XML モジュールを使用した XSD スキーマに対するドキュメントの検証

<xml-module:validate-schema> 操作は、入力コンテンツが指定されたスキーマに準拠していることを検証します。この操作は、相互を含む多数のスキーマの参照 (区切り文字としてカンマを使用) をサポートしています。

次の例は、ウィリアム・シェイクスピアの戯曲『オセロ』の脚本を記載した XML を処理する方法を示しています。XML ファイルは次のようになります。

<flow name="process">
    <xml-module:validate-schema schemas="schema1.xsd, schema2.xsd" />
    <flow-ref name="processValidDocument" />
</flow>

この操作はデフォルトで、メッセージペイロードレベルで入力ドキュメントを検索します。他方、次のような独自の入力を行うこともできます。

<flow name="process">
    <file:read path="document.xml" target="xmlDoc" />
    <xml-module:validate-schema schemas="schema1.xsd, schema2.xsd">
        <xml-module:content>#[vars.xmlDoc]</xml-module:content>
    </xml:module:validate-schema>
    <flow-ref name="processValidDocument" />
</flow>

<validation:all> 要素内の <xml-module:validate-schema> コンポーネントを使用できます。

検証エラーの処理

検証に成功した場合は何も起こらず、フローの次の操作に進みます。失敗した場合は、XML-MODULE:SCHEMA_NOT_HONOURED エラーが生じます。

XML-MODULE:SCHEMA_NOT_HONOURED は複雑なエラーです。検証に失敗する理由は多数あるため、エラーにはメッセージのリストが含まれます。各メッセージには、次のような構造の SchemaViolation オブジェクトが含まれます。

SchemaViolation オブジェクト
{
  lineNumber: Number,
  columnNumber: Number,
  description: String
}

次の例を考えてみます。

 <flow name="extractErrorsFromException">
    <try>
        <xml-module:validate-schema schemas="schema.xsd" /> (1)
        <error-handler>
            <on-error-propagate type="XML-MODULE:SCHEMA_NOT_HONOURED"> (2)
                <foreach collection="#[error.errorMessage.payload]">
                    <logger level="ERROR" message="#['At line: $(payload.lineNumber), column: $(payload.columnNumber) -> $(payload.description)']" /> (3)
                </foreach>
            </on-error-propagate>
        </error-handler>
    </try>
</flow>
ERROR 2018-02-16 14:35:45,722 [[MuleRuntime].cpuIntensive.01: [SchemaValidationTestCase#extractErrorsUsingExpressions].extractErrorsFromException.CPU_INTENSIVE @411e886b] org.mule.runtime.core.internal.processor.LoggerMessageProcessor: At line: -1, column: -1 -> cvc-complex-type.2.4.a: Invalid content was found starting with element 'fail'. One of '{used}' is expected.

関連情報

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub