ServiceNow コネクタの XML リファレンス

ServiceNow 設定の XML 要素は servicenow ステートメントで始まります。

コネクタの名前空間とスキーマ

Anypoint Studio でアプリケーションをデザインする場合、コネクタをパレットから Anypoint Studio キャンバスにドラッグすると、コネクタの​名前空間​と​スキーマの場所​が XML コードに自動的に入力されます。

名前空間: http://www.mulesoft.org/schema/mule/servicenow
スキーマの場所: http://www.mulesoft.org/schema/mule/servicenow/current/mule-servicenow.xsd

Studio の XML エディタや他のテキストエディタで Mule アプリケーションを手動でコーディングする場合は、名前空間とスキーマの場所を​設定 XML のヘッダーの <mule> タグ内に指定してください。

<mule xmlns="http://www.mulesoft.org/schema/mule/core"
      xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
      xmlns:connector="http://www.mulesoft.org/schema/mule/servicenow"
      xsi:schemaLocation="
               http://www.mulesoft.org/schema/mule/core
               http://www.mulesoft.org/schema/mule/core/current/mule.xsd
               http://www.mulesoft.org/schema/mule/servicenow
               http://www.mulesoft.org/schema/mule/servicenow/current/mule-servicenow.xsd">

      <!-- put your global configuration elements and flows here -->

</mule>

注意: スキーマパスには current を指定します。Studio は、この値を現在の Mule バージョンとして解釈します。

Maven 連動関係情報

Maven 連動関係を管理するため、この XML スニペットを pom.xml ファイルに挿入してください。

<dependency>
  <groupId>org.mule.modules</groupId>
  <artifactId>mule-module-servicenow</artifactId>
  <version>6.0.0</version>
  <classifier>mule-plugin</classifier>
</dependency>

<version> タグ内で、目的のバージョン番号を指定するか、最新リリースの場合は RELEASE、最新の使用可能なバージョンの場合は SNAPSHOT を指定します。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub