Runtime (dw::Runtime)

このモジュールには、DataWeave エンジンを操作する関数が含まれています。

このモジュールを使用するには、DataWeave コードにインポートする必要があります。その方法として、たとえば、行 import * from dw::Runtime​ を DataWeave スクリプトの ヘッダーに追加します。

関数

名前 説明

fail

指定されたメッセージと共に例外をスローします。

failIf

エバリュエータの式が true​ を返す場合は、指定されたメッセージでエラーを生成し、それ以外の場合は値を返します。

locationString

指定された値の位置の文字列を返します。

orElse

previous​ の try 結果が失敗の場合は orElse​ の結果を返し、失敗でない場合は previous​ の結果を返します。

orElseTry

複数の try​ をチェーニングするために try で使用される関数

prop

指定された名前のプロパティの値を返すか、プロパティが定義されていない場合は null​ を返します。

props

Mule Runtime に設定されたすべてのプロパティを返します。

try

デリゲート関数を評価し、デリゲート関数が成功した場合は success: true​ と result​ を含むオブジェクトを返し、デリゲート関数が例外をスローした場合は success: false​ と error​ を含むオブジェクトを返します。

wait

指定されたタイムアウト (ミリ秒) の間、実行を停止します。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!