Arrays (dw::core::Arrays)

このモジュールには、配列を処理するためのヘルパー関数が含まれます。

このモジュールを使用するには、DataWeave コードにインポートする必要があります。その方法として、たとえば、行 import * from dw::core::Arrays​ を DataWeave スクリプトの ヘッダーに追加します。

関数

名前 説明

countBy

配列内の、関数の結果と一致する要素をカウントします。

divideBy

配列を、指定数の要素が含まれるサブ配列に分割します。

drop

最初の n​ 個の要素をドロップします。n <= 0​ の場合は元の配列を返し、n > sizeOf(array)​ の場合は空の配列を返します。

dropWhile

条件を満たす場合に要素を配列から削除しますが、条件を満たさない要素に達したら選択プロセスを停止します。

every

配列内のすべての要素が条件に一致すると true​ を返します。

firstWith

条件を満たす最初の要素を返すか、条件を満たす要素がない場合は null​ を返します。

indexOf

配列内で最初に出現する要素のインデックスを返します。

indexWhere

配列内で条件に一致する最初に出現する要素のインデックスを返します。

join

オブジェクトの 2 つの配列を、指定された ID 条件で結合します。

leftJoin

オブジェクトの 2 つの配列を、指定された ID 条件で結合します。

outerJoin

オブジェクトの 2 つの配列を、指定された ID​ 条件で結合します。

partition

条件を満たす要素と条件を満たさない要素に配列を分割します。

slice

条件 (from <= indexOf(array) < until​) を満たす要素の間隔を選択します。

some

配列内の 1 つ以上の要素が指定された条件に一致すると true​ を返します。

splitAt

配列を、指定された位置で 2 つに分割します。

splitWhere

配列を、条件を満たす最初の位置で 2 つに分割します。

sumBy

配列内の要素の値の合計を返します。

take

最初の n​ 個の要素を選択します。n <= 0​ の場合は空の配列を返し、n > sizeOf(array)​ の場合は元の配列を返します。

takeWhile

条件を満たす場合に要素を配列から選択しますが、条件を満たさない要素に達したら選択プロセスを停止します。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!