例: VM コネクタを使用した動的ルーティング - Mule 4

式を使用して、特定の条件に応じて異なるキューにメッセージを送信する汎用フローを作成できます。たとえば、queueName​ 属性でも式を使用して、パブリッシュおよびリスンの例​をより興味深いものにすることができます。

たとえば、HTTP コネクタを使用して取得する JSON オブジェクトに、書き込む必要があるキューの名前に直接マップする宛先オブジェクトが含まれている場合、次のようにできます。

<flow name="publish">
    <http:listener path="/json-here" allowedMethods="POST" config-ref="httpListener" />
    <vm:publish queueName="#[payload.destination]">
        <vm:content>#[payload.body]</vm:content>
    </vm:publish>
    <logger/>
</flow>

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!