CloudHub API コールによる通知の作成

logo cloud active logo hybrid disabled logo server disabled logo pcf disabled

Runtime Manager UI を使用して通知を作成する手順については、「CloudHub」とその下位ページを参照してください。

/api/notifications リソースを指定して POST 操作を実行すると、新しい CloudHub 通知が作成されます。

要求の例

POST https://anypoint.mulesoft.com/cloudhub/api/notifications
Content-Type: application/json

{
  "domain": "myapp",
  "priority": "INFO",
  "message": "Something happened",
}

応答の例

201
Content-Type: application/json
Location: https://anypoint.mulesoft.com/cloudhub/api/notifications/12345

サポートされているすべてのリソース、メソッド、必須プロパティ、想定される応答の対話型リファレンスを参照するには、CloudHub API の API Portal を確認してください。

API Portal で、他の Mule API の中から CloudHub API を検索し、その最新バージョンにアクセスします。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub