ServiceNow コネクタ - はじめに - Mule 4

サポートカテゴリ: 選択

ServiceNow コネクタバージョン 6.4

ServiceNow 用 Anypoint コネクタ (ServiceNow コネクタ) は、Mule Runtime EngineMule (Mule) アプリケーションと ServiceNow アプリケーション間の接続を提供します。 カスタム ServiceNow テーブルに対しては、ServiceNow 操作に加えて、インストールされているプラグインで利用できるすべての操作を使用します。

コネクタについて

Anypoint コネクタは、Salesforce、ServiceNow、Twitter などの外部システムの API やリソースに接続するための Mule Runtime Engine の拡張機能です。

前提条件

アプリケーションを作成する前に、ServiceNow の対象リソースおよび Anypoint Platform へのアクセス権を持っている必要があります。Design Center または Anypoint Studio を使用して Mule アプリケーションを作成する方法も理解しておく必要があります。

Audience (オーディエンス)

コネクタの一般的なユースケース

ServiceNow コネクタを使用すると、HR、法務、調達、運用、マーケティング、および施設の各部署のビジネスプロセスを完全に統合できます。 120 を超える Anypoint コネクタとの接続により、エンタープライズ内およびエンタープライズ外の接続をすばやく容易に作成できます。

MuleSoft Anypoint ServiceNow コネクタを使用すると、会社は ServiceNow API との API 接続をすぐに作成できるため、MuleSoft Anypoint Platform 内から ServiceNow にすばやく容易に連携できます。

「例」​のユースケースには、ServiceNow インシデントレコードの取得が含まれます。

次のステップ

前提条件を満たし、テンプレートおよび例を試したら、Design Center​ または Anypoint Studio​ でアプリケーションを作成できます。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!