CloudHub API のコール

logo cloud active logo hybrid disabled logo server active logo pcf disabled

Runtime Manager UI を使用してこれらの同じタスクをより簡単に実行する手順については、「CloudHub」とその下位ページを参照してください。

/api/applications リソースを指定して POST 操作を実行すると、CloudHub に新しいアプリケーションが作成されます。

要求の例:

POST https://anypoint.mulesoft.com/cloudhub/api/applications
Content-Type: application/json

{
  "domain" : "yourdomain",
  "workers" : 1,
  "muleVersion":"3.7.0",
  "properties" : {
     "your.system.property" : "some.value",
     "your.system.property.2" : "some.value.2"
  }
}

応答の例:

201
Content-Type: application/json
Location: https://anypoint.mulesoft.com/cloudhub/api/applications/yourdomain

{
  "workers":1,
  "domain":"yourdomain",
  "fullDomain":"yourdomain.cloudhub.io",
  "hasFile":false,
  "muleVersion":"3.7.0",
  "properties" : {
     "your.system.property" : "some.value"
  },
  "status":"UNDEPLOYED"
}

サポートされているすべてのリソース、メソッド、必須プロパティ、想定される応答の対話型リファレンスを参照するには、CloudHub API の API Portal を確認してください。

API Portal で、他の Mule API の中から CloudHub API を検索し、その最新バージョンにアクセスします。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub