SAP SuccessFactors コネクタリファレンス

Configuration (設定)

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Name (名前)

String (文字列)

この設定の名前。コネクタはこの名前の設定を参照します。

x

Connection (接続)

この設定に指定できる接続種別。

x

Expiration Policy (有効期限ポリシー)

ランタイムで有効期限の対象とみなされるまで、動的設定インスタンスがアイドル状態を維持できる最小時間を設定します。これは、インスタンスが有効期限の対象となった瞬間にプラットフォームでそのインスタンスが期限切れになるということではありません。インスタンスは、必要な場合にのみランタイムによってパージされます。

Basic Authentication Connection Type

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Proxy Configuration (プロキシ設定)

次のいずれかになります。

Data Center’s EndPoint URL (データセンターのエンドポイント URL)

String (文字列)

Data Center’s EndPoint URL (データセンターのエンドポイント URL)

x

Use Persistent Connections (永続接続を使用)

Boolean (ブール)

false の場合、各接続は最初の要求が完了すると終了します。

true

Max Connections (最大接続数)

Number (数値)

同時に開いておくことができるアウトバウンド接続の最大数。デフォルトでは、接続数は無制限です。

-1

Connection Idle Timeout (接続アイドルタイムアウト)

Number (数値)

接続が終了するまでのアイドル状態を維持できるミリ秒。この属性の値は、永続接続が有効になっている場合にのみ使用されます。

30000

Stream Response (応答をストリーミング)

Boolean (ブール)

受信した応答をストリーミングするかどうか。これは、すべてのヘッダーが解析されるとすぐに処理が続行されて、到着時に本文がストリーミングされることを意味します。設定されたバッファサイズによっては、メモリに収まらず、容量が空くまで処理が停止する可能性があるため、有効になっている場合は徐々に応答を読み取る必要があります。

false

Response Buffer Size (応答バッファサイズ)

Number (数値)

HTTP 応答が保存されるバッファの容量 (バイト)。

-1

Connection Timeout (接続タイムアウト)

Number (数値)

30000

Company ID (会社 ID)

String (文字列)

会社 ID。

x

User Name (ユーザ名)

String (文字列)

ユーザ名。

x

Password (パスワード)

String (文字列)

パスワード。

x

Enable Session Reuse (セッション再利用を有効化)

Boolean (ブール)

セッション再利用機能を有効にするブール。デフォルトでは、false になっています。

false

TLS Configuration (TLS 設定)

TLS

通信に使用するプロトコル。有効な値は HTTP と HTTPS です。デフォルト値は HTTP です。HTTPS を使用すると、HTTP 通信が TLS/SSL を使用して保護されます。プロトコルとして HTTPS が設定されている場合、ユーザはこの listener-config の tls:context 子要素で少なくともキーストアを設定する必要があります。

Reconnection (再接続)

アプリケーションがデプロイされたときに、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true に設定されている場合、関連する再接続戦略をすべて実行した後にテストに合格しないと、デプロイが失敗します。

Create Entity

<successfactors:create-entity>

新しい Create Entity 操作を作成します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Entity Set Name (エンティティセット名)

String (文字列)

作成されたエンティティが含まれるエンティティセット名。

x

Properties (プロパティ)

Object (オブジェクト)

エンティティのプロパティ。

#[payload]

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が格納される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。この式の出力は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

出力

Object (オブジェクト)

次の設定の場合

スロー

  • SUCCESSFACTORS:BadRequestException

  • SUCCESSFACTORS:CONNECTIVITY

  • SUCCESSFACTORS:INVALID_PAGE_SIZE

  • SUCCESSFACTORS:META_DATA_ERROR

  • SUCCESSFACTORS:NOT_FOUND

  • SUCCESSFACTORS:OPERATION_FAILED

  • SUCCESSFACTORS:PARSE_ERROR

  • SUCCESSFACTORS:RETRY_EXHAUSTED

  • SUCCESSFACTORS:UNAUTHORIZED

  • SUCCESSFACTORS:UNKNOWN

  • SUCCESSFACTORS:VALIDATION

Delete Entity

<successfactors:delete-entity>

この操作は、特定のエンティティのエントリを削除します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Entity Set Name (エンティティセット名)

String (文字列)

エンティティの名前。

x

Key Properties (キープロパティ)

Object (オブジェクト)

#[payload]

x

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • SUCCESSFACTORS:BadRequestException

  • SUCCESSFACTORS:CONNECTIVITY

  • SUCCESSFACTORS:INVALID_PAGE_SIZE

  • SUCCESSFACTORS:META_DATA_ERROR

  • SUCCESSFACTORS:NOT_FOUND

  • SUCCESSFACTORS:OPERATION_FAILED

  • SUCCESSFACTORS:PARSE_ERROR

  • SUCCESSFACTORS:RETRY_EXHAUSTED

  • SUCCESSFACTORS:UNAUTHORIZED

  • SUCCESSFACTORS:UNKNOWN

  • SUCCESSFACTORS:VALIDATION

Get Entity By ID

<successfactors:get-entity-by-id>

OData URI を構成するエンティティを取得します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Entity Set Name (エンティティセット名)

String (文字列)

エンティティと特定のキーを使用して検索するエンティティセット名。

x

Key Properties (キープロパティ)

Object (オブジェクト)

#[payload]

x

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が格納される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。この式の出力は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

出力

Object (オブジェクト)

次の設定の場合

スロー

  • SUCCESSFACTORS:CONNECTIVITY

  • SUCCESSFACTORS:RETRY_EXHAUSTED

Query

<successfactors:query>

確定した種別のクエリエンティティ。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Entity Set Name (エンティティセット名)

String (文字列)

リストするエンティティの種別。

x

Filter (検索条件)

Order By Values (並び替えの基準値)

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

100

Top (トップ)

Number (数値)

Skip (スキップ)

Number (数値)

Streaming Strategy (ストリーミング戦略)

繰り返し可能なストリームを使用するように設定します。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が格納される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。この式の出力は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

出力

Array of Object (オブジェクトの配列)

次の設定の場合

Update

<successfactors:update>

この操作は、エンティティの既存のデータを置き換えるため、エンティティのすべてのプロパティ値は、リクエストボディで提供される値になります。要求でデータが提供されない場合はデフォルト値になります。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Entity Set Name (エンティティセット名)

String (文字列)

更新されるエンティティの種別。この値は、SuccessFactors OData 記述ファイルに動的に読み込まれます。

x

Properties (プロパティ)

Object (オブジェクト)

新しいエンティティに提供されるプロパティ。これらのプロパティには、エンティティのキーが含まれている必要があります。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • SUCCESSFACTORS:BadRequestException

  • SUCCESSFACTORS:CONNECTIVITY

  • SUCCESSFACTORS:INVALID_PAGE_SIZE

  • SUCCESSFACTORS:META_DATA_ERROR

  • SUCCESSFACTORS:NOT_FOUND

  • SUCCESSFACTORS:OPERATION_FAILED

  • SUCCESSFACTORS:PARSE_ERROR

  • SUCCESSFACTORS:RETRY_EXHAUSTED

  • SUCCESSFACTORS:UNAUTHORIZED

  • SUCCESSFACTORS:UNKNOWN

  • SUCCESSFACTORS:VALIDATION

TLS

項目 説明 デフォルト値 必須

Enabled Protocols (有効化されたプロトコル)

String (文字列)

このコンテキストで有効化されたプロトコルのカンマ区切りリスト。

Enabled Cipher Suites (有効化された暗号化スイート)

String (文字列)

このコンテキストで有効化された暗号化スイートのカンマ区切りリスト。

Trust Store (信頼ストア)

Key Store (キーストア)

Revocation Check (取り消し確認)

Trust Store (信頼ストア)

項目 説明 デフォルト値 必須

Path (パス)

String (文字列)

トラストストアの現在のクラスパスやファイルシステム (可能な場合) に対して相対的に解決される場所。

Password (パスワード)

String (文字列)

信頼ストアを保護するために使用するパスワード。

String (文字列)

使用するストアの型。

Algorithm (アルゴリズム)

String (文字列)

信頼ストアで使用するアルゴリズム。

Insecure (安全ではない)

Boolean (ブール)

true の場合、証明書の検証が行われず、攻撃に対して脆弱な接続がレンダリングされます。各自の責任で使用してください。

Key Store (キーストア)

項目 説明 デフォルト値 必須

Path (パス)

String (文字列)

キーストアの現在のクラスパスやファイルシステム (可能な場合) に対して相対的に解決される場所。

String (文字列)

使用するストアの型。

Alias (別名)

String (文字列)

キーストアに多数の非公開鍵がある場合、この属性は、使用する鍵の別名を示します。定義しない場合、ファイルにある最初のキーがデフォルトで使用されます。

Key Password (鍵のパスワード)

String (文字列)

非公開鍵を保護するために使用するパスワード。

Password (パスワード)

String (文字列)

キーストアを保護するために使用するパスワード。

Algorithm (アルゴリズム)

String (文字列)

キーストアで使用するアルゴリズム。

Standard Revocation Check (標準の取り消し確認)

項目 説明 デフォルト値 必須

Only End Entities (最後のエンティティのみ)

Boolean (ブール)

証明書チェーンの最後の要素のみを確認します。

Prefer Crls (CRL を優先)

Boolean (ブール)

最初に OCSP ではなく CRL を試みます。

No Fallback (代替なし)

Boolean (ブール)

第 2 の確認方法 (以前に選択されていない方法) を使用しません。

Soft Fail (ソフトフェイル)

Boolean (ブール)

取り消しサーバに到達できない場合や取り消しサーバが混雑している場合に検証エラーを回避します。

Custom OCSP Responder (カスタム OCSP レスポンダ)

項目 説明 デフォルト値 必須

Url (URL)

String (文字列)

OCSP レスポンダの URL。

Cert Alias (証明書の別名)

String (文字列)

(信頼ストアに含まれている) OCSP 応答の署名証明書の別名 (存在する場合)。

CRL File (CRL ファイル)

項目 説明 デフォルト値 必須

Path (パス)

String (文字列)

CRL ファイルへのパス。

Reconnection (再接続)

項目 説明 デフォルト値 必須

Fails Deployment (デプロイに失敗)

Boolean

アプリケーションがデプロイされたときに、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。trure に設定されている場合、関連する再接続戦略をすべて実行した後にテストに合格しないと、デプロイが失敗します。

Reconnection Strategy (再接続戦略)

使用する再接続戦略。

Reconnect (再接続)

項目 説明 デフォルト値 必須

Frequency (頻度)

Number (数値)

再接続の頻度 (ミリ秒)。

Count (カウント)

Number (数値)

再接続の試行回数。

Reconnect Forever (繰り返し再接続)

項目 説明 デフォルト値 必須

Frequency (頻度)

Number (数値)

再接続の頻度 (ミリ秒)。

Expiration Policy (有効期限ポリシー)

項目 説明 デフォルト値 必須

Max Idle Time (最大アイドル時間)

Number (数値)

有効期限の対象とみなされるまで、動的設定インスタンスがアイドル状態を維持できる最大時間のスカラー時間値。

Time Unit (時間単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれか:

  • NANOSECONDS (ナノ秒)

  • MICROSECONDS (マイクロ秒)

  • MILLISECONDS (ミリ秒)

  • SECONDS (秒)

  • MINUTES (分)

  • HOURS (時)

  • DAYS (日)

maxIdleTime 属性に使用できる時間単位。

Order By Value (並び替え基準)

項目 説明 デフォルト値 必須

Order Type (順序種別)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • ASCENDING (昇順)

  • DESCENDING (降順)

Property (プロパティ)

String (文字列)

Repeatable In Memory Iterable (反復可能なメモリ内イテラブル)

項目 説明 デフォルト値 必須

Initial Buffer Size (初期バッファサイズ)

Number (数値)

これは、ストリームを使用し、ランダムアクセスを提供するために、最初にメモリ内に保持が許容されるインスタンスの量です。ストリームのデータ量がこのバッファサイズを超える場合は、bufferSizeIncrement 属性に従って、maxInMemorySize を上限としてバッファが拡張されます。デフォルト値は 100 インスタンスです。

Buffer Size Increment (バッファサイズ増分)

Number (数値)

バッファサイズが初期サイズを超えた場合に、どれだけ拡張するか。値を 0 以下に設定すると、バッファが拡張されません。バッファがフルになると、STREAM_MAXIMUM_SIZE_EXCEEDED エラーが発生します。デフォルト値は 100 インスタンスです。

Max Buffer Size (最大バッファサイズ)

Number (数値)

使用するメモリの最大量。これを超えると、STREAM_MAXIMUM_SIZE_EXCEEDED エラーが発生します。0 以下の値は無制限を意味します。

Repeatable File Store Iterable (反復可能なファイルストアイテラブル)

項目 説明 デフォルト値 必須

Max In Memory Size (最大メモリ内サイズ)

Number (数値)

メモリ内に保持されるインスタンスの最大量。これを超えると、ディスクへのコンテンツのバッファが開始されます。

Buffer Unit (バッファ単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれか:

  • BYTE (バイト)

  • KB (キロバイト)

  • MB (メガバイト)

  • GB (ギガバイト)

maxInMemorySize で表される単位。

Default (デフォルト)

項目 説明 デフォルト値 必須

Host (ホスト)

String (文字列)

プロキシ要求が送信されるホスト。

x

Port (ポート)

Number (数値)

プロキシ要求が送信されるポート。

x

Username (ユーザ名)

String (文字列)

プロキシに対して認証するユーザ名。

Password (パスワード)

String (文字列)

プロキシに対して認証するパスワード。

Non Proxy Hosts (非プロキシホスト)

String (文字列)

プロキシの使用対象にならないカンマ区切りホストのリスト。

NTLM

項目 説明 デフォルト値 必須

Ntlm Domain (NTLM ドメイン)

String (文字列)

プロキシに対して認証するドメイン。

x

Host (ホスト)

String (文字列)

プロキシ要求が送信されるホスト。

x

Port (ポート)

Number (数値)

プロキシ要求が送信されるポート。

x

Username (ユーザ名)

String (文字列)

プロキシに対して認証するユーザ名。

Password (パスワード)

String (文字列)

プロキシに対して認証するパスワード。

Non Proxy Hosts (非プロキシホスト)

String (文字列)

プロキシの使用対象にならないカンマ区切りホストのリスト。

Addition (加算)

項目 説明 デフォルト値 必須

Field Name (項目名)

String (文字列)

x

Division (区分)

項目 説明 デフォルト値 必須

Field Name (項目名)

String (文字列)

x

Module (モジュール)

項目 説明 デフォルト値 必須

Field Name (項目名)

String (文字列)

x

Multiplication (乗算)

項目 説明 デフォルト値 必須

Field Name (項目名)

String (文字列)

x

Subtraction (減算)

項目 説明 デフォルト値 必須

Field Name (項目名)

String (文字列)

x

In (含まれる)

項目 説明 デフォルト値 必須

Field Name (項目名)

String (文字列)

x

Like (部分一致)

項目 説明 デフォルト値 必須

Field Name (項目名)

String (文字列)

x

Query Value (クエリ値)

項目 説明 デフォルト値 必須

Value (値)

String (文字列)

Equal To (等しい)

項目 説明 デフォルト値 必須

Compared Value (比較値)

String (文字列)

x

Field Name (項目名)

String (文字列)

x

Greater Than (より大きい)

項目 説明 デフォルト値 必須

Compared Value (比較値)

String (文字列)

x

Field Name (項目名)

String (文字列)

x

Lesser Than (より小さい)

項目 説明 デフォルト値 必須

Compared Value (比較値)

String (文字列)

x

Field Name (項目名)

String (文字列)

x

Ends With (次で終わる)

項目 説明 デフォルト値 必須

Value (値)

String (文字列)

x

Field Name (項目名)

String (文字列)

x

Starts With (次で始まる)

項目 説明 デフォルト値 必須

Value (値)

String (文字列)

x

Field Name (項目名)

String (文字列)

x

To Lowercase (小文字にする)

項目 説明 デフォルト値 必須

Field Name (項目名)

String (文字列)

x

To Uppercase (大文字にする)

項目 説明 デフォルト値 必須

Field Name (項目名)

String (文字列)

x

Trim (切り取り)

項目 説明 デフォルト値 必須

Field Name (項目名)

String (文字列)

x

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub