カスタムダッシュボードのグラフの設定

Anypoint Monitoring では、グラフに時系列データのセットを 1 つ以上設定できます。グラフでは、経時に伴う時系列データへの変更を測定します。カスタムダッシュボードのグラフには、特定の環境のリソースに関するメトリクスを表示できます。たとえば、グラフを設定する場合、Design または Sandbox 環境で Mule アプリケーションのグラフにメトリクスとして応答時間やヒープ使用状況を選択できます。

[Advanced (高度)] 設定オプションでは、データセットをより細かく調整できます。X および Y 軸、グラフの外観、凡例、データポイントにカーソルを置いたときの動作などをカスタマイズすることもできます。

グラフの設定ページを開くには、​「カスタムダッシュボードの設定」​を参照してください。

基本および高度なデータクエリの [General (一般)] 設定

[General (一般)] 設定には、時系列データを設定するための​​基本​および​​高度な​クエリ (またはモード) が含まれます。タイトルと短い説明は、両方の設定で共有されます。

例: 基本設定
基本モードおよび高度なモード設定

Title (タイトル)

UI に表示するタイトル。デフォルトは「Panel Title」(パネルタイトル) です。

説明

UI でユーザが情報 (​i​) アイコンにカーソルを置いたときに表示する短い説明。

その他の設定は、設定モード (基本または高度) に固有です。

基本モード

[General (一般)]​ 設定タブでは、基本クエリが特定の環境のリソース (デプロイ済みアプリケーションまたは API) に関する 1 つのメトリクスを選択します。

例: 基本設定
基本モードの設定

Panel Type (パネル種別)

ドロップダウンメニューから、リソースについて表示するパネルの種別 (​[Application Panel (アプリケーションパネル)]​ または ​[API Panel (API パネル)]​) を選択します。

Metric (メトリクス)

ドロップダウンメニューには、次のメトリクス種別が含まれます。

  • Inbound response metrics and averages (インバウンド応答メトリクスおよび平均)

  • JVM metrics (JVM メトリクス)

  • Outbound response metrics and averages (アウトバウンド応答メトリクスおよび平均)

基本メトリクスのリストについては、​基本モードのメトリクス​を参照してください。

Environment (環境)

アプリケーションまたは API がデプロイされる環境。

リソース

デプロイ済みアプリケーションまたは API。

設定を完了したら、​[Save Changes (変更を保存)]​ をクリックします。

設定を終了してダッシュボードに戻るには、​[X]​ をクリックします。

高度なモード

[General (一般)]​ 設定タブの高度な設定では、チャートに対して 1 つ以上の詳細に調整されたクエリがサポートされます。

基本設定に戻ると、高度な設定のクエリのいくつかは削除されます。
例: 高度な設定
アプリケーションの高度なモードの設定

From

チャートに追加可能な JVM および Mule アプリケーションのプロパティ (​jvm.memory​ や ​app_inbound_metric​ など) をリストします。

この項目では、文字を入力すると一致候補が表示されます。たとえば、「​jvm.c​」と入力すると、それらの文字が含まれるすべての値 (​jvm.classloading​ や ​jvm.cpu.operatingsystem​ など) のリストが表示されます。

高度なメトリクスのリストについては、​高度なモードのメトリクス​を参照してください。

Where

選択された ​[From]​ データソースを絞り込むための条件付きロジックをサポートします。

  • 1 つ以上の検索条件タグ (​app_id​、​env_id​、​org_id​、​worker_id​ など) を選択します。

  • 次のような演算子を使用できます。

    • =​ 左側の値が右側の値と一致する。

    • !=​ 値は等しくない。

    • <>​ 値は等しくない。

    • <​ 左側の値は右側の値より小さい。

    • >​ 左側の値は右側の値より大きい。

    • =∼​ 正規表現の値と一致する (​WHERE​ を使用)。

    • !∼​ 正規表現の値と一致しない。

  • 式間に論理 ​AND​ または ​OR​ 演算子を使用して、複数の絞り込み式が含まれるクエリを作成することもできます。
    例: ​Where env_id = Sandbox

