたときに、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true に設定されている場合、関連する再接続戦略をすべて実行した後にテストに合格しないと、デプロイが失敗します。

関連付けられたソース

  • msmq

MSMQ Sender Configuration (MSMQ 送信者設定)

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Name (名前)

String (文字列)

この設定の名前。コネクタはこの名前の設定を参照します。

x

Connection (接続)

Msmq

この設定に指定できる接続種別。

x

Message Formatter (メッセージフォーマッタ)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • None (なし)

  • ActiveXMessageFormatter

メッセージをエンコードまたはデコードするために使用する MSMQ メッセージフォーマッタ。

x

Expiration Policy (有効期限ポリシー)

ExpirationPolicy

ランタイムで有効期限の対象とみなされるまで、動的設定インスタンスがアイドル状態を維持できる最小時間を設定します。これは、インスタンスが有効期限の対象となった瞬間にプラットフォームでそのインスタンスが期限切れになるということではありません。ランタイムによって適切と判断されたときに、インスタンスがパージされます。

MSMQ 接続種別

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Gateway Service Address (ゲートウェイサービスアドレス)

String (文字列)

x

Gateway Access Token (ゲートウェイアクセストークン)

String (文字列)

x

Queue Name (キュー名) (省略可能)

String (文字列)

UNC パスまたは FormatName 表記のキュー名。例: .\private$\myqueue

Impersonation Username (偽装ユーザ名) (省略可能)

String (文字列)

Impersonation Password (偽装パスワード) (省略可能)

String (文字列)

Ignore SSL Warnings (SSL 警告を無視)

Boolean (ブール)

false

Reconnection (再接続)

Reconnection (再接続)

アプリケーションがデプロイされたときに、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true に設定されている場合、関連する再接続戦略をすべて実行した後にテストに合格しないと、デプロイが失敗します。

関連操作

  • 送信

Send 操作

<msmq:send>

キューに指定されたメッセージを送信します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Queue Name (キュー名)

String (文字列)

Message Formatter (メッセージフォーマッタ)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • None (なし)

  • ActiveXMessageFormatter (AcitiveX メッセージフォーマッタ)

メッセージフォーマッタ。

Payload (ペイロード)

Binary (バイナリ)

送信するメッセージ。

#[payload]

Impersonation Username (偽装ユーザ名)

String (文字列)

(省略可能) 入力すると、MSMQ にアクセスするときにユーザ名が偽装されます。ユーザ名の形式は、ローカルコンピュータユーザは [username]、ドメインユーザは [DOMAIN]\[username] を使用します。

Impersonation Password (偽装パスワード)

String (文字列)

(省略可能) 入力すると、MSMQ にアクセスするときにユーザのパスワードが偽装されます。

Time to be received (受信までの時間)

Number (数値)

(省略可能) メッセージの有効期間 (秒)。0 は、メッセージが期限切れにならないことを意味します。

0

Time to reach queue (キュー到達時間)

Number (数値)

(省略可能) メッセージがゲートウェイから宛先キューに到達するまでの許容時間を表す期間 (秒)。0 は、メッセージが期限切れにならないことを意味します。

0

Reconnection Strategy (再接続戦略)

  • reconnect

  • reconnect-forever

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

  • msmq-sender-config

スロー

  • MSMQ:CONNECTIVITY

  • MSMQ:RETRY_EXHAUSTED

Sources (ソース)

Msmq

<msmq:msmq>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Redelivery Policy (再配信ポリシー)

RedeliveryPolicy

同じメッセージの再配信を処理するためのポリシー。

Streaming Strategy (ストリーミング戦略)

  • repeatable-in-memory-stream (反復可能メモリ内ストリーム)

  • repeatable-file-store-stream

  • non-repeatable-stream

反復可能なストリームとその動作を使用するように設定します。

Reconnection Strategy (再接続戦略)

  • reconnect

  • reconnect-forever

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

Any (いずれか)

Attributes Type (属性型)

Any (任意)

次の設定の場合

  • msmq-receiver-config

Reconnection (再接続)

項目 説明 デフォルト値 必須

Fails Deployment (デプロイに失敗)

Boolean

アプリケーションがデプロイされたときに、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true に設定されている場合、関連する再接続戦略をすべて実行した後にテストに合格しないと、デプロイが失敗します。

Reconnection Strategy (再接続戦略)

  • reconnect

  • reconnect-forever

使用する再接続戦略。

Reconnect (再接続)

項目 説明 デフォルト値 必須

Frequency (頻度)

Number (数値)

再接続の頻度 (ミリ秒)。

Count (カウント)

Number (数値)

再接続の試行回数。

Reconnect Forever (繰り返し再接続)

項目 説明 デフォルト値 必須

Frequency (頻度)

Number (数値)

再接続の頻度 (ミリ秒)。

Expiration Policy (有効期限ポリシー)

項目 説明 デフォルト値 必須

Max Idle Time (最大アイドル時間)

Number (数値)

有効期限の対象となるまで、動的設定インスタンスがアイドル状態を維持できる最大時間のスカラー時間値。

Time Unit (時間単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれか:

  • NANOSECONDS (ナノ秒)

  • MICROSECONDS (マイクロ秒)

  • MILLISECONDS (ミリ秒)

  • SECONDS (秒)

  • MINUTES (分)

  • HOURS (時)

  • DAYS (日)

maxIdleTime 属性に使用できる時間単位。

Redelivery Policy (再配信ポリシー)

項目 説明 デフォルト値 必須

Max Redelivery Count (最大再配信数)

Number (数値)

正常に処理されずにプロセス失敗メッセージがトリガされるまでにメッセージを再配信できる最大回数。

Use Secure Hash (セキュアハッシュを使用)

Boolean (ブール)

再配信されたメッセージの識別にセキュアハッシュアルゴリズムを使用するかどうか。

Message Digest Algorithm (メッセージダイジェストアルゴリズム)

String (文字列)

使用するセキュアハッシュアルゴリズム。設定しない場合、デフォルトの SHA-256 になります。

Id Expression (ID 式)

String (文字列)

メッセージがいつ再配信されたのかを判断するために使用する 1 つ以上の式を定義します。このプロパティは、useSecureHash が false の場合にのみ設定できます。

Object Store (オブジェクトストア)

ObjectStore

各メッセージの再配信カウンタが保存されるオブジェクトストア。

Repeatable In Memory Stream (反復可能なメモリ内ストリーム)

項目 説明 デフォルト値 必須

Initial Buffer Size (初期バッファサイズ)

Number (数値)

ストリームをコンシュームしてランダムにアクセスするために割り当てられるメモリ量。ストリームにこのバッファを超えるデータが含まれる場合、バッファは bufferSizeIncrement 属性に従って上限の maxInMemorySize まで拡張されます。

Buffer Size Increment (バッファサイズ増分)

Number (数値)

バッファサイズが初期サイズを超えた場合に、どれだけ拡張するか。値を 0 以下に設定すると、バッファが拡張されません。つまり、バッファがフルになると、STREAM_MAXIMUM_SIZE_EXCEEDED エラーが発生します。

Max Buffer Size (最大バッファサイズ)

Number (数値)

使用するメモリの最大量。これを超えると、STREAM_MAXIMUM_SIZE_EXCEEDED エラーが発生します。0 以下の値は無制限を意味します。

Buffer Unit (バッファ単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれか:

  • BYTE (バイト)

  • KB (キロバイト)

  • MB (メガバイト)

  • GB (ギガバイト)

これらのすべての属性の単位。

Repeatable File Store Stream (反復可能なファイルストアストリーム)

項目 説明 デフォルト値 必須

Max In Memory Size (最大メモリ内サイズ)

Number (数値)

データをメモリ内に保持するためにストリームで使用する最大メモリを定義します。これを超えると、ディスクへのコンテンツのバッファが開始されます。

Buffer Unit (バッファ単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれか:

  • BYTE (バイト)

  • KB (キロバイト)

  • MB (メガバイト)

  • GB (ギガバイト)

maxInMemorySize で表される単位。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub