監視の作成

ビヘイビア駆動開発 (BDD) テスト記述言語でのテストの記述方法または BAT CLI の使用方法を知らない場合、項目に入力することで監視を作成できます。この監視の作成方法では、1 つ以上のエンドポイントをテストするテストスイートが作成され、選択した間隔で実行されるようにテストスイートがスケジュールされます。

各間隔の後で、テストの結果および API のパフォーマンスに関する統計を表示できます。

始める前に

  • ユーザ ID に Monitoring Center ユーザ権限があることを確認します。組織のシステム管理者は、Anypoint の [Access Management (アクセス管理)] でこの権限を付与できます。

  • テストするエンドポイント、およびテストに使用する REST メソッドを決定します。

  • メソッドで返されると予想される戻りコードを決定します。

  • 監視がエンドポイントをテストする頻度を選択します。最短の間隔は 15 分ごとです。監視を 1 時間ごと、1 日ごと、1 週間ごと、1 か月ごとに実行することを選択することもできます。スケジュールは、監視を作成した直後から開始されます。必要に応じて、同じテストスイートに対して後からもっと詳細な別の監視をスケジュールすることもできます。

  • 監視を実行する実行場所を決定します。クエリパラメータが必要な場合、場所の一部として追加する必要があります。例: https//endpoint.com/whatever?queryParam1=value&queryParam2=value2

  • 要求メッセージに追加のヘッダー情報を含めるかどうかを決定します。

  • レポートを次のいずれかのレポートツールに送信する場合、それぞれ該当する情報を取得します。

    レポートツール 必要な情報

    NewRelic

    ライセンスキー

    PagerDuty

    RoutingKey

    Slack

    Web フック

    SumoLogic

    エンドポイント

手順

監視を作成するには、次の手順を実行します。

  1. Anypoint Monitoring の [Functional Monitoring (機能監視)] セクションで、[Create (作成)] をクリックします。

  2. 監視の名前と簡単な説明を指定します。

  3. 収集した情報を項目に入力します。

  4. [Create (作成)] をクリックします。

結果

ダッシュボードが開きます。監視が左側にリストされます。

監視の名前の下に、監視の現在の実行がいつ開始されるかを説明するインジケータが表示されます。リスト項目の一番下の行には、監視の次回の実行までにどれだけの時間が残されているか表示されます。また、[Monitored Endpoints (監視対象エンドポイント)][Tests (テスト)][Schedules (スケジュール)] セクションはすべて空になります。

監視が実行された後で、そのテストスイートのリスト項目は監視対象のエンドポイントが成功だったか失敗だったかを示します。

次にすること

[Scheduling (スケジュール設定)] タブをクリックして、その監視のスケジュールを表示します。スケジュールを追加したり、実行の必要がなくなったスケジュールを削除したりできます。スケジュールを一時停止したい場合は無効にして、もう一度有効にすることもできます。

監視が実行された後で、[Monitored Endpoints (監視対象エンドポイント)] タブをクリックして以下を確認します。

  • すべてのエンドポイントが予想されるコードを返したかどうか。これは、テーブルの最初の列の PASSED で示されます。

  • エンドポイントのテストの実行に関する統計。

監視がスケジュールした間隔で実行され続けると、このテーブルの統計は更新されます。最大 5 回のテスト実行の最小、平均、最大の実行時間が表示されます。

[Tests (テスト)] をクリックして監視に関する統計および情報を確認します。監視にテストが 1 つしかないため、このセクションの統計および情報もテストに適用されます。

監視を削除するには、[Tests (テスト)] セクションですべてのバージョンを削除します。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub