受信 HTTP 要求の概要

HTTP コネクタには、HTTP または HTTPS プロトコルで要求を受信する Listener 操作があります。要求や他のインシデントを受信すると、Mule イベントを開始します。このイベントがリクエストボディをメッセージペイロードとしてフローの次の要素に渡します。ペイロードに加え、Mule メッセージには次の属性があります。HttpRequestAttributes 構文を使用してヘッダー、クエリパラメータなどの属性を参照できます。

HTTP 要求のマッピング

次の図は、要求に関する情報へのアクセス方法を説明しています。

HTTP 応答と Mule イベントのマッピング

この情報にアクセスするには、DataWeave 構文を使用します。

HTTP 応答

要求への応答には次の情報を含めることができます。

  • 状況コード

  • 理由を示す語句

  • Body

  • ヘッダー

リスナのフローの実行が成功または失敗した場合の応答を設定できます。成功した場合、デフォルトではペイロードが本文になり、状況コードは 200 になります。失敗した場合、デフォルトではエラーの説明が本文になり、状況コードは 500 になります。

要求と応答の保護

HTTP または HTTPS Listener 操作で最もよく設定される HTTP メソッドは GET です。HTTP Listener のデフォルトでは、すべての HTTP メソッドが許可されます。許可される HTTP メソッドを各自のアプリケーションのメソッドのみに制限するには、ベストプラクティスに従ってください。

[Advanced (詳細)] で [Allowed Methods (許可されるメソッド)] を設定します。

allowed methods

キーストアと信頼ストアを使用した TLS 設定

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub