Assert That イベントプロセッサについて

Assert That イベントプロセッサでは、Mule イベントのコンテンツの状態を検証するためにアサーションを実行できます。
このイベントプロセッサは、本番コードの実行後に Muleイベントを検証するために使用できます。

たとえば、ペイロードが特定の値と等しいことをアサートするため、equalTo() マッチャーを使用して Assert-That プロセッサを設定できます。

<munit-tools:assert-that
  expression="#[payload]"
  is="#[MunitTools::equalTo('example')]"
  message="The payload should be ‘example’"/>

または、nullValue() マッチャーを使用してペイロードが null かどうかを確認することもできます。

<munit-tools:assert-that
  expression="#[payload]"
  is="#[MunitTools::nullValue()]"
  message="The payload is null"/>

これらのアサーションが失敗すると、プロセッサは ​java.lang.AssertionError​ をスローします。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!