FAQ: MUnit がカバー率を計算する方法

MUnit カバー率モジュールの測定単位はイベントプロセッサです。
MUnit は、MUnit テストの実行結果として実行されたすべてのイベントプロセッサをカウントし、その数をアプリケーション全体を構成するイベントプロセッサの数と比較することで、カバー率を計算します。
レポートは結果情報がフローおよび設定ファイル別に整理されますが、計算は多数のイベントプロセッサに対して実行されます。

原則として、最上位の XML ノード内の各 XML ノードはイベントプロセッサです。それはフロー、サブフロー、キャッチ、バッチ内の各ノードです。
最上位の要素はイベントプロセッサではありません。

XML 構造の性質上、主にコンテナ要素 (子要素を含む XML) の場合にこの定義は混乱を招く可能性があります。
そのような混乱を避けるため、Mule のコンテナである最も一般的なイベントプロセッサと、それらが MUnit カバー率でどのように考慮されるかのリストを次に示します。

  • コンテナ要素と考慮されるイベントプロセッサ

    • Choice Router

    • Until Successful

    • First Successful

    • Scatter Gather

    • For Each

  • コンテナ要素と考慮されないイベントプロセッサ

    • Batch Step

    • Error Handlers

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub