カスタムダッシュボードの Singlestat の設定

Anypoint Monitoring のカスタムダッシュボードでは、特定の時間範囲における Mule アプリケーション環境の 1 つの測定基準 (応答時間やヒープ使用状況など) に関する Singlestat チャートを設定できます。

基本および高度なデータクエリの [General (一般)] 設定

[General (一般)] 設定には、時系列データを設定するための​​基本​および​​高度な​クエリ (またはモード) が含まれます。タイトルと短い説明は、両方の設定で共有されます。

例: 基本設定
基本モードおよび高度なモード設定

Title (タイトル)

UI に表示するタイトル。デフォルトは「Panel Title」(パネルタイトル) です。

説明

UI でユーザが情報 (​i​) アイコンにカーソルを置いたときに表示する短い説明。

その他の設定は、設定モード (基本または高度) に固有です。

基本モード

[General (一般)]​ 設定タブでは、基本クエリが特定の環境のリソース (デプロイ済みアプリケーションまたは API) に関する 1 つのメトリクスを選択します。

例: 基本設定
基本モードの設定

Panel Type (パネル種別)

ドロップダウンメニューから、リソースについて表示するパネルの種別 (​[Application Panel (アプリケーションパネル)]​ または ​[API Panel (API パネル)]​) を選択します。

Metric (メトリクス)

ドロップダウンメニューには、次のメトリクス種別が含まれます。

  • Inbound response metrics and averages (インバウンド応答メトリクスおよび平均)

  • JVM metrics (JVM メトリクス)

  • Outbound response metrics and averages (アウトバウンド応答メトリクスおよび平均)

基本メトリクスのリストについては、​基本モードのメトリクス​を参照してください。

Environment (環境)

アプリケーションまたは API がデプロイされる環境。

リソース

デプロイ済みアプリケーションまたは API。

設定を完了したら、​[Save Changes (変更を保存)]​ をクリックします。

設定を終了してダッシュボードに戻るには、​[X]​ をクリックします。

高度なモード

[General (一般)]​ 設定タブの高度な設定では、チャートに対して 1 つ以上の詳細に調整されたクエリがサポートされます。

基本設定に戻ると、高度な設定のクエリのいくつかは削除されます。
例: 高度な設定
アプリケーションの高度なモードの設定

From

チャートに追加可能な JVM および Mule アプリケーションのプロパティ (​jvm.memory​ や ​app_inbound_metric​ など) をリストします。

この項目では、文字を入力すると一致候補が表示されます。たとえば、「​jvm.c​」と入力すると、それらの文字が含まれるすべての値 (​jvm.classloading​ や ​jvm.cpu.operatingsystem​ など) のリストが表示されます。

高度なメトリクスのリストについては、​高度なモードのメトリクス​を参照してください。

Where

選択された ​[From]​ データソースを絞り込むための条件付きロジックをサポートします。

  • 1 つ以上の検索条件タグ (​app_id​、​env_id​、​org_id​、​worker_id​ など) を選択します。

  • 次のような演算子を使用できます。

    • =​ 左側の値が右側の値と一致する。

    • !=​ 値は等しくない。

    • <>​ 値は等しくない。

    • <​ 左側の値は右側の値より小さい。

    • >​ 左側の値は右側の値より大きい。

    • =∼​ 正規表現の値と一致する (​WHERE​ を使用)。

    • !∼​ 正規表現の値と一致しない。

  • 式間に論理 ​AND​ または ​OR​ 演算子を使用して、複数の絞り込み式が含まれるクエリを作成することもできます。
    例: ​Where env_id = Sandbox

Select

1 つ以上の ​field​ (項目) 設定を追加して、​From​ データから項目を選択し、操作を適用する関数 (​heap_total​ の ​mean​ (平均) など) を作成します。

Select のオプション

Group By

選択された期間 (​$_interval​、​1s​ (1 秒)、​10m​ (10 分)、​1h​ (1 時間))、検索条件タグ (​tag(env_id)​ など)、入力オプション (​none​ (なし)、​null​、​0​、​previous​ (前回)、​linear​ (線形)) でデータをグループ化します。

次の値と引数が有効です。

  • time($_interval)​: 期間が自動設定されます。または、期間を指定できます (​1m​ (1 分)、​5m​ (5 分)、​10m​ (10 分)、​15m​ (15 分)、​1h​ (1 時間) のいずれか)。

  • fill()​: 有効値は ​none​ (なし)、​null​、​0​、​previous​ (前回)、​linear​ (線形)。

  • LIMIT​: 数値 (N)。この N を使用して、結果をクエリで返された最初の N 件のデータポイント (系列とタイムスタンプ値の組み合わせ) に制限します。

  • SLIMIT​: 数値 (N)。この N を使用して、クエリで返された最初の N 系列からすべてのデータポイント (系列とタイムスタンプ値の組み合わせ) を返します。

  • ORDER BY time DESC​: 結果を新しい順に返します。

Alias By

リテラル文字列 (​my string​ など) またはサポートされている変数 (​$tag_worker_id​ や ​$tag_env_id​ など) を使用してメトリクスの表示ラベルを作成できます。

API の高度なモード設定

From

http_summary_metric

高度なメトリクスのリストについては、​高度なモードのメトリクス​を参照してください。

Where

選択された ​[From]​ データソースを絞り込むための条件付きロジックを指定します。

1 つ以上の検索条件タグ (​api_id​、​org_id​、​api_version_id​、​method​、​status code​ など) を選択できます。例: ​Where status_code = 200​。

Select

HTTP サマリから項目 (​request_size_average​、​response_time_max​、​response_time_sum​ など) を選択し、操作 (​response_time_average​ の ​mean​ (平均) など) を適用する関数を作成します。1 つ以上の​field​ (項目) 設定を追加できます。

Group by

選択された期間 (​$_interval​、​1s​ (1 秒)、​10m​ (10 分)、​1h​ (1 時間))、検索条件タグ (​tag(api_id)​ など)、入力オプション (​none​ (なし)、​null​、​0​、​previous​ (前回)、​linear​ (線形)) でデータをグループ化します。

Alias by

リテラル文字列 (​my string​ など) またはサポートされている変数 (​$tag_api_id​ など) を使用してメトリクスの表示ラベルを作成できます。別名は常に ​$tag​ で開始する必要があります。構文は ​$tag_yourTagName​ です。

タグを別名として使用するには、そのタグがクエリで ​group by​ に使用されている必要があります。

設定を完了したら、​[Save Changes (変更を保存)]​ をクリックします。

設定を終了してダッシュボードに戻るには、​[X]​ をクリックします。

Time Range (時間範囲) (上書き、時間シフト、情報表示)

[Time Range (時間範囲)] 設定では、ダッシュボード UI でエンドユーザが選択した​​相対​​時間範囲 (過去 30 分など) を上書きする方法を提供します。

Time Range (時間範囲)
[Time Range (時間範囲)] 設定

Override Relative Time (相対時間を上書き)

統計の対象となる時間の量。たとえば、過去 1 時間 (​1h​) や過去 30 分間 (​30m​) などです。この設定で上書きされるのは、ダッシュボード UI でエンドユーザが選択した​​相対​​時間範囲のみです。これらのユーザがダッシュボードで​​絶対時間および日付範囲​​を選択した場合、時間範囲上書きの設定は無効化されます。

Add Time Shift (時間シフトを追加)

対象となる期間がどれくらい前に終了したか。たとえば、1 秒前の場合は ​1s​ を指定します。

Hide Time Override Info (時間上書き情報を非表示)

Singlestat またはテーブルに設定に関する情報 (​30 minutes, ending 1 second ago​ (30 分、1 秒前に終了) など) を表示するかどうかを示します。

設定を完了したら、[Save Changes (変更を保存)] をクリックできます。設定を終了してダッシュボードに戻るには、[​X​] をクリックします。

[Options (オプション)] タブ

[Options (オプション)]​ タブには、Singlestat の​​ 値​、​​ フォント​、​​ 色指定​、​​ スパークライン​、​​ ゲージアイコン​の設定が含まれます。

Singlestat の [Value (値)] 設定

Singlestat の値を設定します。[Value (値)] 設定には、必要な値の種別 (平均など)、測定単位などが含まれます。

例: Singlestat の [Options (オプション)]
Values (値)

Stat (統計)

Singlestat で表示される値。次の設定を指定できます。

  • Min (最小): 指定されたメトリクスについて記録された値の最小値。

  • Max (最大): 指定されたメトリクスについて記録された値の最大値。

  • Average (平均): 指定されたメトリクスについて記録された値の平均。

  • Current (現在): 指定されたメトリクスの現在の値。

  • Total (合計): 指定されたメトリクスについて記録された値の合計。

  • Name (名前): メトリクスの名前 (​worker-0​ など)。

  • First (最初): 指定されたメトリクスについて記録された最初の値。

  • Delta (デルタ): 系列内の増分による増加の合計。

  • Difference (差): [Current (現在)] の値 (最終値) と [First (最初)] の値の差。

  • Range (範囲): Min (最小) と Max (最大) の差。

  • Time of Last Point (最終ポイントの時刻): 最後の測定値のタイムスタンプ。

Prefix (プレフィックス)

Singlestat 値の先頭に付加されるテキスト。

Postfix (ポストフィックス)

Singlestat 値に付加されるテキスト。

単位

Singlestat 値で表示する測定単位 (​percent (0-100)​ (パーセント 0 ~ 100) など)。

Decimals (小数)

凡例とツールチップの自動小数精度を上書きします。

Font Size (フォントサイズ)

Stat (統計)、Prefix (プレフィックス)、Postfix (ポストフィックス) のフォントサイズを選択します。

Coloring (色指定) と Thresholds (しきい値)

色分けしたしきい値を Singlestat に追加して、値が期待される制限を超えているか、制限内かを表示できます。

Coloring (色指定)

Background (背景)

[Thresholds (しきい値)]​ 設定で決定された背景色を追加します。

[Thresholds (しきい値)]​ 設定で決定された色に合う現在の Singlestat 値の色を適用します。

Thresholds (しきい値)

数値範囲 (​10,20​ など) を使用してしきい値を設定し、2 つの数値間の値 (左側の数値より小さく、右側の数値より大きい) を識別します。

Colors (色)

[Thresholds (しきい値)]​ 設定未満の値、設定内の値、または設定を超える値の色を設定します。必要に応じて色を反転させることができます。

Spark Lines (スパークライン)

データの視覚表現を提供する Singlestat のスパークライン設定を指定します。

Spark Lines (スパークライン)

Show (表示)

スパークラインを表示または非表示にするためのチェックボックス。

Full Height (全体の高さ)

Singlestat の全体の高さを対象にします。

Line Color (線の色)

スパークラインの色を選択します。

Fill Color (塗りつぶし色)

スパークライン未満の領域の色を選択します。

Gauge (ゲージ)

Singlestat の値を表す弧状のゲージを表示します。

Gauge (ゲージ)

Show (表示)

ゲージを表示または非表示にするためのチェックボックス。

Min (最小)

最小値 (パーセントを表示するゲージの ​0​ など) を設定します。

Max (最大)

最大値 (パーセントを表示するゲージの ​100​ など) を設定します。

Threshold Labels (しきい値の表示ラベル)

[Threshold (しきい値)] 設定を表示または非表示にするためのチェックボックス。

設定を完了したら、[Save Changes (変更を保存)] をクリックできます。設定を終了してダッシュボードに戻るには、​[X]​ をクリックします。

Value Mappings (値マッピング)

[Value Mappings (値マッピング)]​ 設定タブで、概要統計の人間が読み取り可能な表示ラベルを指定できます。

例: Value Mapping (値マッピング)
[Range to Text (テキストに対する範囲)] 設定

Value to Text (テキストに対する値)

数値をテキスト説明にマップします (​0​ を ​Error​、​1​ を ​Success​ など)。

Range to Text (テキストに対する範囲)

数値範囲をテキスト説明にマップします (​5​ ~ ​10​ をテキスト ​Warning​ など)。

設定を完了したら、​[Save Changes (変更を保存)]​ をクリックします。

設定を終了してダッシュボードに戻るには、​[X]​ をクリックします。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub