アラート

アラートは、リソース (Mule アプリケーションなど) が期待どおりに動作しているか、または定義したしきい値を超えているかどうかを示します。

いくつかのアラートタイプを実装できます。Anypoint Monitoring の ​[Alerts (アラート)]​ ページから、​基本アラート​を作成したり、API Manager や Anypoint Runtime Manager の既存のアラートにリンクしたりできます。 Titanium サブスクリプションがあれば、カスタムダッシュボードでグラフに設定されている​詳細アラート​の表示、有効化、無効化を行うこともできます。

Anypoint Monitoring を使用して、2 種類の異なるアラートを設定できます。

  • サーバおよび Mule アプリケーションの​基本アラート

    組織あたりの上限: Anypoint Platform の Titanium サブスクリプションを持っていないユーザの基本アラートの上限は 50 個です。
    Titanium サブスクリプションがある場合、基本アラートの上限は 100 個になります。vCore を追加購入すると、この上限は増加します。サブスクリプションについての詳細は、カスタマーサポート担当者にお問い合わせください。 「Anypoint Platform pricing」​ (Anypoint Platform 価格設定) も参照してください。

  • Anypoint Monitoring のカスタムダッシュボードでのグラフの​詳細アラート

    組織あたりの上限: 詳細アラートの上限は 20 個です。

    しきい値は 5 分おきにチェックされます。評価されるクエリは、過去 5 分間のメトリクスの平均値です。評価されるメトリクスは、グラフの ​[General (一般)]​ タブで参照されるメトリクスです。値がしきい値を超えると、詳細アラートがトリガされます。詳細アラートは、アラート状態が変化した場合にのみ ([​OK​] 状態から [​Alerting​ (アラート)] 状態、またはその逆)、トリガされます。

  • API Manager を使用した API の運用アラート

  • Runtime Manager を使用したサーバおよびアプリケーションイベントの運用アラート

[Alerts (アラート)] ページへのアクセス

  1. Anypoint Platform にログインします。

  2. ナビゲーションバーまたは Anypoint Platform のメイン画面で ​[Monitoring (監視)]​ をクリックします。

  3. [Anypoint Monitoring] ナビゲーションメニューで、​[Alerts (アラート)]​ をクリックします。

[Alerts (アラート)]​ ページでは次の操作を実行できます。

  • 基本アラートを作成する

  • サーバおよびアプリケーションの基本アラートを表示する

  • カスタムダッシュボードのグラフの詳細アラートを表示する (Titanium サブスクリプションが必要)

  • アラートを有効化または無効化する

  • アラート状況​で絞り込む

  • アラートの重要度​で絞り込む

  • Runtime Manager および API Manager のアラート設定に移動する

アラートの例

アラート状態によるアラートの絞り込み

次の検索条件を使用して状態に基づいてアラートを絞り込みます。

All states (すべての状態)

すべてのアラートをリストします。

No data (データなし)

アラートしきい値を評価するためのデータが系列にありません。

Disabled (無効)

アラートは無効化されています。

Alerting (アラート)

メトリクスの値が指定されたしきい値を超えています。

OK

メトリクスの値はしきい値未満です。

Pending (保留中)

アラートは有効になっており、評価を待機中です。

アラートの重要度によるアラートの絞り込み

基本アラートと詳細アラートを作成するときに、これらのアラートの重要度を選択できます。重要度は、アラートの受信者にとってそのアラートがどれだけ重要であるかを示します。

次の検索条件を使用して重要度に基づいてアラートを絞り込みます。

All severities (すべての重要度)

すべての重要度をリストします。

Not defined (未定義)

重要度が割り当てられていないアラートをリストします。

Info (情報)

トリガされた時点で直ちに対応する必要がないアラートに割り当てられる可能性があります。この重要度は、メトリクスを受動的に監視する必要があることを示しています。

Warning (警告)

トリガされた時点で直ちに対応する必要があるアラートに割り当てられる可能性があります。この重要度は、アラートを綿密に監視する必要があることを示しています。

Critical (重大)

トリガされた時点で直ちに対応する必要があるアラートに割り当てられている可能性があります。この重要度は、アラートに直ちに対応する必要があることを示しています。

アラートの有効化と無効化

右側の​スイッチ​を切り替えることで、アラートを有効化または無効化できます。

  • 無効化されているアラートを有効化すると、アラートは評価されるまで [​Pending​ (待機中)] になります。

    値に応じて、アラートは [​OK​] または [​Alerting​ (アラート)] に移行します。

  • アラートを無効化すると、アラートは [​Disabled​ (無効)] に移行します。

API Manager および Runtime Manager アラートの設定

Anypoint Monitoring の ​[Alerts (アラート)]​ ページから、API Manager および Runtime Manager アラートの設定ページにリンクできます。

サブスクリプションレベルに応じて、次のようになります。

API アラートおよびランタイムアラートへのリンクは表示されず、カスタムダッシュボードのグラフのアラート設定領域を開く方法を示す視覚的な案内が表示されます。

アラートセットアップの案内

API Manager および Runtime Manager アラートの追加

[+ New alert (+ 新規アラート)]​ をクリックして API Manager および Runtime Manager アラートの設定ページにリンクします。カスタムダッシュボードのチャート (ウィジェット) のアラートを設定するための基本的な手順も入手できます。

[Alerts (アラート)] メニュー

カスタムダッシュボードのチャートからアラートの追加または編集を選択することもできます。

アラートの追加または編集

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!