Verify イベントプロセッサ

Verify イベントプロセッサでは、プロセッサがコールされたかどうかを確認できます。

たとえば、特定のメッセージプロセッサが、特定の属性セットを使用して、特定の回数コールされたかどうかを検証できます。

検証を定義すると、検証が成功しなかった場合にテストを失敗するよう MUnit に指示が伝えられます。

モックを作成していなくても、あらゆるメッセージプロセッサに対して検証を定義できます。

<munit-tools:verify-call processor="http:request*" atLeast="1">
   <munit-tools:with-attributes>
       <munit-tools:with-attribute attributeName="method" whereValue="#['GET']" />
   </munit-tools:with-attributes>
</munit-tools:verify-call>
属性名 説明

eventProcessor

どのイベントプロセッサを模擬するかを説明します。この説明は ​{name-space}:{event-processor-name}​ の形式を使用します。正規表現をサポートします。

times

(デフォルト = 1)。​イベントプロセッサが ​​N​​ 回および ​​N​​ 回のみコールされた場合に検証が成功したとして定義します。

atLeast

イベントプロセッサのコール回数が ​​N​​ 回以上の場合に検証が成功したとして定義します。

atMost

イベントプロセッサのコール回数が ​​N​​ 回以下の場合に検証が成功したとして定義します。

属性 ​times​、​atLeast​、​atMost​ は相互に排他的です。1 つのみを使用する必要があります。

eventProcessor​ 属性は正規表現を受け入れます。.*:http-request と同じ検証を作成できます。 上記の例では、イベントプロセッサが属している名前空間に関係なく、http-request という名前のイベントプロセッサの検証が定義されています。

正規表現の言語は Java と同じです。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!