Until Successful スコープ

Until Successful スコープは、内部のコンポーネントが成功するか、または最大再試行回数に達するまで、内部のコンポーネントを順番に処理します。Async 以外のすべてのコアコンポーネントと同様に、Until Successful は同期的に実行されます。スコープ内のコンポーネントが接続に失敗したり、正常に結果を生成できなかったりした場合、Until Successful は設定されている最大再試行回数まで、失敗したコンポーネントをやり直します。再試行が成功すると、スコープは次のコンポーネントに進みます。最後の再試行に失敗すると、Until Successful はエラーをスローします。

Until Successful を使用する一般的な処理は次の通りです。

  • アウトバウンドエンドポイントへのディスパッチ (可用性に問題があるかも知れないリモート Web サービスを呼び出す場合など)。

  • コンポーネントメソッドの実行 (信頼性の低いリソースに依存する Spring bean を実行する場合など)。

  • サブフローを使用した、いくつかのアクションが成功するまでの再試行。

Until Successful スコープ設定

Until Successful スコープを設定するには、​<until-successful>​ XML 要素をアプリケーションフロー内に追加します。

Until Successful スコープでは次の属性を設定できます。

属性 説明

Max Retries (最大再試行回数) (​maxRetries​)

許容される再試行の最大回数を指定します。この属性は、数値、または数値に解決される式にできます。最大回数に達すると、​Message: 'until-successful' retries exhausted.​ のようなエラーメッセージが出力されます。Mule エラー種別は ​MULE:RETRY_EXHAUSTED​ です。

Milliseconds Between Retries (再試行回数間のミリ秒数) (​millisBetweenRetries​)

再試行から次の再試行を実行するまでの最小間隔をミリ秒で指定します。実際の間隔は前回の実行によって変わりますが、この数値の 2 倍を超えてはいけません。デフォルト値は 60000 ミリ秒 (1 分) です。この属性は、数値、または数値に解決される式にできます。

Until Successful スコープの設定例

次の XML の例では、Scheduler コンポーネントによりトリガされるフローと、FTP Write 操作を実行する Until Successful スコープを設定します。

<!-- FTP Connector config-->
<ftp:config name="FTP_Config" doc:name="FTP Config" >
  <ftp:connection workingDir="${ftp.dir}" host="${ftp.host}" />
</ftp:config>

<flow name="untilSuccessfulFlow" >
  <!-- Scheduler component to trigger the flow-->
  <scheduler doc:name="Scheduler" >
    <scheduling-strategy >
      <fixed-frequency frequency="15" timeUnit="SECONDS"/>
    </scheduling-strategy>
  </scheduler>
  <!-- Until Successful scope-->
  <until-successful maxRetries="5" doc:name="Until Successful" millisBetweenRetries="3000">
    <!-- FTP Write operation that executes as part of the Until Successful Scope -->
    <ftp:write doc:name="Write" config-ref="FTP_Config" path="/"/>
  </until-successful>
  <logger level="INFO" doc:name="File upload success" message="File upload success"/>
  <!-- Error Handler at flow level-->
  <error-handler>
    <on-error-continue enableNotifications="true" logException="true" doc:name="On Error Continue" type="RETRY_EXHAUSTED">
      <logger level="INFO" doc:name="File upload failed" message="File upload failed"/>
    </on-error-continue>
  </error-handler>
</flow>

サンプルアプリケーションの動作:

  • FTP Write 操作が失敗した場合

    Until Successful スコープでは、操作が成功するまで ​3000​ ミリ秒ごとに操作を再試行します。ただし、​5​ 回の再試行回数の制限があります。最後の実行が失敗すると ​MULE:RETRY_EXHAUSTED​ エラーがスローされます。次に、​<on-error-continue>​ でエラーが処理され、Logger が実行されて、​File upload failed​ というメッセージが表示されます。

  • いずれかの試行で FTP Write 操作の実行が成功した場合

    Until Successful スコープの後の次のプロセッサが実行されます。この事例では、Logger で ​File upload success​ というメッセージが表示されます。

変数の伝播

Until Successful スコープは毎回必ず、ブロックの実行前に存在していた変数と値を使用して実行が開始されます。1 つの要素の処理中に新しい変数を追加したり既存の変数を追加したりした場合でも (エラーが発生した場合に備えて) 次の実行では認識されません。実行が正常に完了すると、変数 (およびペイロード) はフローの残り部分に伝播されます。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!