Select

1 つ以上の ​field​ (項目) 設定を追加して、​From​ データから項目を選択し、操作を適用する関数 (​heap_total​ の ​mean​ (平均) など) を作成します。

Select のオプション

Group By

選択された期間 (​$_interval​、​1s​ (1 秒)、​10m​ (10 分)、​1h​ (1 時間))、検索条件タグ (​tag(env_id)​ など)、入力オプション (​none​ (なし)、​null​、​0​、​previous​ (前回)、​linear​ (線形)) でデータをグループ化します。

次の値と引数が有効です。

  • time($_interval)​: 期間が自動設定されます。または、期間を指定できます (​1m​ (1 分)、​5m​ (5 分)、​10m​ (10 分)、​15m​ (15 分)、​1h​ (1 時間) のいずれか)。

  • fill()​: 有効値は ​none​ (なし)、​null​、​0​、​previous​ (前回)、​linear​ (線形)。

  • LIMIT​: 数値 (N)。この N を使用して、結果をクエリで返された最初の N 件のデータポイント (系列とタイムスタンプ値の組み合わせ) に制限します。

  • SLIMIT​: 数値 (N)。この N を使用して、クエリで返された最初の N 系列からすべてのデータポイント (系列とタイムスタンプ値の組み合わせ) を返します。

  • ORDER BY time DESC​: 結果を新しい順に返します。

Alias By

リテラル文字列 (​my string​ など) またはサポートされている変数 (​$tag_worker_id​ や ​$tag_env_id​ など) を使用してメトリクスの表示ラベルを作成できます。

API の高度なモード設定

From

http_summary_metric

高度なメトリクスのリストについては、​高度なモードのメトリクス​を参照してください。

Where

選択された ​[From]​ データソースを絞り込むための条件付きロジックを指定します。

1 つ以上の検索条件タグ (​api_id​、​org_id​、​api_version_id​、​method​、​status code​ など) を選択できます。例: ​Where status_code = 200​。

Select

HTTP サマリから項目 (​request_size_average​、​response_time_max​、​response_time_sum​ など) を選択し、操作 (​response_time_average​ の ​mean​ (平均) など) を適用する関数を作成します。1 つ以上の​field​ (項目) 設定を追加できます。

Group by

選択された期間 (​$_interval​、​1s​ (1 秒)、​10m​ (10 分)、​1h​ (1 時間))、検索条件タグ (​tag(api_id)​ など)、入力オプション (​none​ (なし)、​null​、​0​、​previous​ (前回)、​linear​ (線形)) でデータをグループ化します。

Alias by

リテラル文字列 (​my string​ など) またはサポートされている変数 (​$tag_api_id​ など) を使用してメトリクスの表示ラベルを作成できます。別名は常に ​$tag​ で開始する必要があります。構文は ​$tag_yourTagName​ です。

タグを別名として使用するには、そのタグがクエリで ​group by​ に使用されている必要があります。

設定を完了したら、​[Save Changes (変更を保存)]​ をクリックします。

設定を終了してダッシュボードに戻るには、​[X]​ をクリックします。

軸 (X 軸および Y 軸設定)

[Axes (軸)]​ タブで、グラフの X 軸と Y 軸を設定できます。

Y 軸設定

縦の Y 軸をグラフの左側 (Left Y) または右側 (Right Y) に設定します。

Y 軸設定

Show (表示)

オフの場合、グラフの Y 軸は非表示になります。

単位

Y 軸の値に使用する測定単位。 値として、​none​ (なし)、データ型 (​short​ (短整数)、​percent (1-100)​ (パーセント (1 ~ 100)) など)、​currency​ (通貨) 設定 (​Dollars $​ (ドル $)、​Real ($)​ (レアル ($)) など)、​time​ (時刻)、​data​ (データ)、​data rate​ (データレート) など多くの種類があります。

Scale (スケール)

有効値は、Y 軸の座標に対する均等 (linear) 目盛りまたは対数 (log) 目盛りです。

  • linear (均等): Y 座標用 (​1​、​2​、​3​ など)。

  • log (base 2) (2 進対数): Y 座標用 (​1​、​4​、​16​ など)。

  • log (base 10) (2 進対数): Y 座標用 (​1​、​10​、​100​ など)。

  • log (base 32) (2 進対数): Y 座標用 (​1​、​32​、​1024​ など)。

  • log (base 1024) (2 進対数): Y 座標用 (​1​、​1024​、​1048576​ など)。

Y-Min (Y 最小)

Y 座標の最小値。デフォルトは ​auto​ です。

Y-Max (Y 最大)

Y 座標の最大値。デフォルトは ​auto​ です。

Decimals (小数)

Y 座標の自動小数精度を上書きします。たとえば、​2​ にすると、値 ​10.12345​ が ​10.12​ に制限されます。デフォルトは ​auto​ です。

Label (表示ラベル)

Y 軸の表示ラベルに使用する文字列。デフォルトは ​""​ です。

X 軸設定

X軸設定

Show (表示)

オフの場合、グラフの X 軸は非表示になります。

Mode (モード)

有効値:

  • Time (時間): デフォルトのオプション。X 軸データが時間単位 (時間や分など) に分割されることを示します。

  • Series (系列): データが系列で分割され、Y 軸で系列データの値が提供されることを示します。

  • Histogram (ヒストグラム): グラフを、指定された数値区間 (バケットまたはビンと呼ばれる) に収集されたデータを表す棒グラフに変換します。ヒストグラムでは、棒が高いほど、その区間に収集されたデータの頻度 (または件数) が大きいことを示します。

[Series (系列)] が選択されている場合にのみ表示されます。

Buckets (バケット)

[Histogram (ヒストグラム)] が選択されている場合にのみ表示されます。特定のメトリクスの値の範囲を指定された数の区間に分割し、その区間に該当するデータポイントの件数または頻度をヒストグラムで表示できるようにします。

設定を完了したら、[Save Changes (変更を保存)] をクリックできます。設定を終了してダッシュボードに戻るには、[​X​] をクリックします。

視覚化 (棒、折れ線、データポイント設定)

使用するグラフのスタイルと外観を設定できます。棒、折れ線、およびポイントグラフがサポートされます。

例: Singlestat の視覚化
視覚設定オプション

Draw Modes (描画モード)

次のモードの 1 つ以上を選択できます。

  • Bars (棒): 値を棒グラフとして表すためのチェックボックス。

  • Lines (折れ線): 値を折れ線グラフとして表すためのチェックボックス。

  • Points (ポイント): 値をデータポイントとして表すためのチェックボックス。

Mode Options (モードオプション)

[Draw Modes (描画モード)] で [Lines (折れ線)] または [Points (ポイント)] が選択されている場合にのみ指定できます。

  • Point Radius (ポイント半径): [Draw Modes (描画モード)] で [Lines (折れ線)] が選択されている場合にのみ指定できます。​0​ (なし) ~ ​10​ のスケールで、グラフ上の関連データポイントを接続する線の太さを設定します。

  • Fill (塗りつぶし): [Draw Modes (描画モード)] で [Points (ポイント)] が選択されている場合にのみ指定できます。​0​ (なし) ~ ​10​ のスケールで、グラフ上の関連データポイントより下に使用される色の不透明度を設定します。

  • Line Width (線の幅): [Draw Modes (描画モード)] で [Points (ポイント)] が選択されている場合にのみ指定できます。​0​ (なし) ~ ​10​ のスケールで、塗りつぶしの境界線の太さを設定します。

  • Staircase (階段): 隣接するポイントを階段パターンで表示するためのチェックボックス。

Hide Series (系列を非表示)

  • With Nulls Only (null のみ): null 値のみが入力されている系列を非表示にするためのチェックボックス。

  • With Only Zeros (ゼロのみ): ゼロ値のみが入力されている系列を非表示するためのチェックボックス。

設定を完了したら、[Save Changes (変更を保存)] をクリックできます。設定を終了してダッシュボードに戻るには、[​X​] をクリックします。

アラート (設定、通知、履歴)

この機能を使用するには、Titanium サブスクリプションが必要です。

[Alerts (アラート)]​ タブでは、JVM メモリの使用量が高くなりすぎた場合にトリガするアラートを設定します。

アラートの設定方法

アラート設定
  1. カスタムダッシュボードでグラフの設定画面に移動します。ガイダンスについては、​「カスタムダッシュボードの設定」​を参照してください。

  2. グラフの [General (一般)] 設定で、アラートを設定するメトリクス、環境、およびリソースを (少なくとも) 定義します。ガイダンスについては、​「[General (一般) 設定」]​を参照してください。

  3. グラフの [Alert configuration (アラート設定)] タブに移動します。

  4. [Create Alert (アラートを作成)]​ をクリックします。

  5. [Alert Config (アラート設定)]​ を使用してアラートを設定します。「​​ Alert Config (アラート設定)​」を参照してください。

  6. アラートがトリガされたときのメール通知を設定します。「​​Notifications (通知)​」を参照してください。

​状態履歴​の表示やアラートの​​ 削除​もできます。

Alert Config (アラート設定)

アラートがトリガされる条件を設定します。

アラートの設定

Name (名前)

アラートのタイトル。

Condition

WHEN (次の条件に一致): [​JVM - CPU % Utilization​ (JVM - CPU 使用率)] が指定されたレベルを上回ったらアラートをトリガします。

Notifications (通知)

アラートがトリガされたときのメール通知を設定します。

アラートの通知設定

Send To

アラート通知の受信者のメールアドレス。リストに複数のメール受信者を追加できます。

Message

受信者に送信するメッセージ。

設定を完了したら、[Save Changes (変更を保存)] をクリックできます。設定を終了してダッシュボードに戻るには、[​X​] をクリックします。

State History (状態履歴)

UI のこのセクションには、過去 50 件の状態変更が表示されます。

履歴を消去することもできます。

Delete (削除)

アラートを削除するには、左側のメニューで ​[Delete (削除)]​ をクリックし、削除を確認します。

Advanced (高度) (凡例、しきい値、積み上げ、フロート表示、時間シフト設定)

グラフに凡例、しきい値、およびその他の機能を追加して設定します。

Legend (凡例) ([Advanced (高度)] 設定)

[Advanced configuration (高度な設定)]​ タブで、グラフの凡例を設定します。

高度なグラフ設定: 凡例
凡例オプション

Show (表示)

オフにすると凡例が非表示になります。デフォルトではオンになっています。

As Table (テーブル表示)

オンにすると、選択した凡例値 (​min​ (最小)や ​max​ (最大) など) がテーブル形式で表示されます。デフォルトではオフになっています。

To the Right (右側)

オンにすると、汎用が右側に表示されます。デフォルトではオフになっています。

Width (幅)

[To the Right (右側)]​ がオンの場合に指定できます。凡例の最小幅 (ピクセル単位) を設定します。空白のままにすると、自動的に幅が選択されます。

凡例に次の値も表示できます。

凡例値

Min (最小)

クエリから返されたすべての値の最小値。

Max (最大)

クエリから返されたすべての値の最大値。

Avg (平均)

クエリから返されたすべての値の平均。

Current (現在)

クエリから最後に返された値。

Total (合計)

メトリクスクエリから返されたすべての値の合計。

Decimals (小数)

凡例とツールチップで使用される自動小数精度を上書きします。

設定を完了したら、​[Save Changes (変更を保存)]​ をクリックします。

設定を終了してダッシュボードに戻るには、​[X]​ をクリックします。

Stacking and Hover (積み上げとフロート表示) ([Advanced (高度)] 設定)

[Advanced configuration (高度な設定)]​ タブで、値にカーソルを置くとグラフのデータポイントに関する情報を表示するフロート表示ツールチップを設定できます。

高度なグラフ設定: 積み上げとフロート表示
[Hover Tooltip (フロート表示ツールチップ)] 設定

Mode (モード)

ツールチップに 1 つまたはすべての系列を表示します。

Sort Order (並び替え順)

データを順序なし (None)、降順 (Decreasing) または昇順 (Increasing) で表示します。デフォルトは None (なし) です。

Stacked Value (積み上げ値)

[Stack (積み上げ)]​ がオンの場合に指定できます。ツールチップの値の表示を制御します。

有効な値:

  • Individual (個別): カーソルを置いた系列の値。

  • Cumulative (累計): 積み上げ値より下にある系列とカーソルを置いた系列の合計。

[Stacking & Null (積み上げと null)] 機能では、複数の系列を積み上げ内のグループとして表示します。null 値の処理方法も指定できます。

[Stacking & Null (積み上げと null)] 設定

Stack (積み上げ)

オンにすると、各系列が重ね合わされるのではなく、1 つずつ積み上げられます。

Percent (パーセント)

[Stack (積み上げ)]​ がオンの場合に指定できます。積み上げられた値の各系列をパーセントとして表示します。

Null Value (null 値)

null 値の表示方法を決定します。Connected (接続)、Null、Null As Zero (ゼロで表示) のいずれかを選択します。

Threshold (しきい値) ([Advanced (高度)] 設定)

[Advanced (高度)]​ 設定タブで、指定した制限をデータが超えるかどうかを示すしきい値 (線やセクションなど) を 1 つ以上グラフに追加できます。

アラートがグラフ上に設定されている場合はしきい値を指定できません。チャートのしきい値を再有効化するには、アラートを削除する必要があります。
グラフのしきい値設定
[Threshold (しきい値)] 設定

gt​ または ​lt

データが指定されたしきい値よりも大きい場合 (​gt​) と小さい場合 (​lt​) のどちらに制限が適用されるかを示します。

Threshold value (しきい値)

数値のしきい値。

Threshold type (しきい値種別)

しきい値 (Custom (カスタム)、Critical (重大)、Warning (警告)、OK のいずれか) の識別子。

Fill (塗りつぶし)

指定されたしきい値設定に対応する塗りつぶし色をグラフに追加します。

Line (線)

指定されたしきい値設定に対応する線をグラフに追加します。

Fill Color (塗りつぶし色)

[Fill (塗りつぶし)]​ 設定と似ていますが、カスタムしきい値でのみ指定できます。

Line Color (線の色)

[Line (線)]​ 設定と似ていますが、カスタムしきい値でのみ指定できます。

Time Range Shift (時間範囲シフト) ([Advanced (高度)] 設定)

[Advanced (高度)]​ 設定タブで、エンドユーザがカスタムダッシュボードで選択した期間または時間範囲の上書きを設定できます。この選択はグローバルで、ダッシュボードのすべてのチャートに適用されます。上書きは、選択が特定のグラフに適切ではない場合に便利です。

時間範囲は、現時点から遡って計算されます。たとえば、時間範囲を設定して、過去 2 時間のデータをグラフに表示できます。時間範囲をシフトして、過去のある時点から遡って計算することもできます。たとえば、現時点ではなく、1 時間前からの時間範囲を計算できます。

[Time Range Shift (時間範囲シフト)] 設定

Override Relative Time (相対時間を上書き)

グラフの X 軸に表示する時間の量 (​2h​ (2 時間) など)。この設定に関する情報は、[Hide Time Override Info (時間上書き情報を非表示)] を選択しない限り、グラフのタイトルの下に表示されます。

Add Time Shift (時間シフトを追加)

現在 (現在時刻) から [Override Relative Time (相対時間を上書き)] で設定した期間の​​終了​​までの時間 (過去にシフトする時間) の量。たとえば、[Override Relative Time (相対時間を上書き)] が​2h​ (2 時間) の場合、現在時刻が 10:00 で時間を ​1h​ (1 時間) シフトすると、エンドユーザには 7:00 から 9:00 までの使用可能な 2 時間分のデータが表示され、テーブルには「​2 hours, ending 1 hour ago​」(2 時間、1 時間前に終了) というメッセージも表示されます。

Hide Time Override Info (時間上書き情報を非表示)

[Override Relative Time (相対時間を上書き)] と時間シフト設定の説明をグラフで非表示にするためのチェックボックス。

設定を完了したら、[Save Changes (変更を保存)] をクリックできます。設定を終了してダッシュボードに戻るには、[​X​] をクリックします。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub