アラートの操作

logo cloud active logo hybrid disabled logo server disabled logo pcf disabled

このドキュメントでは CloudHub API のコール方法について説明します。Runtime Manager UI を使用してこれらの同じタスクをより簡単に実行する手順については、「CloudHub」を参照してください。

アラート API ではアラートを作成することができます。種別を返すか受け入れるすべてのリソースまたはメソッドでは、アプリケーション JSON 種別が使用されます (特に注意書きがある場合を除く)。例として、次の curl コマンドでアラートを作成します。

curl --verbose -XPOST 'https://<USERNAME>:<PASSWORD>@anypoint.mulesoft.com/cloudhub/api/v2/alerts' -H "content-type: application/json" -d '{
  "name": "failure",
  "severity": "INFO",
  "condition": {
  	"resourceType": "cloudhub-application",
    "type": "deployment-failed",
    "resources": [
      "<CLOUDHUB APPLICATION NAME>"
    ]
  },
  "actions": [
    {
      "type": "email",
      "emails": [
        "me@example.com"
      ],
      "subject": "subject line",
      "content": "deployment failed for ${resource}"
    }
  ]
}' -H "content-type: application/json"

サポートされているすべてのリソース、メソッド、必須プロパティ、想定される応答の対話型リファレンスを参照するには、CloudHub API の API Portal を確認してください。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub