MUnit Maven プラグイン設定リファレンス

MUnit Maven プラグインでは、一連の省略可能なパラメータを設定できます。

Table 1. Maven プラグインパラメータ
名前 説明

argLines

List

テスト実行で設定する追加の JVM 引数行。

coverage

設定

テスト実行で設定されるカバー率設定。

dynamicPorts

List

テスト実行で設定される動的ポート。

enableSurefireReports

boolean (ブール)

surefire 形式で MUnit テストの結果を生成するには、値を ​true​ に設定します。
デフォルト値: true

munitTest

String (文字列)

実行する MUnit の名前。

munitTags

String (文字列)

MUnit タグの名前。これらの名前でタグ付けされたテストのみが実行されます。

skipMunitTests

boolean (ブール)

すべての MUnit テストをスキップする場合、​true​ に設定します。
デフォルト値: false

skipAfterFailure

boolean (ブール)

1 つのテストが失敗すると、すべてのテストがスキップされます。
デフォルト値: false

munitTestsDirectory

ファイル

MUnit テストが保存されているディレクトリ。
デフォルト値: ${project.build.directory}/test-mule/munit

runtimeVersion

String (文字列)

Mule Runtime のバージョン (大文字と小文字は区別される) デフォルトでは、mule-artifact.json の pom.xml ファイルで定義されている Mule バージョンで実行されます。

runtimeProduct

String (文字列)

Runtime の種別。Community Edition の想定値は MULE、Enterprise Edition の想定値は ​MULE_EE​ です。
デフォルトでは、この値は mule-artifact.json ファイルの requiredProduct パラメータから取得されます。

environmentVariables

Map (マップ)

テスト実行で設定される追加の環境変数。

redirectTestOutputToFile

boolean (ブール)

MUnit テストの標準出力をファイルにリダイレクトするには、値を ​true​ に設定します。
デフォルト値: false

systemPropertyVariables

Map (マップ)

テスト実行で設定されるシステムプロパティ。

testOutputDirectory

ファイル

テスト出力が書き込まれるディレクトリ。
デフォルト値: ${project.build.directory}/munit-reports/output/

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub