SFTP コネクタを使用したファイルのコピーと移動

このコネクタには、必要に応じてファイルやディレクトリをコピーおよび移動する機能もあります。

<sftp:copy sourcePath="source.txt"
  targetPath="backup" overwrite="true|false"
  createParentDirectories="true|false"
  renameTo="renamed.txt"/>
<sftp:move sourcePath="source.txt"
  targetPath="backup"  overwrite="true|false"
  createParentDirectories="true|false"
  renameTo="renamed.txt"/>

targetPath および renameTo パラメータに注意してください。

  • targetPath は、ファイルのコピー先または移動先のディレクトリへのパスです。このパスはディレクトリを参照する必要があります。

  • renameTo は、操作の一環としてファイル名を変更する省略可能なパラメータです。このパラメータはパスではなくファイル名である必要があります。この属性を指定しない場合、元のファイル名が保持されます。

ファイルの移動

SFTP にはコピーおよび移動のネイティブ概念がありますが、FTP にはありません。FTP コネクタは、ファイルの内容をダウンロードして新しい場所に書き込むことで、これらの操作をシミュレートします。これらの操作はすべて読み取りを開始すると同時に書き込みを開始する同時ストリームで実行されますが、コピーや移動によってかなりのネットワークオーバーヘッドが発生するため、慎重に行う必要があります。

SFTP の Move 操作は、ネットワークのオーバーヘッドに影響しません。

ディレクトリの作成

この操作では、単に特定の名前のディレクトリが作成されます。ディレクトリを作成する理由が作成直後にコンテンツをそのディレクトリに書き込む、コピーする、または移動することである場合、wirte、copy、または move 操作で createParentDirectories=true パラメータを指定してください。

パラメータ、リターンタイプ、エラーの詳細な説明については、SFTP の「Create Directory」操作を参照してください。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub