VM コネクタの XML と Maven のサポート - Mule 4

XML で Mule アプリケーションを手動でコーディングすることもできますが、Anypoint Studio を使用した方が効率的です。

Anypoint Studio の XML エディタまたはテキストエディタから Mule Runtime Engine (Mule) アプリケーションを手動でコーディングする場合、参照ステートメントを XML Mule フローと Apache Maven ​pom.xml​ ファイルの両方に追加することで、アプリケーションでコネクタにアクセスできます。

コネクタを Studio に追加すると、Studio は自動的に XML コードにコネクタの名前空間およびスキーマの場所を入力します。さらに、​pom.xml​ ファイルに連動関係を追加します。

コネクタの名前空間の追加

次のコードを設定 XML のヘッダーの ​<mule>​ タグ内に貼り付けます。

http://www.mulesoft.org/schema/mule/vm
http://www.mulesoft.org/schema/mule/vm/current/mule-vm.xsd

次の例は、​<mule>​ XML ブロック内に名前空間ステートメントが配置される方法を示しています。

<mule xmlns:vm="http://www.mulesoft.org/schema/mule/vm"
	xmlns:ee="http://www.mulesoft.org/schema/mule/ee/core"
	xmlns:http="http://www.mulesoft.org/schema/mule/http"
	xmlns:file="http://www.mulesoft.org/schema/mule/file"
	xmlns="http://www.mulesoft.org/schema/mule/core"
	xmlns:doc="http://www.mulesoft.org/schema/mule/documentation"
	xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
	xsi:schemaLocation="http://www.mulesoft.org/schema/mule/core
	http://www.mulesoft.org/schema/mule/core/current/mule.xsd
	http://www.mulesoft.org/schema/mule/file
	http://www.mulesoft.org/schema/mule/file/current/mule-file.xsd
	http://www.mulesoft.org/schema/mule/http
	http://www.mulesoft.org/schema/mule/http/current/mule-http.xsd
	http://www.mulesoft.org/schema/mule/ee/core
	http://www.mulesoft.org/schema/mule/ee/core/current/mule-ee.xsd
	http://www.mulesoft.org/schema/mule/vm
	http://www.mulesoft.org/schema/mule/vm/current/mule-vm.xsd">

POM ファイルの連動関係の追加

Apache Maven ​pom.xml​ ファイルは Anypoint Studio によって生成され、Mule アプリケーションの連動関係が含まれます。Mule アプリケーションを手動でコーディングする場合、次の XML スニペットを ​pom.xml​ ファイルに含めてこのコネクタにアクセスできるようにします:

<dependency>
  <groupId>org.mule.connectors</groupId>
  <artifactId>mule-vm-connector</artifactId>
  <version>x.x.x</version>
  <classifier>mule-plugin</classifier>
</dependency>

x.x.x​ を使用しているコネクタに対応するバージョンに置き換えます。

最新の ​pom.xml​ ファイル情報を取得する手順は、次のとおりです。

  1. Anypoint Exchange​ に移動します。

  2. Exchange で、​[Login (ログイン)]​ をクリックし、Anypoint Platform のユーザ名とパスワードを指定します。

  3. Exchange で、「​vm connector​」を検索します。

  4. コネクタを選択します。

  5. 画面の右上付近にある ​[Dependency Snippets (連動関係スニペット)]​ をクリックします。