DataWeave を使用した日付の解析

これらの DataWeave の例では、DataWeave ヘッダーで関数 (​fun​) を定義して、さまざまな日付形式内の日付区切り文字 (​/​、​.​、​-​) を正規化して、すべてで同じ区切り文字 (​-​) が使用されるようにします。 開始する前に、DataWeave 2.0 (%dw 2.0​) は Mule 4 アプリケーションを対象とすることに注意してください。Mule 3 アプリケーションの場合、Mule 3.9 ドキュメントセットの DataWeave 1.0 (%dw 1.0​) の例を参照してください。他の Mule バージョンの場合は、目次の Mule Runtime バージョンセレクタを使用できます。

この例では、次の関数を使用します。

  • すべての日付を 1 つのパターンに一致させる ​replace​。

  • date​ 要素を調べる ​mapObject​。スクリプトで正規化関数を各 ​date​ に適用します。

  • 値のデータ型を特定の日付形式の Date (日付) 型に変更する ​as​ (2 番目の DataWeave スクリプト)。

例: String (文字列) 型として日付を返す

DataWeave スクリプト:
%dw 2.0
output application/xml
fun normalize(date) = (date) replace "/" with "-" replace "." with "-"
---
dates: (payload.dates mapObject {
    normalized_as_string: normalize($)
})
入力 XML ペイロード:
<dates>
  <date>26-JUL-16</date>
  <date>27/JUL/16</date>
  <date>28.JUL.16</date>
</dates>
出力 XML:
<?xml version='1.0' encoding='US-ASCII'?>
<dates>
  <normalized_as_string>26-JUL-16</normalized_as_string>
  <normalized_as_string>27-JUL-16</normalized_as_string>
  <normalized_as_string>28-JUL-16</normalized_as_string>
</dates>

例: Date (日付) 型として日付を返す

DataWeave スクリプト:
%dw 2.0
output application/xml
fun normalize(date) = (date) replace "/" with "-" replace "." with "-"
---
// Outputs date values as Date types in the specified format
dates: (payload.dates mapObject {
    normalized_as_date: (normalize($) as Date {format: "d-MMM-yy"})
})
入力 XML ペイロード:
<dates>
  <date>26-JUL-16</date>
  <date>27/JUL/16</date>
  <date>28.JUL.16</date>
</dates>
出力 XML:
<?xml version='1.0' encoding='UTF-8'?>
<dates>
  <normalized_as_date>2016-07-26</normalized_as_date>
  <normalized_as_date>2016-07-27</normalized_as_date>
  <normalized_as_date>2016-07-28</normalized_as_date>
</dates>

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!