レポート

レポートの概要

レポートを使用すると、環境内で実行されている すべての CloudHub アプリケーションのリストを表示できます。レポートには、環境内のすべてのアプリケーションについて全体的なパフォーマンスと動作に関する情報が表示されます。これらのレポートは、環境内のアプリケーションのパフォーマンスと可用性の問題を特定するのに役立つため、アプリケーションに期待されるサービスレベルを維持しやすくなります。

[Reports (レポート)]​ のどのタブからでも、次のことができます。

  • 要求、パフォーマンス、失敗、CPU 使用率、メモリ使用量に関する情報が表示されるレポートに移動する

  • 環境を切り替える

  • レポートを表示する時間範囲を選択する

  • リスト内のアプリケーションをクリックしてその組み込みダッシュボードに移動する

  • 列ヘッダーをクリックしてリストを数値の降順または昇順に並び替える

  • ページを更新する

  • レポートを CSV ファイルとしてエクスポートします。

レポートのメインページ
この機能には、Titanium サブスクリプションが必要です。

レポートにアクセスする

  1. Anypoint Platform にサインインし、​[Management Center]​ で、​[Anypoint Monitoring]​ をクリックします。

  2. 左側のメニューで、​[Reports (レポート)]​ をクリックします。

  3. [Environment (環境)]​ ドロップダウンリストで、レポートを表示するアプリケーションがデプロイされている環境を選択し、​[View (表示)]​ をクリックします。
    初めてレポートページを表示するときには、​[Requests (要求)]​ レポートが表示されます。

  4. ページの右上にあるドロップダウンリストから時間範囲を選択できます。

    monitoring reports time range selector

    他のレポートを表示するには、表示するレポートに対応するタブをクリックします。どのタブからも、アプリケーション名をクリックしてそのアプリケーションの統計情報を対応する組み込みダッシュボードで表示できます。

Requests (要求)

[Requests (要求)]​ タブをクリックすると、アプリケーション要求に関する次のような情報が表示されます。

  • Request Volume (要求量)​: 指定された時間範囲内のアプリケーションへのインバウンド要求の総数。

  • Successful Requests (成功した要求数)​: 指定された時間範囲内のアプリケーションへの成功したインバウンド要求の総数。

Performance (パフォーマンス)

[Performance (パフォーマンス)]​ タブをクリックすると、アプリケーションパフォーマンスメトリクスに関する次のような情報が表示されます。

  • Request Volume (要求量)​: 指定された時間範囲内のアプリケーションへのインバウンド要求の総数。

  • Response Time (応答時間)​: アプリケーションへのインバウンド要求の平均応答時間 (ミリ秒)。

Failures (失敗)

[Failures (失敗)]​ タブをクリックすると、アプリケーション要求の失敗に関する次のような情報が表示されます。

  • Request Volume (要求量)​: 指定された時間範囲内のアプリケーションへのインバウンド要求の総数。

  • Failed Requests (失敗した要求数)​: 指定された時間範囲内のアプリケーションへの失敗したインバウンド要求の総数。

  • Successful Requests (成功した要求数)​: 指定された時間範囲内のアプリケーションへの成功したインバウンド要求数。

CPU Utilization (CPU 使用率)

[CPU Utilization (CPU 使用率)]​ タブをクリックすると、JVM による CPU の平均使用率に関する情報が表示されます。

Memory Utilization (メモリ使用量)

[Memory Utilization (メモリ使用量)]​ タブをクリックすると、環境内で実行されている各アプリケーションのメモリ使用量に関する次のような情報が表示されます。

  • Memory Utilization (メモリ使用量)​: JVM によって使用されているヒープメモリの量。

  • Total Memory (総メモリ)​: アプリケーションのヒープメモリの合計サイズ。

  • Memory Pressure (メモリプレッシャー)​: 使用されているヒープメモリの割合 (使用済みメモリと総メモリの差)。

    monitoring reports memory utilization

レポートを CSV としてエクスポートする

レポートを CSV ファイルとしてエクスポートでき、[Reports (レポート)] ページのどのタブでもローカルに保存できます。

  1. Anypoint Monitoring​ の左側のメニューで ​[Reports (レポート)]​ をクリックします。

  2. エクスポートするレポートのタブをクリックします。

  3. (省略可能) 指定した期間のレポートをダウンロードするには、時間検索条件を適用します。

  4. ページの右上にある ​[Export CSV (CSV をエクスポート)]​ をクリックします。
    CSV ファイルがブラウザで自動的にダウンロードされます。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!