Web サービスコンシューマ

Web Service Consumer (WSC) コネクタは、SOAP Web サービスをコンシュームして外部ソースからデータを取得します。多くの場合、Workday や Service Now など、既存の MuleSoft コネクタを使用してサービスプロバイダに接続できます。ただし、特定の Web サービス用のコネクタがない場合、Mule アプリケーションからサービスをコンシュームする最も簡単な方法は、Web Service Consumer コネクタを使用することです。

このコネクタの主な機能は次のとおりです。

  • ドキュメントリテラルの Web サービスのコンシューム。

  • SOAP マルチパートメッセージ。

  • SOAP ヘッダー。

  • SOAP ヘッダー、SOAP 本文、添付ファイルの DataSense サポート。

  • 操作内に埋め込まれた DataWeave 変換。

  • 添付ファイルと MTOM 処理を使用する SOAP のサポートおよび統一された体験

  • トランスポートとしてのカスタム HTTP 設定 (ランタイムとデザインタイム)。

  • WS-Security のサポート。

関連情報

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub