Anypoint MQ

Anypoint MQ は、顧客がアプリケーション間で高度な非同期メッセージングシナリオを実行できる、マルチテナントのクラウドメッセージングサービスです。Anypoint MQ は、Anypoint Platform と完全に統合されており、ロールベースのアクセス制御、クライアントアプリケーション管理、およびコネクタを提供します。

注意: Anypoint MQ は CloudHub Insight または Anypoint Monitoring との併用をサポートしません。代わりに、MQ 使用量グラフを使用してコンシュームされたデータと API 要求、および受信したメッセージ単位数を表示するか、MQ Stats API を使用してキューのパフォーマンスの統計分析を実行できます。

Anypoint MQ ドキュメント

ガイド 説明

Anypoint MQ の用語

Anypoint MQ の用語について説明します。

FAQ: Anypoint MQ

よくある質問と回答。

Anypoint MQ コネクタ

Anypoint MQ コネクタと Anypoint Exchange へのリンク。

チュートリアル: キューおよびメッセージ交換の作成

キュー、クライアントアプリケーションの作成手順の説明、Anypoint Studio のセットアップ、メッセージの送受信。このチュートリアルでは、メッセージ交換も追加し、キューとの違いを示します。

環境、ユーザ、およびロールのアクセス権の設定

Anypoint MQ 環境、ユーザ、およびロールのアクセス権を割り当てます。

キューの設定

Anypoint Platform を使用してキューを作成し、キューにメッセージを送信し、キューからメッセージを取得します。このトピックでは、デッドレターキューおよび FIFO キュー についても説明します。

メッセージ交換の設定

メッセージを送信し、キュー内のメッセージを表示する方法について説明します。また、キューをメッセージ交換にバインドする方法、およびメッセージ交換から キューをバインド解除する方法についても説明します。

クライアントアプリケーションの設定

アプリケーションを登録する方法、およびアプリケーションのクライアント ID とクライアントシークレットを表示およびコピーする方法について説明します。

Anypoint MQ の REST API

REST を使用して Anypoint MQ 機能にアクセスします。REST API を使用して FIFO キューを作成する方法に関するセクションが含まれます。

使用量グラフの表示

Anypoint Platform の [Access Management (アクセス管理)] セクションから Anypoint MQ 使用量情報を表示する方法について説明します。

メッセージの肯定応答

グローバルとローカルの ACK および NACK 状態について説明します。

Anypoint MQ Release Notes

Anypoint MQ Cloud および Anypoint MQ コネクタ製品のリリース情報を要約しています。

Anypoint MQ ワークフロー

Anypoint MQ を使用するときに参照できる手順。これと同じワークフローが「Anypoint MQ チュートリアル」に記載されています。

Anypoint MQ をインストールして設定します。

  1. Enterprise Mule のログイン情報を使用して Anypoint Platform にログインし、[MQ] をクリックします。

  2. [Access Management (アクセス管理)] をクリックしてから [Users (ユーザ)] または [Roles (ロール)] をクリックし、Anypoint MQ ユーザまたはロールを作成します。

  3. MQ から、キューメッセージ交換、または FIFO キューを作成します。

  4. 詳細でキューまたはメッセージ交換名をクリックし、[Message Sender (メッセージ送信側)] にアクセスしてメッセージをキューまたはメッセージ交換に送信し、[Message Browser (メッセージブラウザ)] を使用してキューからメッセージを取得します。

  5. MQ から、[Client Apps (クライアントアプリケーション)] をクリックしてアプリケーションを登録します。アプリケーションのクライアント ID とクライアントシークレットを参照できます。

Anypoint Studio で、次の手順を実行します。

  1. Anypoint Exchange を使用して Anypoint MQ コネクタをインストールします。

  2. [HTTP connector (HTTP コネクタ)]、[Anypoint MQ connector (Anypoint MQ コネクタ)]、[Set Payload (ペイロードを設定)]、[Logger (ロガー)] などの必要なビルディングブロックを使用して、新しい Mule プロジェクトを作成します。

  3. Anypoint MQ コネクタを設定して、アプリケーションのクライアント ID とクライアントシークレットを指定します。

  4. Anypoint MQ コネクタの [Operation (操作)] を設定してメッセージをパブリッシュまたはコンシュームするか、手動で [ack] (メッセージを受け入れる) か [nack] (メッセージを受け入れない) を選択します。ack または nack の代わりに、Anypoint MQ では自動肯定応答モードを使用できます。[Operation (操作)] を [publish (パブリッシュ)] に設定した場合、[Destination (宛先)] を Anypoint Platform で作成したキューまたはメッセージ交換の名前に設定します。[Operation (操作)] を [consume (コンシューム)] に設定した場合、メッセージの受信元となるキューの名前を指定します。

  5. Mule アプリケーションを実行します。

テスト:

  1. Curl や Postman などの REST クライアントを使用して、メッセージを送受信します。

    Anypoint MQ アプリケーションは、指定されたキューまたはメッセージ交換に文字列をメッセージとして送信します。

  2. メッセージをブラウザまたは Studio コンソールで表示します。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub