XML 名前空間を含める

ヘッダーでさまざまな名前空間を定義し、各タグで参照できます。 開始する前に、DataWeave 2.0 (%dw 2.0​) は Mule 4 アプリケーションを対象とすることに注意してください。Mule 3 アプリケーションの場合、Mule 3.9 ドキュメントセットの DataWeave 1.0 (%dw 1.0​) の例を参照してください。他の Mule バージョンの場合は、目次の Mule Runtime バージョンセレクタを使用できます。

Mule 4.2.1 リリース以降、DataWeave では、名前空間キーおよび属性を動的に生成できます。

次の例では、以下を使用します。

  • ヘッダーの名前空間定義用の ​ns

  • XML 要素の他の属性を定義する ​@

DataWeave スクリプト:
%dw 2.0
output application/xml
ns orders http://www.acme.com/shemas/Orders
ns stores http://www.acme.com/shemas/Stores
---
root:
    orders#orders: {
        stores#shipNodeId: "SF01",
        stores#shipNodeId @(shipsVia:"LA01"): "NY03"
    }
出力 XML:
<?xml version='1.0' encoding='UTF-8'?>
<root>
  <orders:orders xmlns:orders="http://www.acme.com/shemas/Orders">
    <stores:shipNodeId xmlns:stores="http://www.acme.com/shemas/Stores">SF01</stores:shipNodeId>
    <stores:shipNodeId xmlns:stores="http://www.acme.com/shemas/Stores" shipsVia="LA01">NY03</stores:shipNodeId>
  </orders:orders>
</root>

動的に生成された名前空間の値

サポートの開始は Mule バージョン 4.2.1 以降

名前空間キーおよび属性の次のサンプル出力値では、DataWeave が DataWeave 変数で定義された入力を使用してその役割を果たしています。

DataWeave スクリプト:
%dw 2.0
fun dynKeyNs(ns0: Namespace, value: Any) = { ns0#myDynKey: value }
fun dynAttrNs(ns0: Namespace, value: Any) = { myChildTag @(ns0#myDynAttribute: true): value }
var namespace1 = {uri: "http://acme.com", prefix: "ns0"} as Namespace
var namespace2 = {uri: "http://emca.com", prefix: "ns0"} as Namespace
output application/xml
---
root:

{
  mytagA: dynKeyNs(namespace1, "myTest1"),
  myTagB: dynKeyNs(namespace2, "myTest2"),
  myTagC: dynAttrNs(namespace1, "myTest1"),
  myTagD: dynAttrNs(namespace2, "myTest2")
}
出力 XML:
<?xml version='1.0' encoding='UTF-8'?>
<root>
  <mytagA>
    <ns0:myDynKey xmlns:ns0="http://acme.com">myTest1</ns0:myDynKey>
  </mytagA>
  <myTagB>
    <ns0:myDynKey xmlns:ns0="http://emca.com">myTest2</ns0:myDynKey>
  </myTagB>
  <myTagC>
    <myChildTag xmlns:ns0="http://acme.com" ns0:myDynAttribute="true">myTest1</myChildTag>
  </myTagC>
  <myTagD>
    <myChildTag xmlns:ns0="http://emca.com" ns0:myDynAttribute="true">myTest2</myChildTag>
  </myTagD>
</root>

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!